JoS日本語翻訳図書室

Joy of Satan(JoS)に関連する文章の翻訳記事

カヴァンのグループ瞑想

カヴァンのグループ瞑想


グループ瞑想は、カヴァンとして一緒に活動する人々のためのものです。このエクササイズの目的は、メンバー間、そしてカヴァン全体として、強力でパワフルなエネルギーの絆を築くことです。グループは、最も弱いリンクによってのみ強くなるので、エネルギーの扱い方を知ることは、メンバー一人一人にとって重要です。

HP/HPSは、グループを瞑想に導くべきです。これらのエクササイズは、個々のメンバーのエネルギーを高め、カヴァン全体に力を与えるように働きかけるべきです。瞑想を行っている間は、全員がトランス状態に入り、リラックスしていなければなりません。メンバーは椅子に座ってもいいし、床に座ったり横になったりしてもいいです。快適であることはとても重要です。エネルギーの流れを壊さないように、ここでは事前に計画されたコースが不可欠であることを覚えておいてください。

瞑想は『ジョイ・オブ・サタンの瞑想セクション』から選び、グループ用にアレンジすることができます。これらは事前に計画して、カヴァンの全員が同意する必要があります。


カヴァンのメインページに戻る


© Copyright 2005, 2012, Joy of Satan Ministries;
Library of Congress Number: 12-16457

Coven Group Meditation
https://www.joyofsatan.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/Meditations4Covens.html
(原文)

サイトマップに戻る

サタニックなサバトとエスバト

サタニックなサバトエスバト


サバトは、エスバト[満月の日に行われる会合]とは異なり、お祝いの場でもあります。「サバト」はフランス語の「s'ebattre」に由来し、「楽しむ」「はしゃぐ」という意味があります。
年間の大サバトについては、「サタニックな祝日」を参照ください。

サタニック・カヴァンが活動するためには以下のものが必要です。

・カヴァンが適度に騒いでも、決して邪魔されない神殿としての役割を果たす、安全で安心な場所。
その場所は、HP/HPSによって祝福され、神聖化されるべきです。壁にはサタンの像と一緒にシジルが置かれるか、描かれるべきです。それができない場合は、安全で、安心で、人目につかない場所であればどこでも構いません。会合が行われる前に、その場所は神聖化され、サタンに捧げられるべきです。

・カヴァンのための儀式道具。
HP/HPSは自分の儀式用の短剣(アサメイ)などを持参することができますが、グループとしてのカヴァンが所有する儀式用具があってもよいでしょう。祭壇、グループの聖杯、鐘、キャンドル、香炉(できればチェーン付きのもので、炭火で香を焚くためのもの)。これはサークルと神殿を聖別するために使用します。グループのための祈りと力の言葉を記した本も必要です。これらは、カヴァンの中で最も芸術的な人が書くといいでしょう。これらはすべて、部外者が一切取り扱えない場所に安全に保管されるべきです。特別なグループのシジルは、それぞれの儀式用具に描くか、彫るかしてください。
[ページ下部の注釈をご参照ください]。

・楽器は任意ですが、奨励されています。
サタニック・カヴァンの伝統的な楽器は、小太鼓、タンバリン、リコーダー、パンパイプ、フルート、ガラガラです。これは輪になってリズミカルに踊ったり、蛇のように並んで踊ったりするためのもので、グループとしての力を高めるために行われます。これらはあくまでも伝統的なガイドラインです。ステレオ・スピーカーから音楽を流して、みんなを盛り上げることもできます。どんなものでも良いですし、カヴァンの皆が快適に過ごせるものであれば問題ありません。

定期的なカヴァンの会合はエスバトです。儀式や魔術、グループでの学習・勉強などはこの会合で行われます。エスバトとは、満月のサイクル中の日のことです。満月にミーティングやワークを行う理由は、この時期には女性側の魂の力がより強くなるからです。魂の女性側は、生のパワーを与える側です。魂の男性側は論理的な面で、女性側のエネルギーが現実に現れるように導きます。満月は、その時期に行われるあらゆる魔法のワークに力を与えます。すべてのカヴァンは、少なくとも月に一度、満月のサイクルの間に集まるべきです。
1年に13の月があることから、1年に少なくとも13回のミーティングが必要です。エスバトでは、行わなければならないワークやその方法、次のエスバトの計画などが話し合われます。カヴァンは、どのようなワーク[魔術]をどのように行うのかを正確に議論します。その後、グループ全体で、行われるべきことの全体像について瞑想します。メンバーの一人一人が、計画されたワークと最終的な結果について、頭の中で明確なイメージを持つべきです。

サタニック・カヴァンでは、すべてのメンバーが積極的に参加しなければなりません。ある人はキャンドルに火を灯し、他の人は楽器を演奏し、別のメンバーは唱えるべき祈りの言葉を書いたり、儀式の概要を説明したりします。

グループは完全にプライバシーが守られ、特に魔法を使っているときには邪魔されたり、中断されたりすることがあってはなりません。セキュリティは最も重要なことです。カヴァンが魔法のワークのために集まると、以下のような儀式が行われます。これらは単なるガイドラインであり、各グループの好みに合わせて変更することができます。

エスバットは通常、HP/HPSが空中に五芒星を描き、標準儀式を行うことで開かれます。冥府の4人の戴冠の王子を呼び出した後、HP/HPは祈りを声に出して読み上げ、カヴァンの活動に対するサタンの導きを求めます。その後、5分間の瞑想的な沈黙があり、各人がそれぞれの方法で冥府の力に感謝したり、お願いをしたりすることができます。

その後、グループが一斉に詠唱を始めるのが標準的な伝統です。S-A-T-A-N、S-A-T-A-N。バリエーションはS-A-T-A-N---- H-E-A-R----U-Sです。リコーダーや小太鼓などの楽器があれば、それを演奏してもいいです。数分間、詠唱の力を感じて楽しんでください。詠唱が終わると、HP/HPSは両足を開き、腕を上に上げて空に向かって伸ばして立ちます。残りのグループは、膝をついて腕を高く上げます。

この時、HP/HPSはその場にいるあらゆるデーモンのエネルギーに対して自分自身を開放します。時々、デーモンがカヴァンに語りかけることがあります。HP/HPSを通して。

魔術的なワークが必要なときは、サークルを描きます。カヴァンのメンバーの一人が、サークルの各枢機卿の位置に4本の黒または青(黒が手に入らない場合)のキャンドルを灯して、冥府の4人の戴冠の王子を表します。このタイプのサークルは、カヴァンの力を集中させるためのものです。これは、自分のアサメイを通してエネルギーを下に向け、青い光を視覚化して、サークルの輪郭を描くことで行われます。サークルは全員が快適に過ごせるほどの大きさでなければなりません。サークルをキャストしているメンバーは、エネルギーを吸い込み、そのエネルギーを吐き出して、できるだけ多くのエネルギーをアサメイを通してサークルの中に導きます。その後、適切な香を入れた香炉を使ってサークルを神聖化します。これが終わると、HP/HPSはもう一度、自分のアサメイを持ってサークルの周りを回り、サークルを強化します。例えば、破壊や欲望の働きを表す赤などです。キャンドルは安全な場所に置くようにして、会場を燃やさないようにしてください。

魔法をかけている間、誰もがそのサークルから離れてはいけません。サークルを壊してはいけません。グループは完全なプライバシーを持ち、特に魔法を使っているときは、決して邪魔されたり、中断されたりしてはいけません。セキュリティが最も重要であることを忘れないでください。

個々のカヴァンのメンバー全員の意志を合わせて、同じ目標に向けなければなりません。パワーは円錐の形に生成され、サークルの上に集められます。十分なパワーが生成されると、パワーの円錐が導かれます。
踊りと詠唱は、集団の中で力を発揮するための最も一般的な方法であり、その起源は古代にさかのぼります。グループ全体が、規則的なビートや詠唱のリズムに合わせてサークルを描くように踊ります。踊りと拍子が早くなり、パワーが高まるのです。踊りは常にWiddershins [反時計回り]でなければなりません。ただ、解放して楽しみましょう。サークルダンスは、最初はゆっくりとしたスピードで始まり、徐々に速くなっていき、クライマックスを迎えます。カヴァンのメンバーは、手をつないで踊ることも、一人で踊ることもできます。手をつないで踊ると、エネルギーがつながることでパワーがさらに集中し、パワーが均等に高まるのです。手をつなぐことの別のバリエーションとして、肘を合わせることもできます。ダンスは、ローブを着て行うことも、裸で行うこともできます。
重要なポイントは、「シンプルさ」と「リズム」です。全員が内側を向いて広背筋を伸ばし、左右のステップで踊ります。それぞれの足が地面に着いたら、膝を少し曲げてください。ビートに合わせて床を強く踏みしめると、リズムが保たれ、力強さが増します。

カヴァンは、エスバトの会合の中で、どのチャント(力の言葉)を使うか、楽器がある場合はその楽器、儀式の具体的な内容や言葉遣いなどを決定します。全員が、自分が何をすべきか、何が行われるのかを正確に明らかにしなければなりません。

気持ちは魔法の最も重要です。力を生み出すためには、全員が自分が成し遂げようとしていることについて強く感じなければなりません。カヴァンのメンバーの一人一人が、何をすべきか明確なイメージを頭の中に持っていなければなりません。最終的な結果は、全員が集中するために最も重要です。最終結果のイメージは全員の心の中で明確でなければならず、エネルギーはその目的のために集中しなければなりません。誰もが最終結果をイメージし、自分の意志を最終結果に向けなければなりません。

その目的は、カヴァンのパワーをできるだけ高いところまで高め、そのパワーを解放して魔法をかけることです。踊りはどんどん速くなり、チャンティング(力のある言葉を一斉に振動させること)はどんどん大きくなります。その後、踊りを止めて床に落ちます。これは膝をつく姿勢になることもできますし、各人が心地よく感じる方法で行うこともできます。誰もが頭の中に鮮明な絵を思い浮かべ、集中し、そしてそれを解放します。HP/HPSがカヴァンをリードします。各メンバーは、力を解放するのに役立つので、叫んでもかまいません。

ワークの最適なタイミングについては、「タイミング」を参照してください。

そして、HP/HPSがベルを鳴らして儀式を終了します。このベルの象徴的な意味は「残響」です。力のある言葉が魂に響くのです。

その後、ごちそうを食べるのが習慣となっています。各カヴァンメンバーは食べ物や飲み物を持ち寄ることができます。また、サバトのようにダンスや遊び、ゲームをすることもできますが、これらは計画に含めるべきです。

やるべきことがない時には、標準的な儀式とサタンの呼び出しを行い、導きを求めるのが通例です。このような時には、グループはユニットとして力を合わせて働くべきです。これにはグループでのエネルギーワークが最適です。HP/HPSがトピックを選び、グループに読み、その後、ディスカッションを行います。トピックは、このウェブサイトや他の情報源から引用することができ、サタニズム、魔法の実践、個人のエンパワーメントに焦点を当てるべきです。

注:
カヴァンの根本的な目的は、心と精神的なエネルギーの出会いです。儀式の道具は小道具に過ぎません。もしあなたのグループが儀式の道具を手に入れることができなくても、それはあなたがカヴァンを結成し、目的を達成するためにあなたのマインドや魂を合わせた力を使うことを妨げるものではありません。正式な儀式は、カヴァンにとっては便利で理想的なものですが、それが困難な場合は不要です。
サタニックなアイテムを持つことが安全でない地域に住んでいるティーンエイジャーやその他の人々は、これらがなくても活動することができます。サタニズムのすべては、あなたのマインドと魂の力を使うことです。物質的なアイテムは小道具に過ぎません。

円錐の力についての詳細

カヴァンのメインページに戻る


© Copyright 2005, 2012, Joy of Satan Ministries;
Library of Congress Number: 12-16457

Satanic Sabbats and Esbats
https://www.joyofsatan.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/Sabbats.html
(原文)

サイトマップに戻る

サタニック・カヴァンの入会式

サタニック・カヴァンの入会式


入会の儀式は、新メンバー全員で行わなければなりません。新メンバーは、カヴァンの意図や考え方に賛同し、皆の利益を第一に考える者でなければならないため、慎重に選ばれなければなりません。入会はカヴァンへの結合であり、家族のようなものです。サタンへの献身の儀式と同様に、永久的なものです。志願者の興味と目標はカヴァンと調和していなければなりませんし、何よりもサタン/ルシファーに完全に献身し、彼のアジェンダを推進するものでなければなりません。カヴァンのすべての志願者は、カヴァンに入会する前に、すでに献身の儀式を行っていなければなりません。カヴァンのパトロン・デーモンは新メンバーの許可を出します。パトロン・デーモンの同意なしには、誰も入会してはいけません。

入会の儀式は、セレモニーです。儀式には特別な儀式を伴うべきです。ほとんどの入会式は、サバト、またはエスバットに行われます。各カヴァンは独自の入会式のバリエーションを持っていますが、ここでは標準的なガイドラインを紹介します。

・入会式は重大な儀式であり、大学でのしごきのような愚かな行為はOUTです。
・入会式は儀式の最高潮に達した時に行われるべきです。
・その後、ごちそうを食べたり、お祝いをしたりする必要があります。

志願者が自分のガーディアン・デーモンを知っている場合は、彼/彼女を呼んで儀式に参加してもらいます。志願者は、紙や羊皮紙に書かれた以下の内容を声に出して読み、誓いを立てます。誓いの言葉を唱えた後、グループの前で自分の名前に血で署名しなければなりません。その紙はサタン/ルシファーへの供物として燃える鉢の中で燃やされます。

私○○(フルネームを記載)は、
全能のサタン/ルシファーの前で、
○○(カヴァンのパトロン・デーモンの名前)の前で、
○○(もしわかっていればガーディアン・デーモン)の前で、
ここに集まったすべての人々の前で、
私自身の自由意志により、このカヴァンによって私の耳だけに託された事柄を、私は永遠に秘密にしておくことを厳粛に誓います。
私は、自分が利用できるあらゆる方法で、サタニズムの発展に努めることを約束します。
私は、自分がサタンのための戦士であり、冥府の軍隊の地上のメンバーであり、このカヴァンが私の部隊であることを理解しています。
私は、選ばれたサタンの敵を破壊するために、私の力とエネルギーをグループの力と合わせて適用することを約束します。
私は、必要としているこのカヴァンのメンバーのために、グループとしての力を適用することを約束します。必要とされる場合には、同じことが私にも行われることを知っています。この最も厳粛な誓いを破れば、私の持つ力は現在も未来も私に反旗を翻すことになります。
ロード・サタン、そしてデーモンと冥府の権力者たちよ。
私を価値あるものと認めてくださいますように。
アヴェ・サタナス
○○(血であなたの名前をサインします)

その後、紙や証書をボウルの中で燃やし、儀式を終了します。その後は、ごちそうを食べてお祝いをします。


カヴァンのメインページに戻る


© Copyright 2005, 2012, Joy of Satan Ministries;
Library of Congress Number: 12-16457

Initiation Ceremony for Satanic Covens
https://www.joyofsatan.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/Initiation.html
(原文)

サイトマップに戻る

サタニック・カヴァンの基本的なガイドライン

サタニック・カヴァンの基本的なガイドライン


カヴァンの目的は数の力です。メンバーの魂と心の力を合わせれば、一人でワークをするよりもはるかに多くのことを達成することができます。カヴァンは仲間を提供し、練習を互いに楽しみ、仲間意識を持ち、親密な家族のようなものです。グループで行うワークは、通常、目覚しい成功を収めますが、一人で行うワークは中程度の成功しか収められないかもしれません。すべてのジョイ・オブ・サタンのカヴァンは、霊的戦いを目的としています。各カヴァンは、サタンの願いに関してカヴァンを導き、教えるパトロン・デーモンと直接協力します。カヴァンは絶対的な秘密厳守で運営されています。

「coven(カヴァン)」という言葉は、ラテン語の「conventus」が語源で、「集まる」「集合する」「召集する」という意味です。「convention(コンベンション/会議)」や「covenant(契約)」と同じ語源です。

カヴァン自体が強力なユニットになります。個々のメンバーの心と魂がよりパワフルであればあるほど、カヴァンは全体としてよりパワフルになります。やがて、継続的な働きかけにより、カヴァンは強力なエネルギーのオーラを生み出し、個々のメンバーは自分の力を補うためにそれを利用できるようになります。カヴァンはエネルギーバンクになるのです。これは、メンバー全員がグループワークとして協力する定期的なミーティングや儀式があって初めて可能になります。霊的なエネルギーを構築し確立するには、常に一貫性が鍵となります。

カヴァンの構造と必要条件:

・カヴァンは13人以下のメンバーで構成されています。13人の中には、そのカヴァンのリーダーであるハイプリースト(HP)/ハイプリーステス(HPS)も含まれます。13人を超えると、元のカヴァンから分かれて新しいカヴァンが形成されます。これは、太陰暦の1年にある13の満月と、魂の13のチャクラに基づいています。

・すべてのカヴァンにはパトロン・デーモンがいなければなりません。これはほとんどの場合、HP/HPSのガーディアン・デーモンです。このデーモンは、パトロン・デーモンとなることに同意するかどうか尋ねられるべきです。

・カヴァンは定期的な集会所を持つべきです。これは戸外でも、メンバーの自宅でも構いません。できれば、サタン/ルシファーのために設計され、神聖化され、捧げられた神殿として機能する特別な部屋があるとよいでしょう。

・伝統的に、個々のカヴァンのミーティングポイントとの間には、3マイル以上の空間が必要です。ここでは、「領有権」という古い慣習が適用されます。

・カヴァンにはヒエラルキー(階級制度)が必要です。

・新メンバーは、入会儀式を経て、サタン/ルシファーへの忠誠を誓い、絶対的な秘密を守るという拘束力のある誓いを立てなければなりません。

・各新メンバーは、入会儀礼に入る前に、サタン/ルシファーへの献身の儀式をすでに行っていなければなりません。献身の儀式は、新入会員が心地よいと感じるなら、カヴァンの監督下で行うことができます。コヴェンは一つのユニットとして機能しなければならないので、メンバー全員がお互いに強い親近感と調和を感じなければなりません。個々のメンバー間の適合性(相性)はカヴァン全体にとって不可欠です。一度誓いを立てれば、それは永久に続きます。

・各カヴァンは、魔法的な名前を持つべきです。これにはパトロン・デーモンの名前を含めることができ、サタニックな性質を持つべきです。

・各カヴァンは、メンバー全員のローブに縫い付けられる、独自の特別な記章を持つべきです。これはパトロン・デーモンのシジルでもよいです。

・The Esbat(エスバト
理想的には、カヴァンは満月[エスバト]の周期に会うべきです。その理由は、満月の間はアストラルのエネルギーがワークの成功に有利に働くからです。月は魂の女性側を支配しており、あらゆるワークに必要なエネルギーを提供します。満月はこれを増幅させます。毎月の定例会議は、ルシファーに向けて特別な儀式を行います。その後、重要なことが話し合われ、グループは一丸となって力を発揮します。これは、メンバー全員が協力して一つの物体を動かしたり、浮かせたりするテレキネシスで行うことができます。どのように共同ワークを行うか、どのような練習を行うかは、カヴァン全体に委ねられています。同意することは重要ですが、決定を下すために時間を無駄にしてはいけません。

・困っているメンバーがいれば、カヴァン全体が協力して助けてくれます。やがて、カヴァンは自分の家族よりも親密な関係になるはずです。これは、個々の力を一緒に使うときに自然に起こる、魂の他のメンバーとの結合から来ます。

・The Sabbat(サバト
サタニックな祝日/聖なる日には、カヴァンは集まってお祝いをします。大サバトは祝うためのものですが、ワークや献身のためにも非常に重要です。それぞれのサバトは、地球上の重要なアストラルエネルギーと整合します。古代人がストーンヘンジやその他のモニュメントを作ったのはこのためで、太陽との位置関係を考慮して季節に焦点を当てたのです。これはすべて科学に基づいています。地球内の特定のエネルギーと、天空の他の惑星との関係が、アストラルの活動にとって非常に好ましいものであり、それを大いに助け、増大させるのです。サバトで重要なワークをした後は、必ず祝賀会が行わます。誤った情報では、これらの日が酒宴のためだけにあるような印象を与えています。そうではありません。すべてのサバトは、1年のうち他の時期には起こらないような霊的なワークで特別な成功を収めるための非常に重要な日です。これらの日には非常に重要な意味があります。

あくまでも推測ですが、「Sabbat」という言葉は、サンスクリット語で「音」を意味する「Sabda(サブダ)」によく似ていると言われています。一人でやるよりも、カヴァン(集団)でやる方が、よりパワフルなバイブレーションが得られます。デーモンの名前には、サンスクリット語に由来するものが多く、「真実」を意味する「サタン」もそうです。これに関する詳しい情報は、以下をご覧ください。
真のサタニズムのルーツと起源

・カヴァンの最も重要な目的は、それぞれがサタン/ルシファーのワークをするための献身的な媒体となることです。これはほとんど常に霊的戦争の分野です。ここで命令を下すのは、パトロン・デーモンです。徹底的な秘密厳守が貫かれます。これは、カヴァンからサタン/ルシファーと冥府の勢力への贈り物です。これらのワークは伝統的にエスバトの間に行われます。その後、大サバトエスバトの両方において、祝宴と祝賀が行われます。カヴァンのメンバーは食べ物や飲み物を持参することが推奨されます。集会はすべてのカヴァンのメンバーにとって常にポジティブな経験であるべきです。

・階級において[HP/HPSの下の]2番目の会員は、カヴァンの役員または執行者であり、会員のために、次の集会の時間と場所、何を着ていくか、集会に持っていく食べ物や音楽などについて、会員に情報を伝える責任を負います。HP/HPSが不在の場合は、役員がその代わりを務めます。


カヴァンの祭祀に必要なもの:

カヴァンの主な目的は、一人では通常不可能な魔法的な偉業を成し遂げるためのユニットとして働くことです。以下の項目は理想ではありますが、絶対に必要なものではありません。最も重要なことは、メンバー全員が定期的に集まり、一貫して一丸となって活動することです。個人がヨガや瞑想を一貫して行うことで、エネルギーを高め、魂を強化し、心を導き、集中することで強くなるように、カヴァンもユニットとしての役割を果たします。カヴァンは霊的なものです。物質的なアイテムは祭祀などには理想的ですが、それらを手に入れるのが難しいとしても、カヴァンとして機能することを妨げるものではありません。

グループでリズムをとるのに使えるボンゴ・ドラムのような小さな太鼓が1つ以上あること。リズムとダンスは伝統的に魂のエネルギーを構築することで知られています。サタニックなカヴァンのオプション楽器としては、

タンバリン、リコーダー、パンパイプ、フルート、ガラガラです。輪になってリズミカルに踊るためのもので、グループとしての力を高めるために行われます。踊りは蛇のように一列に並んで行われることが多く、HP/HPSが先頭に立って他の人をリードし、Sの字を描くなどして回転しながら踊ります。儀式の後に行われるダンスでは、上記の楽器を演奏することもできますし、大音量のスピーカーからお好みの音楽を流すこともできます(メタルなどの軽快なビートがよいでしょう)。

適切な祭壇と祭壇の用具が必要です。これらはHP/HPSのものでもいいし、カヴァンのために別に用意してもいいです。グループ用の聖杯が必要で、ワインやその他の飲み物が使われます。[儀式の間、グループ全員がその聖杯から口にすることになります]。これは、すべての小道具を使用する正式な儀式のためのものです。すでに多くの人が知っているように、心や魂の働きに小道具は必要ありません。小道具は、ワークに役立つ特定の雰囲気を作り出すためにのみ使用されます。

自由のない10代の若者などには、小道具は必要ありません。必要なことは、カヴァンの全員がサタンに献身していることと、カヴァンが定期的に集まっていることだけです。集まって、特定のワークに心を集中させることが、カヴァンにとって必要不可欠なことです。

カヴァンのメインページに戻る


© Copyright 2005, 2012, Joy of Satan Ministries;
Library of Congress Number: 12-16457

Basic Guidelines for Satanic Covens
https://www.joyofsatan.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/Covens666.html
(原文)

サイトマップに戻る

サタニック・シンボル

サタニック・シンボル


私たちのシンボルの本当の意味を知っているサタニストはほとんどいないという悲しい事実があります。多くのサタニストは、キリスト教の情報源から誤った情報を得ています。キリスト教徒はひたすらその愚かさと無知を示しています。知識は彼らの最も強力な敵です。人が真実を知っていれば、どんな詐欺も、どんなデマも、どんな嘘も成功しません。すべてのサタニックなシンボルは、人類が霊的にも肉体的にも完璧で不滅の神に到達することに関して、強力な霊的な意味を表しています。サタニックなシンボルのほとんどは、真の霊的知識と人間の魂に関係しています。

f:id:josjp:20220105061412g:plain

蛇:サタニズムの中で最も神聖なシンボルです。蛇は、背骨の根元にあるクンダリーニの力を表しています。パワー瞑想や特定のエクササイズによって蛇が活性化されると、7つのチャクラを通って上昇し、強烈な意識、悟り、超能力、すべてを知ることをもたらします。エジプトの古代彫刻や絵画に見られるフード付きのコブラは、蛇を上昇させることで得られる意識の拡大を象徴しています。これこそが、サタニズムの真の基礎、蛇を上昇させることなのです。蛇のエネルギーを上げることに成功した人は、はるかに高い霊的なレベルにあり、もはやキリスト教やその関連プログラムに騙されることはありません。

f:id:josjp:20220316054440j:plain

山羊の頭または山羊の男:このシンボルは、古代ギリシャの神「Pan(パン)」の古代シンボルです。「パン」とは古代ギリシャ語で、直訳すると「すべてのもの」「すべてのものの上にある最高のもの」という意味です。この言葉には、自然の持つ超越的な力が暗示されていますが、同時に自然がすべてであることも意味しています。その神の名前は、私たちの世界の上下にある、自然なものすべてを象徴しています。キリスト教会の嘘と中傷キャンペーンとは対照的に、パンは遊び心のある善良な神であり、自然の無邪気さと自然から派生する生命を象徴していました。このすべてが、後に自然を「すべての邪悪」の源と宣言したアブラハムプログラムによって冒涜されたのです。

パンのフルートは、人間の呼吸、つまり生命の空気[Soul]を象徴しており、彼のフルートは7つのレベルを持つ呼吸に分けられています。それぞれのレベルは、7つの主要なチャクラの1つを表しています。笛を吹くことは、瞑想によって魂に命を吹き込むことを意味しています。

f:id:josjp:20220316054542j:plain

ペンタグラムの内側にあるヤギの頭は、自然界の5つのエレメントのコントロールとバランスを象徴しています。これにより、物質と自然の世界が天上のスピリットの自然界と出会うことで、神格の到達が象徴されています。パンのエロティックなエネルギーは、個人だけでなく人間の魂の中にある、子孫繁栄、誕生、生命のエネルギーの象徴でもあります。

f:id:josjp:20220105061431g:plain

ポイントダウン・ペンタグラム(下向き五芒星):上からクラウンチャクラに入るエネルギーを象徴しています。サタニックな稲妻は、私たちの真の創造主である神としてのサタンを象徴しています。稲妻は生命力であり、生体電気です。サタニズムにおけるポイントダウンのシンボルはすべて、上からのエネルギーが降りてきて、人間の魂に命を与え、力を与えることを表しています。

父サタンは、ウィッカの魔術師などがよく使う、上向きの五芒星について語っています。シンボルとしてそれもありますが、ポイントダウン・ペンタグラムも捨てるべきものではありません。この2つは、それぞれ高次のチャクラと低次のチャクラを表し、両方向からのエネルギーの流入を表しています。この2つの方向は必要であり、普遍的なバランスの一部です。

「愚か者は自分が何をしているのかわからない。エネルギーが上に送られている。それは地球の中に入って補充されるべきものだ。ポイントアップ・ペンタグラム(上向きの五芒星)を使い過ぎると、エネルギーが宇宙に投げ出され、多くの問題を引き起こし、これらの問題から身を守る地球の能力を消耗させている。」
サタン/ルシファー

f:id:josjp:20220105061450g:plain

ほとんどのデーモンのシジルに見られる等腕鉄十字は、チャクラの正しい配置と人間の魂の形を表しています。

f:id:josjp:20220105061508g:plain

ルシファーにはいくつかのシジルがあります。すべては神性に到達することに関係しています。左の彼のシンボルは、「真の聖杯」を表しています。これは、生命のエリクサーが入るカップです。カトリック教会はこの概念を盗み、堕落させました。聖杯は、私たちが自分自身の中にある可能性を秘めたマグナム・オプスの一部です。それは物質的な物体ではありません、それは概念です。「チャクラの血」とは、刺激されたときに漏れるエネルギーのことです。聖杯は「王家の血」として描かれていますが、これはチャクラの「血」のことです。

f:id:josjp:20220105061521g:plain

こはアスタルテのシンボルです。どちらもエジプトのアンクに由来します。

これらのシンボルは、月にも関係しており、魔法で祝福や呪いをかける際には、そのための霊的な力を呼び出しします。
そのためには、人は強い生体電気を持っていなければなりません。最初のシンボルの月のつのと、アンクをベースにした2つのシンボルの一般的な形にも象徴されています。

f:id:josjp:20220105061546g:plain

エジプトのアンクは、魂とハートチャクラへの鍵を表しています。金星のグリフはこのアンクに由来しています。金星もハートチャクラもアスタロトのものです。

アンクはまた、人間の呼吸、心臓の鼓動、そして生命の絶え間ない流入と流出を象徴しています。また、アンクはヒエログリフではよく鍵として描かれているシンボルでもあります。瞑想の鍵の一つは、呼吸をコントロールする力です。呼吸をコントロールすることで、魂の内部にアクセスし、スピリチュアルな能力を高めることができます。

赤、白、黒という色は、古代エジプトだけでなく、極東にもその起源があります。エジプトは「黒と赤の国」と呼ばれ、錬金術の中心地でした。錬金術とは、人間の魂を神格化することです。この変換によって、私たちは創造主サタンの未完成の仕事を完成させるのです。赤、白、黒という色は、人間の魂の3つの主要なナディを表しています。イダは黒、ピンガラは赤、スシュムナは白です。

「ダークネス(闇、暗さ)」
「ダークネス」と「サタニズム」の関連性は完全に捻じ曲げられています。これは、お化けやグールのようなくだらないものではありません。サタニックな「ダークネス」は「陽」の中の「陰」と関係しています。これは、魂の女性側を表しています。つまり、瞑想によってアクセスする潜在意識です。サタンの蛇は、魂の女性側のものです。魂の男性側は論理的な側面、つまり左脳です。女性側は右脳です。魂にはプラスとマイナスの両極があります。男性と女性の両方が一緒に働かなければなりません。論理的な男性側である左脳は、思考と意志によって女性側を指揮します。女性側の魂は、魂のパワーハウスです。女性側は、論理的な男性側から生み出された思考やアイデアを顕在化させます。また、女性側は、夢、音楽、感情、直感など、魂の創造的な側面でもあります。自分の運命を切り開く力と、それによって得られる霊的な自由は、女性の魂の側面であるため、キリスト教会やその関連団体であるイスラム教などは、女性に対する劣等感を助長するような働きをします。イスラム教は女性に対して残忍であり、ユダヤ教キリスト教の聖書では女性をひたすら否定します。これらすべてに加えて、潜在意識やサブリミナルレベルで、魂の女性の力を抑圧し、否定しているのです。
何世紀にもわたって、霊性を排除するプログラム以外の何物でもない強制的なゴミを使ってきたため、魂の女性側とその力は萎縮してしまいました。これが、今、人類とこの世界がこのような醜い混乱に陥っている理由です。このことが、世代を超えた最も深刻なアンバランスを生み出しています。サタニズムは、パワー瞑想によって、魂の女性側に力を与え、バランスを取り戻し、霊的な健康を回復させるとともに、個人にも力を与えます。

f:id:josjp:20220105061604g:plain

「デビルのピッチフォーク」は、実は、キリスト教よりも数千年も前の非常に古いシンボルです。
このシンボルは極東で生まれました。
[霊神的な知識を破壊し、霊的な力を「選ばれし者」である少数の人々の手にとどめておくために、極東は、キリスト教とそのルーツであるユダヤ人が、認識できないほど大量に知識を盗み、盗んだものをひどく曲解し、堕落させた場所です。]それは「トリシュル」(ヒンドゥー教や仏教の宗教的シンボルとされるトライデント)として知られ、サンスクリット語で「グランティス」とも呼ばれるベース、ハート、第6チャクラの3つの結び目を貫通することを象徴しています。蛇が上昇するためには、3つの結び目がすべて開いていなければなりません。トリシュルは、蛇のエネルギーが3つのグランティスを貫通することを象徴しています。

f:id:josjp:20220105061620g:plain

f:id:josjp:20220105061632g:plain

西洋オカルトのバフォメットのイメージは、シヴァ神のイメージ[上]から取ったものです。腕の位置に注目してほしいのです。片方が上を向き、もう片方が下を向いている。バフォメットは、魂の男性と女性の両方の側面を象徴しています。バフォメットは、エジプトのアクネトン神のイメージにも見られるように、男性と女性の両方であることに注意してください。角は水星を象徴しており、これはヴリル、気、魔力、生命力、プラーナを表しています。

魂の翼は、霊的な自由を表しています。ヤギは豊穣を象徴しています。豊穣とは、生命力であるヴリルを増殖させることであり、このヴリルが蛇を活性化させ、上昇させます。「千の若いヤギ」とは、サンスクリット語で「千の花びらの蓮」を意味するクラウンチャクラ「サハスラーラ」を指します。

f:id:josjp:20220105061645g:plain

角は、生命力、魔力、ヴリル、気...を象徴しています。これを象徴しているのが、惑星「水星」のシンボル[真下の図]です。「水星」は「神々の使者」として知られています。「神々」はチャクラのコードワードでもあります。また、アザゼルの像(左図)には角があり、頭から光線が出ていますが、これは上昇した蛇を表しています。

f:id:josjp:20220105061700g:plain

f:id:josjp:20220105061711g:plain

f:id:josjp:20220105061722g:plain

ピラミッドは、人間のチャクラの形を象徴しています。欠けたキャップストーンは未完成を表し、すべてを見通す目は、神性に到達したときのグノーシスと全知を表しています。この状態は「サマディ」や「超意識」とも呼ばれています。左の写真は、アメリカの1ドル札から取ったものです。アメリカは、政府も含めて、メイソンの原理で設立された国であり、どう考えてもキリスト教ではありません。オリジナルのフリーメイソンはサタンのものでした。

f:id:josjp:20220105061733g:plain

666はカバラ的には太陽のスクエアです。666は、すべての重要な太陽のチャクラです。「ソロモンの神殿」の本当の意味は、「太陽の神殿」です。「Sol」「Om」「On」はすべて太陽を表す言葉です。「Sol」はラテン語で太陽を意味し、英語の「soul」に近い言葉です。「Om」はヒンズー教徒が霊的な太陽に与えた名前で、「On」はエジプト語で太陽を意味します。架空のナザレンやユダヤ/キリスト教の聖書に出てくるほとんどすべてのものと同じように、ソロモン神殿の象徴をユダヤ人が盗み、架空の人物に仕立て上げました。
より詳しい情報はこちら。
古代異邦人の宗教書:意味のないラビの戯言とユダヤの文学的汚物に置き換えられた

霊的な腐敗を暴く:霊的な錬金術と聖書

f:id:josjp:20220105061824g:plain

f:id:josjp:20220105061837g:plain

f:id:josjp:20220105061848g:plain

「太陽の神殿」の真の意味は、霊的なものです。これは、魂の中心であり、霊的エネルギーを循環させる太陽[666]チャクラからの光線が、8つの別々の光線に放射される、完成された魂を象徴しています。輝く魂は太陽に象徴されています。8はアスタロトの数です。これは「新エルサレム」でもあります。「エルサレム」の名前も盗まれ、イスラエルの都市に堕落しています。「エルサレム」は概念です!

上の右端の2つの悪魔のシンボルに注目してください。数字の8は、無限/不死のシンボルです。8は横向きになっています。二重の十字架は、太陽[666]とハート/肩のチャクラにある人間の魂を象徴しています。左側の八芒星はアスタロトの星です。カトリック教会はこれを「獣の紋章」と呼んでいます。霊性に関係するものはすべて、キリスト教会によって悪意を向けられ、中傷され、不敬され、冒涜されてきました。輝く完璧な魂は、「光」としても象徴されています。

f:id:josjp:20220105061904g:plain

アスタロトのシンボルは、イダとピンガラの両ナディが等しく活性化し、スシュムナがもはや休眠状態ではないときに得られるバランスと均衡を象徴しています。

f:id:josjp:20220105061918g:plain

スカル&ボーンズは、マグナム・オプスのニグレド[変容]の段階を象徴しています。(マグナム・オプスとは魂が神格化されること。)
これは、魂が神格化される前の、ワーク中の死の段階です。ドロスは純粋なものから分離されます。

f:id:josjp:20220105061928g:plain

黒い太陽、レイヴァン(大型のカラス)、クロウ(小型のカラス)、そして黒という色は、逆にすると星に関しする象徴でもあります。すなわちニグレド[変容]の段階を象徴しています。黒い太陽はアストラルの太陽です。

f:id:josjp:20220105061940g:plain

孔雀はサタンにとって神聖なものであり、第三の目とニグレド[変容]に続くマグナム・オプスの色とりどりのステージを表しています。
ルシファー、ルシファー、その尾を伸ばして、死の谷の海峡を全速力で通り抜けて、輝く光、神々の宮殿へと導いてくれ。-Isanatha Muni

f:id:josjp:20220105061954g:plain

逆十字は、キリスト教とそのルーツであるユダヤ教よりも何千年も前から存在する、非常に古いシンボルです。その真の意味は、チャクラの正しい配置方法を象徴しています。重要な太陽のチャクラ(666)は下向きに配置されており、魂にパワーを与えます。

太陽のチャクラとフリーメイソンについて。「Hiram Abiff(ハイラム・アビフ)」という人物もまた、寓話の一つです。「ハイラム」は太陽を表す非常に古いマントラです。黒い太陽[アストラルの太陽]です。HrimはフリーメイソンのHiram Abiffと結びついています。「フリーメイソンの第3度の間、すべての候補者に提示される。」第3度は第3太陽チャクラということに注目してください。金のチャクラです。

太陽のチャクラは、スワスティカ(卍)にも象徴されます。
ウィキペディアより、ハイラム・アビフに関する記事。
ハイラム・アビフ(ハイラム・アビフまたは未亡人の息子とも呼ばれる)は、フリーメイソンの第3度の間にすべての候補者に提示される寓話の中心人物である。ハイラムはソロモン王の神殿の主任建築家として登場し、マスター・メイソンの秘密のパスワードを漏らすことを強要されたが、その試みが失敗したために、自分が設計した神殿の中で3人の乱暴者に殺害される。

注:「ハイラムは、ソロモン王の神殿の主任建築家として登場する。」 つまり、サタニックな逆十字に象徴される太陽のチャクラは、マグナム・オプスの源であり、魂のパワーハウスです。これはトールのハンマーにも象徴されています。太陽のチャクラは、「魂の建築家」です。魂に力を与えるすべてのエネルギーは、このチャクラからもたらされます。へその近くにあるソーラーチャクラは、私たちが母親の子宮の中で最初に栄養を与えられ、命を授かった場所でもあります。ハイラム・アビフは人物ではなく、概念です。「秘密のパスワード」とは、チャクラを覚醒させ、力を与えるマントラや言葉のことです。古代の異教徒の宗教はすべて、太陽を重視していました。太陽は生命を与えるものであり、これには魂のアストラルの太陽、つまり「ソロモンの神殿」も含まれます。太陽のチャクラは、マグナム・オプスにおいても重要な役割を果たしています。


© Copyright 2006, 2008, 2011, 2015, 2021 Joy of Satan Ministries;
Library of Congress Number: 12-16457

Satanic Symbols
https://satanslibrary.org/666BlackSun/Satanic_Symbols.html
(原文)

サイトマップに戻る

霊的戦争のトレーニングプログラム・修了

修了


これで6ヶ月間のプログラムは終了です。上級者になるためには、自分の苦手な分野を克服することが大切です。このプログラムに含まれているすべての瞑想は、高度な魔法を使うための強力な基礎となります。私は近々、このプログラムをベースにした、より高度なプログラムを作成する予定です。これらのプログラムの間には、2週間以上の休みをとって、自分が完璧にしなければならない分野に取り組むことが重要です。

次の瞑想プログラムでは、今回の瞑想プログラムでアクセスした力を使うことになります。

霊的戦争の掲示板をチェックしてください。皆さんに最新情報をお届けします。


© Copyright 2005, Joy of Satan Ministries;
Library of Congress Number: 12-16457


Completion
https://www.joyofsatan.org/hailtosatansvictory666.angelfire.com/Completion.html
(原文)

霊的戦争のトレーニングプログラムに戻る

Hell's Army 666に戻る

サイトマップに戻る

霊的戦争のトレーニングプログラム・5か月目

5か月目


1日目
この瞑想はとても重要です。これを毎日の瞑想に加える必要があります。簡単なことですが、これをやればやるほど、保護オーラが強力になります。私たちは非常に高度なマジックを行いますので、保護オーラが必要になります。

1. トランス状態に入ります。

2. ホワイト・ゴールドのエネルギーを吸い込みます。これでオーラを広げる必要はありません。ただ、オーラのアウトラインのように、あなたのオーラを収縮させるときのように、あなたのオーラの強い輝かしいバリアをイメージしてください。

3. アファメーションしてください。「私は強力な保護エネルギーを吸い込んでいます。これは私の周りに保護のオーラを構築しています。このオーラは常に私を守ってくれています。」

これを変更することもできますが、常に現在形で言うようにしてください。これをやればやるほど、ますます強力な保護オーラを構築することができます。太陽のエネルギーも使ってください。

 *ホワイト・ゴールドのエネルギーは、反射するので使われます。

f:id:josjp:20211229194614g:plain

2日目
精神の瞑想

エレメントに対応する精神の特性は以下の通りです。
意志は火のエレメント、知性と記憶は空気のエレメント、感情のすべての側面は水のエレメント、そして3つの要素をつなぐ意識のすべての側面は地のエレメントです。

1. トランス状態に入り、自分の精神の内側に焦点を当て、自分の精神/アストラル体を意識して感じ、それについて瞑想してみてください。

2. 上記のエレメントの各側面を、自分の精神の部分に対応させて瞑想します。

このエクセサイズの目的
これは、魔法を使うためにあなたの魂の各側面を磨くために重要です。これにより、自分自身の中でこれらの側面に影響を与えることができ、また、それらをマスターしたときには、他の人にも影響を与えることができるようになります。最終的には、練習を重ねることで、それらを強化したり排除したりできるようになるでしょう。

f:id:josjp:20211229194614g:plain

3日目
アストラル体の瞑想

トランス状態に入り、肉体の中にある自分のアストラル体について瞑想してみましょう。自分のアストラル体を感じ、意識してみてください。アストラル体を意識して感じられるようになり、それに集中できるようになったら、日常生活の中で以下のことを行ってみましょう。

以下は、Franz Bardon(フランツ・バルドン)の『Initiation Into Hermetics(ヘルメス学への入門)』からの抜粋です。
*注:Bardonの著作はオンラインで簡単にPDFで入手できます。Bardonはドイツのサタニストである「Wilhelm Quintischer」から知識を盗みました。Quintischerの著作は容易に入手できません。偉そうにしているニューエイジャーの人たちは、このことに言及したり、功績を称えることを怠っています。

「例えば、道を歩いているとき、私は自分が歩いているという事実を考えるのではなく、私の精神が歩いていて、アストラルと物質の足を動かしているのだと考えます。同じことが、腕やその他の体のすべての部分にも起こります。このようにして、どんな動作でも少なくとも10分間はやり遂げることができれば、その運動を完璧にマスターしたことになります。

めまいやバランスの乱れなどの副作用がなく、長く続けることができれば、それに越したことはありません。このような理由から、最初は短時間の小さな行動から始めて、好きなだけ延長することをお勧めします。この実験は非常に重要です。なぜなら、この実験によって学生は、精神やアストラル圏での作業に応じて、物質的な肉体と精神的およびアストラル的なつながりを持ったあらゆる行動を達成する可能性を得ることができるからです。このような行為は、魔法の行為と呼ばれています。学生は、なぜ魔法の儀式が、イニシエーションを受けていない人や魔法の訓練を受けていない人には成功しないのかを、今なら確実に理解できるでしょう。なぜなら、このような人は、魔法的に儀式を実行する能力を持っていないからです。

他の人にヒーリングを行う際には、自分自身とヒーリングエネルギーを受けている人の両方のアストラル体に働きかけることになります。」

自分のアストラル体に触れ、それを意識することはとても重要です。私は、冥府に住んでいるいわゆる「死者」の2人と直接仕事をしたことがあります。彼らは「死者」と呼ばれるのを嫌がります。「死んでいる」のは肉体だけです。この世を去った人は、霊の形ではありますが、とても生き生きしています[まだ生まれ変わっていない場合]。

ある人と初めて会ったとき、彼は私のアストラル体の手を握ってキスをしました。霊体の人と仕事をするときは、自分のアストラル体も使います。そうすることで、霊体の人から触られたり、[同意の上で]入ってこられたりしたことを感じることができるのです。アストラル体の使用は、魔法や癒しなどの作業にも不可欠です。霊的な力を高めるためには、自分の魂のさまざまな側面を鋭く認識することが大切です。

f:id:josjp:20211229194614g:plain

4-5日目
快適にして、トランス状態に入ってください。

自分が無限の空間、ボイドの中心にいることを想像してください。上も下も横もありません。この無限の空間は、黒紫色に近いウルトラバイオレットの光で満たされています。これは、光の中でも波長が高く、速度が速いものです。人間の魂の一部である目に見えない光のスペクトルです。人間の魂は光でできています。主なチャクラは、可視光のスペクトルで構成されています。人間の魂を構成する光の波長には、高いものと低いものがあります。

基礎瞑想で学んだように、このエネルギーを全身で吸い込みます。

このエーテル/アカーシャのエネルギーに集中し、意志と焦点によって意図的に願望を植え付けることで、それが現実に運ばれて現れてきます。[これを行う際には、必ずアファメーションを使用する必要があります。]

参照:Franz Bardon(フランツ・バルドン)の『Initiation Into Hermetics(ヘルメス学への入門)』

f:id:josjp:20211229194614g:plain

6日目
1. 軽いトランス状態に入ります。

2. 火のエレメントを吸い込み、吐くときにそのすべてをベースチャクラに向けて集中させる。

3. これを5回繰り返します。

4. ベースチャクラの熱を瞑想して感じてください。

もし、この方法が苦手な場合は、水のエレメントを仙骨のチャクラに向けることで代用できます。どちらか一方を行ってください

これは、あるエレメントを集中して方向づけるためのトレーニングです。これは体外でも行うことができ、高度な魔法にはこのスキルが必要となります。しかし、これはゆっくりと行う必要があります。これは非常に高度なものです。火のエレメントはあなたのクンダリーニを刺激します。また、体の特定の部分にエレメントを向けることで、ヒーリングにも使用できます。炎のエレメントを心臓や脳に当ててはいけません! これは非常に危険で、これらの器官に永久的な損傷を与える可能性があります。

f:id:josjp:20211229194614g:plain

7日目
このWEBページの指示に従ってください。

私の提案は、緑を使って、お金を引き寄せるように思考形態をプログラムすることです。命令は簡潔にして、これはあなたが好きなように使えるお金であることを含めてください。お金は、思考回路の強さにもよりますが、1週間以内にあなたの元に届くはずです。

私たちは近々、非常に高度な魔法に取り組む予定で、命令に従う非常に高度なエレメントの思考形態を作り、それを物の中に入れておいて、それに仕事をさせ、任務が完了したら戻ってくるようにします。

f:id:josjp:20211229194614g:plain

8日目
欲しいものを引き寄せるために、オーラをプログラムします。ここでの結果は驚くべきものになるでしょう。要するに、あなたは自分のオーラを使って、必要なものを何でも引き寄せることができるということです。最初は簡単なことから始めて、徐々に難しいことに取り組んでいきましょう。あまりにも難しいことに挑戦すると、失敗してしまいますし、がっかりしてしまいます。また、お願いすることは物理的に可能でなければなりません。マインドワーキングでは、最も簡単な方法で望みを叶えようとしますので、具体的に書くようにしましょう。例えば、お金を引き寄せるためのアファメーションをするときに、お金を引き寄せるためのアファメーションだけをすると、お金がやってきて、自分の手の中にあるかもしれませんが、それは銀行の窓口やレジのようなものかもしれませんし、そのお金が他の人のものであったり、他の人に取られたりするかもしれません。

1. 軽いトランス状態に入ります。

2. エネルギーを吸い込みます。白色や金色は万能で使えますが、欲しいものによっては色のエネルギーを使うこともできます。あなたの存在全体をこのエネルギーで光り輝くまでいっぱいにしてください。

3. さて、あなたのオーラをプログラムします。アファメーションします。私のオーラは、私__________ に簡単かつ楽に引き寄せられています。これを数回、5~10回述べます。

4. 今、このことを頭から消して、考えないようにしてください。あなたが十分に強力である場合は、あなたがあなたにもたらすためにあなたのオーラをプログラムしたものは、短時間で来るはずです。

例を挙げると、私はあるCDが欲しいことがありました。そのCDは絶版になっていて、どこにもありませんでした。どの店にも、インターネットの販売店にも、そのCDはありませんでした。ある朝、私は自分のオーラにそのCDを持ってくるようにプログラムしました。その日の午後には、そのCDを無料で手に入れることができました。さて、多くの場合、流れに身を任せて、自分のオーラが引き寄せるようにプログラムしたものを探さなければなりません。しかし、重要なことは、あなたのオーラが十分に強力であれば、それはそこにあるということです。

f:id:josjp:20211229194614g:plain

9日目
エーテル/アカーシャを使いこなすことの重要性から、4-5日目[上記]と同様に、このエクササイズを繰り返し行います。

f:id:josjp:20211229194614g:plain

10日目
1. 中程度のトランス状態に入り、昨日のエクササイズのようにアカーシャ/エーテルを呼吸して、全身を満たします。

2.これを10回呼吸した後、このエネルギーが与えてくれる感覚を10~15分ほど瞑想してください。

4. この瞑想での鍵は、自信を持つことです。

アーカーシャに働きかけることで、高度な魔法に欠かせないエレメントを使いこなすことができるようになります。

参照:Franz Bardon(フランツ・バルドン)の『Initiation Into Hermetics(ヘルメス学への入門)』

f:id:josjp:20211229194614g:plain

11-20日
アストラル・プロジェクション(アストラル投影/幽体離脱

この能力をすでに持っている人は、それを強化し、完璧にするために努力してください。本当の幽体離脱とは、自分の意識を別の場所に置くだけではなく、自分の魂を肉体から離すことです。

幽体離脱の方法は、あなた自身と同じように個別なものです。ある人には効果があっても、別の人には効果がないかもしれません。幽体離脱がうまくいかない人は、自分のガーディアン・デーモンに協力してもらうことをお勧めします。もしあなたが自分のガーディアンを知らなければ、サタンのところに行って、あなたと一緒に働いてくれるデーモンを送ってくれるように頼んでください。

次の7日間は、幽体離脱に取り組みましょう。下記のリンクには、幽体離脱に使われる様々な方法と、有益なPDFブックがあります。これらを勉強して、体外離脱に取り組んでください。覚えておいてほしいのは、体の中にいる自分をイメージし、ベッドに横たわっている自分や、椅子に座っている自分など、今までやっていたことを思い浮かべれば、すぐにそこに戻ってくることができるということです。魂が元に戻るのを待つ時間を取らないと、何日も気が休まらない状態になってしまいます。数分間じっとしていて、ゆっくりと立ち上がって、何か食べ物を食べるなど体を動かすようにしましょう。

アストラル・プロジェクションの情報のためのリンク

f:id:josjp:20211229194614g:plain

21日目
目標が個人的なもので、自分自身に関わるものであるなら、エネルギーを自分の内に呼び出し、自分から投影します。

エネルギーを自分の外に呼び出すこととは異なります。呪文が他人のためのものである場合、エネルギーを外に呼び出すことが重要です。なぜならば、自分自身から投影したエネルギーは、送った相手とのつながりを確立するからです。呪いでも癒しでも、理由は明白ですが、これは望ましくありません。あなたが使うエネルギーは、宇宙から取り出されたものでなければなりません。上級レベルの能力を身につけるためには、エレメントを外に呼び出すことと内に呼び出すことの両方をマスターすることが非常に重要です。

火を外に呼び出す

トランス状態に入り、自分が火の中にいることをイメージしてください。熱を感じ、炎のシューシューという音とパチパチという音を聞き、燃えているのを感じます。さて、その火をあなたの目の前の球体に集め、凝縮し始めます。あらゆる方向から火のエレメントをあなたの目の前の球体に引き寄せます。火のエレメントを球体に引き込めば引き込むほど、球体の密度が高まり、物質的になり、熱くなります。これを行っている間、あなたは熱を感じるはずです。火を圧縮して凝縮すればするほど、熱は増していきます。実際に、文字通りオーブンの中にいるような感覚になるはずです。

次に、火の球が消えていく様子をイメージして、火の球を分解します。一緒にした時とは正反対です。消えていく様子をイメージし続け、力強さやパワー、熱を失い、最終的には何もないところに分解していきます。

参照:Franz Bardon(フランツ・バルドン)の『Initiation Into Hermetics(ヘルメス学への入門)』

f:id:josjp:20211229194614g:plain

22日目
空気を外に呼び出す

トランス状態に入り、自分が空気の中にいることをイメージし、部屋全体を空気で満たします。すべての方向から同時に空気をあなたの前の球体に引き込みます。球体の中を空気のエレメントで満たし、詰め込みます。あなたは、まるで浮いているような、とても軽い感覚を覚えるはずです。

空気を球体に詰め終わったら、火の球体と同じように分解します。

f:id:josjp:20211229194614g:plain

23日目
水を外に呼び出す

トランス状態に入り、海や湖の真ん中にいることをイメージしてください。すべての方向から水のエレメントを引き出します。最初は冷たい水蒸気として感じますが、水を自分の体に近づけるほど、水がどんどん凝縮されていき、氷のような冷たさを感じるはずです。次に、水のエレメントを自分の目の前の球体に詰め込み、それから火や空気と同じように分解していきます。蒸発させて無に帰します。

f:id:josjp:20211229194614g:plain

24日目
地を外に呼び出す

トランス状態になって、粘土のような灰色の塊を全方向から同時に引き寄せます。それを自分に近づけると、どんどん茶色くなり、土のように豊かになり、密度も高くなります。土のエレメントの重い塊で部屋全体を満たし、それが球体に圧縮されていく様子をイメージします。その重さと重力、そして体への圧力を感じてください。終わったら、他のエレメントと同じようにそれを分解します。

f:id:josjp:20211229194614g:plain

25日目
火のエレメントを使用する

再び火のエレメントを外に呼び出しますが、今度はぬるま湯の入ったグラスを目の前に置き、あらゆる方向から火を引き寄せ、グラスの水の中に凝縮させます。この練習では、透明なグラスを使うのがベストです。水が火のエレメントでどんどん熱くなっていくのを想像してください。

成功すると、水の温度が数度上がります。終わったら、水を試飲してみてください。成功していれば、いつもと違う味がするはずです。

その後、ぬるい水の温度を上げられることがわかったら、冷たい水、さらに冷たい水を使って同じように練習してみましょう。

f:id:josjp:20211229194614g:plain

26-28日目
色を使うワーク1

鮮やかな色の物体を3つ用意します。どれも同じ質感と感触で、色は違っていなければなりません。それぞれを一度に手に取り、感じてみましょう。目を閉じて、さらにそれを感じてみてください。

手に持って指を動かしながら、色を視覚化します。心の中で自分に言ってください。
「これが色(色の名前)の感じ方であり、今後それを感じたときに_____色を認識するだろう。」

このエクササイズを続けていくうちに、それぞれの色をはっきりと区別して感じられるようになるでしょう。エネルギーを扱うときには、異なる色を感じ取れるだけの感度を持つことが大切です。これは、内に呼び出したり、外に呼び出したり、オーラを見るときにも役立ちます。

f:id:josjp:20211229194614g:plain

29-31日目
色を使うワーク2

トランス状態に入ります。

スペクトルの特定の色を、毎回明るくイメージしながら息を吸って自分を満たします。赤、青、黄、オレンジ、紫、緑、藍(青紫、第6チャクラの色)、黒などです。この瞑想は、特定のチャクラを瞑想した後に行うこともできます。そして、そのチャクラの色で自分を満たすことができます。

2~4分ほど色を保持します。色が心地よく感じられれば、それ以上の時間を保持することができます。色のエネルギーに慣れている人は、もっと長く保持することができます。徐々に時間を長くしていくのが良いでしょう。

それぞれの色は、純粋な形で、明るくなければなりません。慣れてきたら、いろいろな色を試してみるのもいいでしょう。

ネガティブな印象を受ける色は、少しずつ使っていくといいでしょう。なぜなのか、自分の心に問いかけてみてください。その色はあなたにとってどんな意味を持っていますか?特定の色からどんな連想をしているのか?これは、自分自身をより深く知るための素晴らしい方法です。あなたにとって心地よいと感じる色は?これらの色は、あなたが生活の中で最も使用している色であり、他の色を排除している可能性があります。これを知ることで、どのチャクラをフルパワーにするためにもっと働きかける必要があるかという情報が得られます。

この瞑想の最も重要な目的は、色を「感じる」ことです。それぞれの色と一緒にしばらく過ごし、その色がどのように感じられるかを知りましょう。あなたのシャドウ・ブック/ブラック・ブックに記録を残してください。

この瞑想の利点は、色を感じ、方向づけ、適用する能力です。色のエネルギーは、魔術に使うと非常に強力です。それぞれの色には特定のエネルギーがあり、そのエネルギーに固有の結果をもたらすように作用します。


修了


© Copyright 2005, Joy of Satan Ministries;
Library of Congress Number: 12-16457


Fifth Month
https://www.joyofsatan.org/hailtosatansvictory666.angelfire.com/Fifth_Month.html
(原文)

霊的戦争のトレーニングプログラムに戻る

Hell's Army 666に戻る

サイトマップに戻る