JoS日本語翻訳図書室

Joy of Satan(JoS)に関連する文章の翻訳記事

神々の呪い

神々の呪い


1922年のツタンカーメンの発見と単なる偶然以上の数多くの不可解な死について公表されています。無神論者の学者たちは、エジプトのピラミッドの建設と設計に関して、現実的な説明ができずに途方に暮れています。

1923年2月にツタンカーメンの墓が開封されたとき、粘土板が発見されました。それには、墓を乱すと暴力的で早死にするという呪いの警告がヒエログリフで書かれていました。考古学者はこの警告を無視して、原住民のエジプト人労働者からそれを隠しました。奇妙で不可解な出来事がすぐに起こり始めました。

ハワード・カーター、探検隊のリーダーは、彼のペットのカナリアを持っていました。墓が開けられた日、コブラがその鳥を飲み込みました。カーナーボン卿はイギリスの裕福な伯爵で、遠征の資金提供者でした。彼はすぐに高熱を出し、不思議にも頬に「蚊に刺され」ました。そして墓が開かれてから47日後の4月5日、57歳のカーナーボン卿は亡くなりました。

その2日後の4月7日(またしても数字の7)に、ミイラが検査されました。ミイラの左頬にシミが見つかりました(カーナーボン卿が蚊に刺されたのと同じ側と場所)。カーナーボン卿が死んだ時、カイロでは不思議なことにすべての電気が一斉に消えました。同じ頃、何千マイルも離れたイギリスでは、カーナーボン卿の愛犬が後ろ足で立ち上がり、吠え、倒れて死んでいました。スタッフが仕事を中断させられ、その遠吠えは奇妙で死のようだと言いました。

アメリカの有名な財政家ジェイ・グールドも墓を訪れました。彼は高熱で翌朝目覚め、日暮れまでに死にました。アメリカの考古学者アーサー・メイスは、墓を開くのを手伝い、正室への入り口を塞いでいた最後の石を引き抜きましたが、すぐに衰弱と疲労を感じ始めました。彼は昏睡状態に陥り、回復することはありませんでした。アーサー・メイスはカーナーボン卿と同じホテルで死にました。

ハワード・カーター遠征隊の秘書だったリチャード・ベッチェルは、墓の発見から4ヶ月後に心不全で死亡しているのが発見されました。彼の父親のウェストベリー卿は、息子の死に取り乱し、7階建ての窓から飛び降り自殺をしました。彼は命を絶つ前に何人かの人に聞かれ、自分に言い聞かせていました。「ファラオの呪いだ」「もう恐怖に耐えられない」。ウエストベリーの遺体を墓地に運んでいた霊柩車が、小さな少年を轢き、彼を即死させました。

ミイラの束縛を最初に切ったと思われる放射線技師のアーチボルド・リードは(遺体のレントゲンを撮るためには解いていく必要がありました)、すぐに同じように疲労困憊し、死んでしまいました。他にも奇妙な偶然や関連した死が続出しました。

ハワード・カーターは、筋金入りの無神論者であり、懐疑論者でもありましたが、墓の発見と開封後、17年近く生きました。カーターは極度の鬱病と被害妄想に悩まされていたと言われています。

ゴエティック/ゴシックのデーモンたちは、多くはよく知られた人気のあるエジプトの神々です。多くの古代エジプトからの人は、特に神権者とファラオは計り知れない霊的知識と力を持っていました。彼らは、自分たちの墓が「選ばれた」少数者の手で金と名声のために掘り起こされ、搾取されることを認めていませんでした。墓から持ち出された遺物や古代の人工物の多くは、個人のコレクションとして置かれ、強欲な所有者に不幸をもたらし続けています。


© Copyright 2002, 2005, 2006, Joy of Satan Ministries;
Library of Congress Number: 12-16457

https://www.joyofsatan.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/curses.html
(原文)

 

HPS Maxineによるサタンの説教2001-05に戻る

サタンの説教に戻る

サイトマップ