神々と動物の姿

神々と動物の姿


回答として:
動物の姿はシンボルであり、神々の力を表しています。孔雀はサタンの聖なるもので、ニグレドに続くマグナム・オーパスの色とりどりのステージを表しています。また、孔雀は、第三の目のチャクラが完全にパワーアップして活性化したときの虹色を象徴しています。

アヌビスはジャッカルに象徴されていますが、これはアヌビスがジャッカルであることを意味するものではありません。私は彼に会いましたし、彼と一緒に仕事をしたこともあります。彼はとてもヒトそっくりです。

要するに、もし誰かが神々や特定の神がアストラル的にどのように現れるべきかについて強い期待を抱いているならば、それは多かれ少なかれその人にその神がどのように現れるかに影響を与えるでしょう。これはアストラル・コミュニケーションと同じです。アストラル投影と同じように、ある神を自分の動物の姿と強く無意識に結びつけている人は、そのように見えるかもしれませんが、それはその神の正確な姿ではありません。

私自身はというと、新人の頃、サタンは赤い目と角を持った存在として現れ、背筋がゾッとするだろうと思っていましたが、私はオープンで、よくわかっていませんでした。彼は背が高く、肩幅が広く、金髪で、白い長いローブを着ていたので、私はとても驚きました。

ユダヤ人が捏造し、汚した魔道書に関して、私たちの神々を侮辱するイメージは、このゴミを読む人の心に非常に醜く不快なイメージを植え付け、恐怖を利用して再び神との関係を築くのを阻止しようとするものです。特に若いうちは、暗示は非常に強力です。

醜悪で侮辱的なイメージは敵のものです。エジプトの神々を表す動物のシンボルは違います。

 

HPS Maxineによるサタンの説教に戻る

サイトマップに戻る