JoS日本語翻訳図書室

Joy of Satan(JoS)に関連する文章の翻訳記事

過去生の記憶喪失

過去生の記憶を喪失すること


事故や病気、1日や1分の違いで何かを逃してしまうなど、悪い時に悪い場所にいたり、悪い人と一緒にいたり、また悪い時にいたりすることで、多くのことが運命づけられています。これらはすべて、知識の欠如の結果です。生まれ変わりは事実です。新しい人生を歩むとき、私たちは自分自身を連れています。これには、過去のしがらみや過去の状況、間違った信念、悲しみ、痛みなどが含まれます。私たちが新しい存在になるとき、私たちは記憶喪失の状態です。

ある実験についての情報があります。人為的に起こした記憶喪失が動物や人間に与える影響や、脳のフィードバック回路に直接影響を与えることを研究するものですが、その多くは残酷なために公開されていません。自己認識があれば、人は問題を制御することができます。一方、記憶喪失によってフィードバック回路が遮断されると、心の中の問題のプログラミングを修正することができなくなってしまいます。

ロシアの心理学者、イワン・パブロフは、犬を使って一連の実験を行いました。条件付けの理論は、「心理学1001」で習ったことがある人も多いでしょう。犬はベルを鳴らすと食べ物を与えられます。ベルを何度か鳴らすと、餌が後から来ても来なくても、犬は唾液を出す(餌を期待する)ようになりました。この音は犬に空腹感をもたらしました。2つの異なる刺激を数秒以内に与えると、脳に不随意の反応が生じるのです。

彼の実験の多くは、条件付けを超えたものでした。彼は、犬やその他の動物の神経衰弱を、やはり関連付けることによって作り出すことができました。空腹の動物が餌を取りに行くと、彼は痛みを伴うショックや非常に大きな音、灼熱の爆発などの刺激を与えて、生存と恐怖・苦痛の状況を作り出したのです。これと同じように、キリスト教会は性交渉の禁止を強制し、その他の正常で自然なニーズを否定することで、何十億もの人々の精神的な健康を破壊してきました。性欲は生命力と等しく、禁欲は神経症的傾向を生み出します。敵の神々は人間の心を知り尽くしており、どうやってそれを破壊するかを知っています。

別のロシアの科学者、A・R・ルリアはパブロフの実験を、今度は人間を使って続けました。(この実験はCIAでも行われていますが、多くは公開されていません。)ルリアが発見したのは、人間は記憶することができるので、プログラムに抵抗して、合理的な思考と意志の適用によって心を回復することができるということでした。ルリアは(のちにCIAとともに)、電気ショック療法で被験者に記憶喪失を引き起こさせ、薬物によってトランス状態を誘発させました。薬物誘導トランス状態では、人間の99.9%が催眠術をかけられ、再プログラムされます。

電気ショック療法(EST)は、精神疾患の治療やコントロールに用いられています。ESTは逆行性健忘症を引き起こします。電気ショックの強さと頻度に応じて、記憶が破壊されます。高レベルのESTでは、自分の名前やアイデンティティ、過去を思い出すことができません。被験者は極端に落ち着いた状態になり、現在に集中します。1975年の映画「カッコーの巣の上で」は、ESTの効果を示す良い例です。特にジャック・ニコルソン演じる主人公が電気ショック療法を受けて不可逆的な脳障害に陥り、自分のアイデンティティや過去を覚えていないというエンディングが印象的です。

(訳者注:逆行性健忘とは、(脳損傷など)発症以前の、過去の出来事に関する記憶を思い出せない障害。順行性健忘とは、新しく物事を憶えることができない障害。)

オペレーターが被験者を幼児期に退行させることで、被験者の心に不穏な考えや偽の記憶を植え付けることができます。この段階では、心は無防備で無力な状態になります。オペレーターは親として認識され、その役割を引き受けます。その代表的な例が、キリスト教精神科医によって偽の記憶を植え付けられた「ミシェル・リメンバーズ」という本です。

神経症を誘発するためには、常にではありませんが、オペレーターが被験者を退行させ、親に子供がレイプされたというような偽の記憶を植え付ける必要があります。100%の確率で、被験者に記憶喪失を示唆しなければならず、被験者はセッションや植え付けられた暗示を思い出すことができません。愛する人の殺害、不合理な恐怖、羞恥心、罪悪感など、非難されるべき偽の記憶、恐怖、あらゆる種類の心理的問題を暗示によって被験者の心に植え付けることができます。

記憶を失うと、その人は自分の抱えている問題を理解し、対処することができなくなります。潜在意識はそれを保持し、それに基づいて行動します。被験者は、奇妙で不合理な感情、説明のつかない神経症、異常な行動があること以外は、それらに気づきません。しかし、問題は依然として存在し、将来の行動に影響を与えます。これが、過去の前世の記憶を失っているときに起こることです。私たちは、自分が知っている以上の経験を潜在意識にぶら下げていて、それが現世の私たちに影響を与えています。私たちは、なぜ悪いことが起こるのかを理解できず、多くの場合、それを防いだり止めたりすることができません。

私たちは、自己催眠によって過去生にアクセスし、過去生についてできるだけ多くのことを学び、理解することで、自分自身を本当に知り、自分の人生をよりよくコントロールすることができるようになります。私たちは皆、トランス状態に入り、自分の心、子供の頃の記憶、そして過去の人生を、時間をかけて探ってみるべきです。
記憶喪失の呪いと知識不足から、いわゆる「カルマ」と呼ばれるものがあります。
カルマは知識によってのみ、克服でき、打ち負かすことができます。
カルマとは、多くのニューエイジの人々や、ユダヤ教キリスト教の影響下にある人々が信じようとするような、教義への適合ではなく、原因と結果なのです。知識はすべての鍵です。自分自身や前世などについてすべてを知ることで、私たちは自由になります。

参考文献:Secret, Don't Tell:Encyclopedia of Hypnotism(催眠の百科事典)(Carla Emery,1998年)


マインドに関する情報に戻る

© Copyright 2005, Joy of Satan Ministries;
Library of Congress Number: 12-16457

Past Life Amnesia
https://satanisgod.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/Amnesia.html
(原文)

瞑想に戻る

サイトマップに戻る