JoS日本語翻訳図書室

Joy of Satan(JoS)に関連する文章の翻訳記事

エジプトのピラミッド

エジプトのピラミッド


今日に至るまで、無神論者の学者や科学者は、古代に存在した巨石構造や非常に高度な文明を説明するのに途方に暮れています。これらの構造物は、数千年後の今日でも立っています。

洪水の後、風景の多くが浸食されました。神々の上陸基地が必要となり、エジプトのギザにある双子のピラミッドは、アララト山の双子の峰を再現するために建設されました(注1)。空からの測量が行われました。神々はまた、魔術的な儀式やイニシエーション儀式のための儀式にもピラミッドを使用しました(注2)。

ピラミッドの底面には365.24の立方体があります。これは太陽年に正確に対応しています。底面の対角線の和は、赤道儀の総後退の年数の近似値を与えます(26,000年ちょっとです)。ピラミッドの頂点は北極に対応しています。周縁は赤道に相当し、その4つの平面は半球の4象限を正確に表しています。これらの測定値は、地球のレイラインと磁場と平行になっています。

(訳者注:象限とは、平面を直交する二直線で仕切ってできる四つの部分の一つ一つ。2円の4分の1。四分円。)

大ピラミッドの外装はもともと石灰岩で覆われていて、太陽の光を浴びて輝いていました。その石灰岩は何世紀にもわたって剥ぎ取られてきました。神々はピラミッドの内部に結晶を配置しました。その結晶の力で、空に反射してビームを生み出したのです。今日に至るまで、ピラミッドの頂点に流れる電流は非常に強力で、人を気絶させてしまいました。また、ピラミッドは内部から反響して着地誘導の役割を果たしていました。神々はそれらを「永遠のそびえ立つ家」と呼びました(注3)。

ピラミッドは、神々の書いたものによると、レオの時代に建てられたものだそうです。ライオンの体をしたスフィンクスがあるのもそのためです。スフィンクスに描かれている顔は、元々はエジプトの神トート神の顔でした。トートとマルドゥク/アモン・ラーの兄弟の間で対立していたため、最終的にはアモン・ラーの顔に変更されました(注4)。

サタン/エンキは「下の世界」を与えられました。これは赤道の下の土地でした。これにはエジプトのすべてが含まれていましたが、エジプトは赤道の北にあります。(注5)

1904年、アレイスター・クロウリーは ピラミッドで夜を過ごしました。 彼は、紫色の光がピラミッドの内部全体を照らしていたと主張しています。考古学者とエジプト学者は、ピラミッドを探検した時に、松明の跡がなかったことを説明できていません。電気などの光の手段がまだ発明されていないと信じられていた時代です。ナポレオンは1798年に、ピラミッドに入りました。出てきた時は青ざめた顔で、畏敬の念を抱いていました。彼は、誰も自分を信じないと言って、何を見たのかを明かしませんでした。


参考文献:
(注1)エンキの失われた書物:地球外の神の回想録と予言、ゼカリア・シッチン著
(注2)生命の花の古代の秘密 Drunvalo Melchezedek (これらの2つのボリュームの本は非常に右道ですが、1つは、キリスト教の偏ったゴミを過去に読むことができれば、有用な情報が含まれています)。
円喜の失われた書物』
(注3)エンキの失われた書物
(注4)同上。
(注5)同上。


© Copyright 2002, Joy of Satan Ministries;
Library of Congress Number: 12-16457

https://www.joyofsatan.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/PYRAMIDS.html
(原文)

 

HPS Maxineによるサタンの説教2001-05に戻る

サタンの説教に戻る

サイトマップ