JoS日本語翻訳図書室

Joy of Satan(JoS)に関連する文章の翻訳記事

サタニックなサバトとエスバト

サタニックなサバトエスバト


サバトは、エスバト[満月の日に行われる会合]とは異なり、お祝いの場でもあります。「サバト」はフランス語の「s'ebattre」に由来し、「楽しむ」「はしゃぐ」という意味があります。
年間の大サバトについては、「サタニックな祝日」を参照ください。

サタニック・カヴァンが活動するためには以下のものが必要です。

・カヴァンが適度に騒いでも、決して邪魔されない神殿としての役割を果たす、安全で安心な場所。
その場所は、HP/HPSによって祝福され、神聖化されるべきです。壁にはサタンの像と一緒にシジルが置かれるか、描かれるべきです。それができない場合は、安全で、安心で、人目につかない場所であればどこでも構いません。会合が行われる前に、その場所は神聖化され、サタンに捧げられるべきです。

・カヴァンのための儀式道具。
HP/HPSは自分の儀式用の短剣(アサメイ)などを持参することができますが、グループとしてのカヴァンが所有する儀式用具があってもよいでしょう。祭壇、グループの聖杯、鐘、キャンドル、香炉(できればチェーン付きのもので、炭火で香を焚くためのもの)。これはサークルと神殿を聖別するために使用します。グループのための祈りと力の言葉を記した本も必要です。これらは、カヴァンの中で最も芸術的な人が書くといいでしょう。これらはすべて、部外者が一切取り扱えない場所に安全に保管されるべきです。特別なグループのシジルは、それぞれの儀式用具に描くか、彫るかしてください。
[ページ下部の注釈をご参照ください]。

・楽器は任意ですが、奨励されています。
サタニック・カヴァンの伝統的な楽器は、小太鼓、タンバリン、リコーダー、パンパイプ、フルート、ガラガラです。これは輪になってリズミカルに踊ったり、蛇のように並んで踊ったりするためのもので、グループとしての力を高めるために行われます。これらはあくまでも伝統的なガイドラインです。ステレオ・スピーカーから音楽を流して、みんなを盛り上げることもできます。どんなものでも良いですし、カヴァンの皆が快適に過ごせるものであれば問題ありません。

定期的なカヴァンの会合はエスバトです。儀式や魔術、グループでの学習・勉強などはこの会合で行われます。エスバトとは、満月のサイクル中の日のことです。満月にミーティングやワークを行う理由は、この時期には女性側の魂の力がより強くなるからです。魂の女性側は、生のパワーを与える側です。魂の男性側は論理的な面で、女性側のエネルギーが現実に現れるように導きます。満月は、その時期に行われるあらゆる魔法のワークに力を与えます。すべてのカヴァンは、少なくとも月に一度、満月のサイクルの間に集まるべきです。
1年に13の月があることから、1年に少なくとも13回のミーティングが必要です。エスバトでは、行わなければならないワークやその方法、次のエスバトの計画などが話し合われます。カヴァンは、どのようなワーク[魔術]をどのように行うのかを正確に議論します。その後、グループ全体で、行われるべきことの全体像について瞑想します。メンバーの一人一人が、計画されたワークと最終的な結果について、頭の中で明確なイメージを持つべきです。

サタニック・カヴァンでは、すべてのメンバーが積極的に参加しなければなりません。ある人はキャンドルに火を灯し、他の人は楽器を演奏し、別のメンバーは唱えるべき祈りの言葉を書いたり、儀式の概要を説明したりします。

グループは完全にプライバシーが守られ、特に魔法を使っているときには邪魔されたり、中断されたりすることがあってはなりません。セキュリティは最も重要なことです。カヴァンが魔法のワークのために集まると、以下のような儀式が行われます。これらは単なるガイドラインであり、各グループの好みに合わせて変更することができます。

エスバットは通常、HP/HPSが空中に五芒星を描き、標準儀式を行うことで開かれます。冥府の4人の戴冠の王子を呼び出した後、HP/HPは祈りを声に出して読み上げ、カヴァンの活動に対するサタンの導きを求めます。その後、5分間の瞑想的な沈黙があり、各人がそれぞれの方法で冥府の力に感謝したり、お願いをしたりすることができます。

その後、グループが一斉に詠唱を始めるのが標準的な伝統です。S-A-T-A-N、S-A-T-A-N。バリエーションはS-A-T-A-N---- H-E-A-R----U-Sです。リコーダーや小太鼓などの楽器があれば、それを演奏してもいいです。数分間、詠唱の力を感じて楽しんでください。詠唱が終わると、HP/HPSは両足を開き、腕を上に上げて空に向かって伸ばして立ちます。残りのグループは、膝をついて腕を高く上げます。

この時、HP/HPSはその場にいるあらゆるデーモンのエネルギーに対して自分自身を開放します。時々、デーモンがカヴァンに語りかけることがあります。HP/HPSを通して。

魔術的なワークが必要なときは、サークルを描きます。カヴァンのメンバーの一人が、サークルの各枢機卿の位置に4本の黒または青(黒が手に入らない場合)のキャンドルを灯して、冥府の4人の戴冠の王子を表します。このタイプのサークルは、カヴァンの力を集中させるためのものです。これは、自分のアサメイを通してエネルギーを下に向け、青い光を視覚化して、サークルの輪郭を描くことで行われます。サークルは全員が快適に過ごせるほどの大きさでなければなりません。サークルをキャストしているメンバーは、エネルギーを吸い込み、そのエネルギーを吐き出して、できるだけ多くのエネルギーをアサメイを通してサークルの中に導きます。その後、適切な香を入れた香炉を使ってサークルを神聖化します。これが終わると、HP/HPSはもう一度、自分のアサメイを持ってサークルの周りを回り、サークルを強化します。例えば、破壊や欲望の働きを表す赤などです。キャンドルは安全な場所に置くようにして、会場を燃やさないようにしてください。

魔法をかけている間、誰もがそのサークルから離れてはいけません。サークルを壊してはいけません。グループは完全なプライバシーを持ち、特に魔法を使っているときは、決して邪魔されたり、中断されたりしてはいけません。セキュリティが最も重要であることを忘れないでください。

個々のカヴァンのメンバー全員の意志を合わせて、同じ目標に向けなければなりません。パワーは円錐の形に生成され、サークルの上に集められます。十分なパワーが生成されると、パワーの円錐が導かれます。
踊りと詠唱は、集団の中で力を発揮するための最も一般的な方法であり、その起源は古代にさかのぼります。グループ全体が、規則的なビートや詠唱のリズムに合わせてサークルを描くように踊ります。踊りと拍子が早くなり、パワーが高まるのです。踊りは常にWiddershins [反時計回り]でなければなりません。ただ、解放して楽しみましょう。サークルダンスは、最初はゆっくりとしたスピードで始まり、徐々に速くなっていき、クライマックスを迎えます。カヴァンのメンバーは、手をつないで踊ることも、一人で踊ることもできます。手をつないで踊ると、エネルギーがつながることでパワーがさらに集中し、パワーが均等に高まるのです。手をつなぐことの別のバリエーションとして、肘を合わせることもできます。ダンスは、ローブを着て行うことも、裸で行うこともできます。
重要なポイントは、「シンプルさ」と「リズム」です。全員が内側を向いて広背筋を伸ばし、左右のステップで踊ります。それぞれの足が地面に着いたら、膝を少し曲げてください。ビートに合わせて床を強く踏みしめると、リズムが保たれ、力強さが増します。

カヴァンは、エスバトの会合の中で、どのチャント(力の言葉)を使うか、楽器がある場合はその楽器、儀式の具体的な内容や言葉遣いなどを決定します。全員が、自分が何をすべきか、何が行われるのかを正確に明らかにしなければなりません。

気持ちは魔法の最も重要です。力を生み出すためには、全員が自分が成し遂げようとしていることについて強く感じなければなりません。カヴァンのメンバーの一人一人が、何をすべきか明確なイメージを頭の中に持っていなければなりません。最終的な結果は、全員が集中するために最も重要です。最終結果のイメージは全員の心の中で明確でなければならず、エネルギーはその目的のために集中しなければなりません。誰もが最終結果をイメージし、自分の意志を最終結果に向けなければなりません。

その目的は、カヴァンのパワーをできるだけ高いところまで高め、そのパワーを解放して魔法をかけることです。踊りはどんどん速くなり、チャンティング(力のある言葉を一斉に振動させること)はどんどん大きくなります。その後、踊りを止めて床に落ちます。これは膝をつく姿勢になることもできますし、各人が心地よく感じる方法で行うこともできます。誰もが頭の中に鮮明な絵を思い浮かべ、集中し、そしてそれを解放します。HP/HPSがカヴァンをリードします。各メンバーは、力を解放するのに役立つので、叫んでもかまいません。

ワークの最適なタイミングについては、「タイミング」を参照してください。

そして、HP/HPSがベルを鳴らして儀式を終了します。このベルの象徴的な意味は「残響」です。力のある言葉が魂に響くのです。

その後、ごちそうを食べるのが習慣となっています。各カヴァンメンバーは食べ物や飲み物を持ち寄ることができます。また、サバトのようにダンスや遊び、ゲームをすることもできますが、これらは計画に含めるべきです。

やるべきことがない時には、標準的な儀式とサタンの呼び出しを行い、導きを求めるのが通例です。このような時には、グループはユニットとして力を合わせて働くべきです。これにはグループでのエネルギーワークが最適です。HP/HPSがトピックを選び、グループに読み、その後、ディスカッションを行います。トピックは、このウェブサイトや他の情報源から引用することができ、サタニズム、魔法の実践、個人のエンパワーメントに焦点を当てるべきです。

注:
カヴァンの根本的な目的は、心と精神的なエネルギーの出会いです。儀式の道具は小道具に過ぎません。もしあなたのグループが儀式の道具を手に入れることができなくても、それはあなたがカヴァンを結成し、目的を達成するためにあなたのマインドや魂を合わせた力を使うことを妨げるものではありません。正式な儀式は、カヴァンにとっては便利で理想的なものですが、それが困難な場合は不要です。
サタニックなアイテムを持つことが安全でない地域に住んでいるティーンエイジャーやその他の人々は、これらがなくても活動することができます。サタニズムのすべては、あなたのマインドと魂の力を使うことです。物質的なアイテムは小道具に過ぎません。

円錐の力についての詳細

カヴァンのメインページに戻る


© Copyright 2005, 2012, Joy of Satan Ministries;
Library of Congress Number: 12-16457

Satanic Sabbats and Esbats
https://www.joyofsatan.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/Sabbats.html
(原文)

サイトマップに戻る