真のサタニズムのルーツと起源

真のサタニズムのルーツと起源


サタニズムの研究を何年も続けた結果、その起源は、極東にあることがわかりました。サタニズムの研究を始めるとき、西洋のオカルティズムに目が行きがちですが、西洋オカルティズムは、ユダヤ人の汚物で徹底的に汚され、はびこっています。西洋オカルティズムのほとんど全てのものは、そのルーツが極東にあります。

西洋のオカルティズムは、ヘブライ文字数秘術、天使、その他の汚物であふれています。霊的な知識を与えてくれたオリジナルの神々は冒涜され、醜い怪物にされています。これらのことを極東の起源にさかのぼると、サンスクリット語で書かれた神々の名前は、それに値する高い評価を受けています。ヘブライ語で「敵」を意味する「サタン」という名前は、サンスクリット語では「真実」と「創造主である神」を意味します。もちろん、嘘つきの人々は、「真実」を「死すべき敵」とみなしています。
「サタン」はヘブライ語で、Sin(シン)、Tet(テト)そしてNun(ヌン)です。ヘブライ語は右から左に読みます[英語とは逆になります]。

f:id:josjp:20210325213739g:plain

このことを疑う人がいたら、上の文字をヘブライ語の辞書で調べてみてください。「敵」や「魔物」と訳されていることがわかります。また、誤った情報に対応するために、ここで付け加えておきますが[私自身、ヘブライ語を勉強するまでは、この言葉をハタ・ヨガと関係があると勘違いしていました]、「ハ・サタン」と「サタン」は、まるで別のキャラクターのように違いがあると主張する人がいます。そうではありません。ヘブライ語で「Ha」は「the」を意味します。つまり、翻訳すると、「敵(サタン)」と「その敵(ハ・サタン)」ということになり、それ以上の意味はないのです。この情報は、JoSのEグループでの長年にわたる質問を受けて、この記事に追加したものです。

文明は、私たちが信じさせられているように、中東で始まったのではありません。シュメールやエジプトなどの古代文明は、極東から精神的な教えやオカルト的な知識を得ていました。現代のペーパーバック版『ネクロノミコン』で、編集者は序文の中で、このテキストがサンスクリット語に由来することを認めています。サンスクリット語を知っている人なら、この本に出てくる多くの単語や名前がそうであることがわかるでしょう。

サタニストであったハインリッヒ・ヒムラー総統は、人間の精神的起源が極東にあることを知っていました。ヒムラーは、極東における私たちの霊的な起源の真実を知っており、チベットに探検隊を送りました。この探検隊は、約30人のチベット仏教の僧侶をベルリンに連れて帰りました。彼らは1945年の春、第三帝国の崩壊とともに集団自殺をしました。

真のサタニズムは、クンダリーニ[蛇]ヨガに見られます。そして左手の道のタントラです。残念ながら、他のすべてのものと同様に、上記の分野には、キリスト教ユダヤ人の道具がはびこった、いくつかの堕落がありますが、サタンに献身的な皆さんのほとんどは、基本的な教義の中に真実を感じるでしょう。知識を得るということは、泥をふるい落とすことです。

世界征服のための執拗で容赦のない探求において、サタンとして知られる真の創造主である神に取って代わろうとして、ユダヤ人は、真の霊的知識をすべて破壊し、変質させ、堕落させるために、あらゆる手段を用いてきました。異邦人の司祭や賢者の大量殺人、フリーメイソンのような、あらゆる著名な異邦人のオカルト組織の体系的な破壊、[フリーメイソンユダヤ共産主義のもう一つの道具となっています]、そして殺人、さらに殺人の長い痕跡を残しつつ、この醜悪なコーシャの腐敗の悪臭を隠すための嘘を重ねています。最終的な結末は共産主義であり、異邦人の民衆からすべての霊的/オカルト的知識を最終的に取り除き、ユダヤ人のマスターが「神」の立場になるのです。

これらの準備のために、ユダヤ/キリスト教の聖書のほぼすべてのページには、「ユダヤ」「ユダヤ人」「イスラエル」という言葉が使われています。彼らの目的は、異邦人から名前、場所、重要な日付、概念を奪い、それを彼らの架空の人物、典型、堕落した教えに置き換えて、私たちの霊的な武装を解除することにあります。彼らはこれらの嘘を使って、自分たちがすべての宗教、文明、霊的な教えの創始者であると主張しますが、その中でも最大の嘘は「神に選ばれた者」であるということです。これらの多くはサブリミナルでもあります。ユダヤ人が議論を学び、異邦人を滅ぼすために必要な知識を得るためのユダヤ人専用の学校は、「Shivas」と呼ばれています。この名前は、女性的なシャクティの配偶者であるクンダリーニの男性的な力から盗まれたものです。言い換えると、特定の方法で霊的な力を物質的な面に現実化させるように指示する脳のことです。このあたりの知識がある人は、すぐにその関連性がわかるでしょう。

多くのテキストは、たとえ大学レベルであっても、ユダヤ教を最古の宗教とするものが多いですが、これは嘘です。架空の歴史を使った代表的な例がパレスチナです。彼らは嘘をついてこの国を手に入れました。それ以来、パレスチナの人々はひどい苦しみを味わっています。イスラエルという盗賊国家ができて、中東に平和がなくなりました。これらの嘘は、ユダヤ人に特別な特権と、彼らには権利のない歴史を与えました。

オカルトの力は私たち全員の中にあります。この知識を取り除き、自分たちのものにすることで、ユダヤ人は誰にでも呪いをかけることができます。異邦人の犠牲者は、知識も霊的な力もなく、無力です。彼らはこのことを自慢しています。『シオンの有識の長老たちの議定書』の中で、自分たちが民族全体を保護するオーラを出していることを述べています。そうすれば、異邦人全員に最悪の事態が訪れたとき[ユダヤ人に扇動されて、異邦人同士が戦うことになっても]、自分たちは守られるのです。
キリスト教は、霊的な知識を取り除き、それをユダヤ人の嘘で置き換えるだけでなく、信者のエネルギーを利用して自己増殖します。この強力なユダヤの道具を破壊しなければなりません。なぜなら、その最終結末はユダヤ共産主義だからです。
聖書のメッセージ全体や説教の中に見て取れるように、全体としての聖書のメッセージや、ユダヤ人が作り出したナザレンというキャラクターの説教を見れば一目瞭然です。

「マヤ」とはサンスクリット語で「幻想」を意味します。多くの人が、2012年に終焉を迎えるとする「マヤ暦」を気にしています。私が調べたところによると[まだ終わっていませんが]、多くの文明、特に古代文明の名前は、サンスクリット語に由来しています。Sumeria/SumerAryanのように。マヤとの関係は意味を成します。2012年は、異邦人全体が、ユダヤの呪文と偽りのキリスト教に目覚める年になるのではないかと考えています。

あるユダヤ人のラビは、彼らの数秘術で6であるヘブライ語の文字「Vau」は、セム語のWでもあると述べています。WWW[World Wide Web of the Internet]は、ユダヤ人が『獣』と名付けた『666』とイコールです。インターネット上の情報はコントロールできません。これが彼らの破滅につながるでしょう。

最後に、現在私たちが手にしている東洋の教えについて、非常に重要な情報を付け加えておきたいと思います。何事にも言えることですが、現在あるものの多くはキリスト教の嘘がはびこっており、キリスト教化された異教や魔術である「ニューエイジ」の教えと同じです。クンダリーニヨガや左手の道のタントラを調べてみると、本質を見抜くことができます。シンボル、マントラ、言葉、そしてテクニックには、サタニックな本質と基盤があります。

(訳者注:「ニューエイジ」とは、日本でいうところのいわゆる「スピリチュアル」である。)

ヨガの本を読むときに最も重要なことは、現在私たちが手にしているものの多くが堕落していることに気づくことです。霊的な知識は、キリスト教的なニュアンスとそれに関連する魂の汚染によって、ひどく冒涜され、汚されています。そのような「法則」はありません。独身主義、特定の食べ物を控えること、特定の美徳を守ること、欲望や分離がないことなどに関するくだらない話は、単なるゴミということだけでなく、多くの点で非常に有害なアドバイスです。
これらの制限は、蛇を上げる方法、チャクラを開く方法、チャクラを整える方法などの関連するアドバイスとともに、ほとんどの人が神性に到達するのを防ぐために、意図的に冒涜されています。そして、これらのエネルギーを高めることに成功したごく一部の人々は、ゴピ・クリシュナのようにほとんどが非常に深刻な問題に直面し、多くが個人的な災難に見舞われました。私はこのことを知るために、十分な勉強と個人的な経験をしてきました。
加えて、東洋の教えの多くに出てくる「欲望の欠如」という言葉は[キリスト教の汚れに染まっています]、これだけでも、まったくのデタラメで嘘だとわかります。欲望がない状態=死です。もし人が本当に「欲望がない」のであれば、瞑想もしないし、自己の向上や光明を探求する努力もしないでしょう。人は死にます。
これらの間違った教えは、上記の規律から力を手に入れた人たちの武装を解除し、その力を使うことを妨げるためにあります。白魔術と黒魔術の両方で力を使うことは、敵が最も恐れることです。これが、これらの教えが堕落した理由です。欲望がないことについては、この中にある唯一の真実は、忠実に練習を行えば、心に作用する薬物や関連する悪徳行為への欲求を止めることができるということです。

真の左手の道タントラとは、人生を精一杯生きること、喜びを楽しみながら、瞑想と知識によって光明を得ることです。それがサタニックな道です。ヨガについて書かれた多くの本は、互いに矛盾しており、情報が錯綜しています。心を開いて、何かを読むときと同じように、サタニックな方法で読んでみてください。残念ながらほとんどすべてのものにはびこっているキリスト教のデタラメをふるい落とさなければなりません。

自分自身に力を与えることで、真実を知ることができ、私はここで経験から話しています。

・特別な食事制限はありません。

・特別な生き方や存在の仕方はありません。言い換えれば、あなたはあなた自身であり、あなたが選んだ通りの人生を自由に生きることができます。

・性的なタブーはありません。つまり、自分が選んだ相手と、自分が選んだ回数だけ、自由にセックスをすることができます。

これらの学問に関係するのは、一貫した実践だけであり、それ以上のものではありません。これらの教えの本質は、心と魂の力を開発することにあり、それは宇宙の誰にでも開かれています。あなたは、特定の法則に従って人生を送る必要はありません。
エネルギーは、言われたとおりに行動します。人に必要なのは、正確な知識だけです。どうすればそこにたどり着けるのか、どうすれば自分が最もパワフルになれるのかという知識です。

サタニストとして私たちが目指すのは:

テレキネシス、テレパシー、空中浮遊などの「シッディ」と呼ばれる力を開発し、向上させること。これらはサタンから私たちに与えられた贈り物です。

・私たちの心と魂の力を使って、自分の人生や他人の人生に望ましい変化を起こすための個人的な力を開発すること。

・ヨガ、瞑想、マントラなどで得た力を使って、人生を向上させたり、不当な扱いを受けたときに正義を貫いたり、富を得たり、癒されたり、その他望むことをすること。

古代の宗教の教えや教義のほとんどは堕落しています。それらは無視してください。ハタヨガやクンダリーニヨガのようなエクササイズ、呼吸法、武術のエクササイズなどは別問題で、いわゆる魔力やヴリル、気を高めるのに非常に強力です。これがサタニズムの本質なのです。

願望は、効果的な「魔術」を働かせるための鍵です。瞑想やヨガ、マントラなどで心と魂がパワフルになると、何の働きかけや儀式がなくても、私たちが望むものが自らの人生に現れてくることが多いのです。これは私自身の経験から知っています。人に力があれば、願望だけでそれが実現します


© Copyright 2009, Joy of Satan Ministries;
Library of Congress Number: 12-16457

https://www.joyofsatan.org/dawn666blacksun.angelfire.com/Satanism_Eastern_Origins.htm
The Roots and Origins of True Satanism
(原文)

サタニズムの起源に戻る

サイトマップに戻る