JoS日本語翻訳図書室

Joy of Satan(JoS)に関連する文章の翻訳記事

トーラー(律法)と生ける血のいけにえ

トーラー(律法)と生ける血のいけにえ


私がこの記事を書いているのは、ユダヤ人の儀式殺人を一方的に暴露する一方で、キリスト教、聖書、ナザレンを支持し、これらすべてをサタンのせいにするようなYouTubeビデオやウェブサイトを作る馬鹿者たちが後を絶たないことにうんざりしているからです。これらの作者の一部は、実際にユダヤ人で、すべてをサタンや異教徒[異邦人]の神々のせいにしようとしていることを知っている人もいれば、脳みそがクソのような人もいます[ほとんどがキリスト教徒です]。

脳みそがクソでできている馬鹿者たち[ほとんどがキリスト教徒]のほとんどは、怠け者すぎるか、やる気がないか、言うまでもなく旧約聖書であるユダヤ教のトーラー(律法)を実際に読むのに必要な知性を欠いているかです。律法全体には、生きた血のいけにえを正しく行う方法についてのユダヤ教の神の指示が詰まっています。そして、新約聖書や「イエス」に関して言い訳をしようとするIQ2桁のキリスト教徒の馬鹿者たちにとって、「イエス」は人間の血を流した子供の生け贄なのです。

この重度の愚かさに加えて [キリスト教徒の知性のレベルは、信じられないほど低いです] 、ユダヤ人の儀式殺人について悲鳴を上げている熱意を持って福音を説く愚か者たちは、タルムードを引用していますが、タルムードは実際にはトーラーに対するラビの注釈書であることには思いもよらないようです。トーラーとは何でしょうか?トーラーとは、旧約聖書の最初の5冊の本のことで、脳みそのないクリスチャンたちが推進しているものです。そうです、「旧約聖書」です。彼らの神父や説教師が毎週日曜日にキリスト教の教会で吹き込んでいるのと同じ古いたわごとです。私がすでに述べたように、その愚かさの程度は衝撃を超えています。

また、このような頭の悪いクリスチャンは、聖書のどこにサタンがいけにえを要求していたのかを正確に示すことができません。彼は(いけにえを)要求したこともなく、どんないけにえも、ましてや、生きた血のいけにえを要求したことなどありません。にもかかわらず、彼らは注意を反らすために、絶え間なくサタンを非難しています。繰り返しになりますが、ユダヤ教キリスト教の「神」の醜い行為や属性はすべてサタンのせいにされていますが、その先を見通せる人はほとんどいません。ほとんどの人が考えることをやめてしまいます。

もう一つ付け加えておきたいのは、キリスト教徒をはじめとするバカどもが何でもかんでもねじ曲げてしまうことです。例えば、バアルのような異教の神々の名前を、ハシディムの創始者であるバアル・シェム・トフのようなユダヤ人がどのように使っていたかという記述がありました。この称号は、一つには「良い名前のマスター」という意味です。これはオカルト的な力と関係しています。異教の神バアルとは何の関係もありません。

ヘブライ語でba'alは「夫」や「所有者」を意味し、男性の場合は結婚を完了させるために所有するという意味の動詞と関連しています。また、「バアル」という言葉は、ヘブライ語の多くのフレーズで使われており、具体的な所有権だけでなく、自分の人格におけるさまざまな性質の所有権も表しています。」

また、バアルには「主人」という意味もあり、この言葉は非常に広い意味を持っています。ゴエティア[ソロモンの小鍵]の中で、異教の神バアルを極端に冒涜し、誹謗中傷していることを考えれば、ヘブライ人がこの異教の神やその他の神やに、何らかの献身を捧げることはないだろうということは常識的に考えられることです。ヘブライ人が異教徒の神々を崇拝していたと主張するような文献は、読者を混乱させます。私たち自身の研究では、バアルはペリシテ人の神ベルゼブブの別名であることがわかりました。ベルゼブブに対するユダヤ人の果てしない冒涜は、この異教の神がユダヤ人にいかに嫌われているかを物語っています。

以下の引用は、「Bible Hub」サイトのBaalに関する記事からです。
4 with attributive: בַּעַל בְּרִית Lord of convenant Judges 8:33; Judges 9:4 (compare אל ברית Judges 9:46; NöZMG 1888, 478); זְבוּב ׳ב Lord of flies 2 Kings 1:2,3,6,16, Philistine god, 5 Βααλ μυῖαν (Beelzebub, Matthew 12:24) compare Bael." 
原文ママ

また、「モロク」という名前と、ヘブライ語で「王」を意味する「メレク」が非常によく似ていることについてもコメントしたいと思います。「King」も本当はゆるい言葉です。

では、ユダヤ教の律法では、生き血のいけにえについてどのように書かれているのでしょうか?疑問をお持ちの方は、ユダヤ教の律法はネット上に数多く存在しているので、自分で調べてみることをお勧めします。

ユダヤ人のアブラハムが、異星人の神に命じられて息子のイサクをいけにえにしようとした話は、彼が何の疑問も持たずに単にやる気であり、これは何の変哲もないことで、異常な要求でもなかったという明白な例です。彼が疑問を持たずに承諾したことから、人間の子供を生け贄に捧げるという行為が当たり前のことだったことを示しています。

上記に加えて、 以下は、ユダヤ人のウェブサイトから引用した、非常に興味深く、非常に明快な言葉です。
「来て、聞きなさい。宗教的真理と宗教的寛容を問う教育フォーラム:血の儀式3:人間のいけにえ、タルムード、モロク問題」
「主なる神は人間のいけにえを受け入れる」

上記リンク先のサイトから引用します。
「血の儀式: - 血の儀式はユダヤ教の基本です。ある血は神聖にし、ある血は汚す。タルムードの教義を見てみましょう。」

「しかし、バビロニア・タルムードは、ユダヤ人がモロクに子供を生け贄として捧げることをまだ認めています - ある条件の下で」
「主なる神は人間の生け贄を受け入れます」
「まず、視点を変えてみましょう。旧約聖書では、人身御供が禁止されていると勘違いしている人がいます。確かに、預言者の中には人身御供を禁止した者もいました。しかし、少なくとも一冊の本では、主なる神は人身御供を受け入れています。また、別の書物では、主なる神は人身御供によって鎮められます。」

士師記の次の記述では、イスラエルの戦士エフタが、アンモン人との戦いに出発しようとしています。勝利の代償として、エフタは主なる神に、帰還時に自分の家から最初に迎えに来る「何者か」をいけにえにすると約束します。エフタが牛、羊、山羊、鶏などを居間で飼っていない限り、約束のいけにえは人間であると考えなければなりません。エフタは「牛」や「山羊」などをいけにえにすることを約束していないことに注意してください。」

30. エフタは主に誓いを立てて言った、「もしあなたが必ずアンモンの子らをわたしの手に渡してくださるならば」
31. そうすれば、私がアンモンの子らから平穏に帰ってきたときに、私の家の戸口から私に向かって出てくるものは、必ず主のものとなり、私はそれを焼燔の供え物とします」。
- 士師記11:30-31(KJV)

帰宅したエフタの家の扉を最初にくぐったのは、彼のたった一人の子である愛娘でした。

34. エフタはミズペに来て、その家に入った。すると見よ、彼の娘がティンブレルと踊りとをもって彼に会いに出てきた。彼女は彼のひとり子であった。彼女のほかには、息子も娘もなかった。
35. 彼女を見て、彼は服を裂いて言った、「ああ、娘よ。おまえはわたしを低くし、わたしを悩ます者のひとりだ。私は主に向かって口を開いたので、後戻りできない。
- 士師記11:34-35(KJV)

少し考えてみましょう。私たちは、エフタが主なる神に、自分の家のドアから最初に出てきた「何者か」をいけにえにすると誓ったことを知っています。エフタは自分のしもべの一人をいけにえにするつもりだったのではないかと思われます。しかし、その「何者か」がエフタの娘であることがわかり、エフタは驚きました。その娘の反応に注目してください。

36. そして彼女は彼に言った、「わたしの父よ、もしあなたが主に向かって口を開いたのなら、あなたの口から出てきたことに従って、わたしにしてください。主があなたのために、あなたの敵、すなわちアンモンの子らに報復されたのですから。
- 士師記11:36(KJV)

「彼女は、主なる神が人間のいけにえを受け入れることに驚きもせず、抗議もせず、「父よ、常識的に考えて」とも言いません。ユダヤ教では、完全な動物以外は儀式のためのいけにえとして認められていません。エフタの娘も処女であり、完全ないけにえであり、主なる神は、アブラハムの息子のいけにえを止めたようには、この人間のいけにえを止めなかったことに注目してください。

旧約聖書では、エフタが娘をどのようにいけにえにするかは明記されていません。しかし、動物のいけにえとしての正しい方法を踏襲しています。娘の喉を切り裂き、その血を神殿の容器に流します。腕、足、頭を切り落とします。胴体を切断し、内臓を取り出して洗います。祭壇の周りの所定の位置に血を注ぎ、振りかけ、塗りつけ、そして肉を焼きます。もちろん、司祭が代わりにやってくれることもあります。」

「主なる神は人間のいけにえによってなだめられる。」

「2つの別々の犯罪として、モレクに自分の種を与えることは偶像崇拝ではないことを証明します。違いは、モレクにいけにえを捧げたり、息子を他の神のために火をくぐらせたりしても、罰せられることはありません。」"
-ラビ・ドクター・フリードマン

(訳者注:モレクは親が子供をいけにえにするカナン人フェニキア人の神とされている。)

「ミシュナーに続いて、サンヘドリン64aと64bでは、賢人たちの間で以下のような激しい議論が行われています。

(訳者注:ミシュナーとは、ソフリーム(前6世紀-後1世紀)、タナイーム(1世紀-3世紀)というユダヤ教指導者・ラビ群のトーラーに関する註解や議論。サンヘドリンは、ネズィキーン(民事法と刑事法について記述されているタルムードの節)を構成する十の文書の内の一つで、裁判の手続きなどが扱われている。サンヘドリンはローマ帝国支配下ユダヤにおける最高裁判権を持った宗教的・政治的自治組織。Weblio英和辞典より)

・偶像を崇拝することが偶像崇拝である状況。
偶像崇拝をしなくても崇拝できる偶像はどれか。
・子供のいけにえのどの部分をどのように組み合わせれば罰せられるのか、そして
・どのようにすればレビ記に違反せずに子供を犠牲にすることができるか。

「最近になって、モロク(=モレク)に子供を捧げたイスラエル人は、単にヤハウェホロコーストを捧げたと思っていたことを証明しようとする試みが数多くなされています。言い換えれば、子供をいけにえにしたメレク(王)は、別の名前のヤハウェだったのです。」

この記事では、そうではないと主張していますが、例えば、聖書のレビ記を読めば、どんな愚か者でも、上記の記述が自らを物語っていることがすぐにわかります。

ここでは、ユダヤ人向けのウェブサイト「Come and Hear」からの情報を紹介します。
「モロクに子供をいけにえとして捧げることができるという教義を、ユダヤ教が否定していないのは実に残念なことです。この教義は、ユダヤ教典礼における、儀式的な血のいけにえの復活を求める祈りとともに(動物の犠牲と第三神殿を参照)、ユダヤ人が儀式的に子供を血の犠牲にしているという主張に信憑性を与えるものです。」
「子供を儀式的にいけにえに捧げることを(特定の条件下で)認めているタルムードの教義を否定することは、ユダヤ教と他の宗教の人々との間に友好関係を築くのに大いに役立つでしょう。」

レビ記には、生きた血のいけにえについての具体的な指示(方法)と要求が詰まっています。

以下は、ユダヤ教のトーラーからの直接の引用です。罪のない動物を広範囲に渡る恐ろしい扱いをしていることを考えると、ユダヤ人が工業的農業を発明したのは不思議ではありません。このようなことは彼らの本性です。

(LEV 1:1) 主はモーセを呼んで、会見の天幕から彼に語りかけて言われた。
(LEV 1:2) 「イスラエルの子らに言っておくがよい。『あなたがたのだれかが主に供え物をささげるときは、家畜の中から、群れの中から、あなたがたの供え物をささげなければならない。
(LEV 1:3)「『その供え物が群れからの焼燔の供え物であれば、傷のない雄をささげなければならない。彼はそれを会見の天幕の戸口でささげ、主の前に受け入れられるようにしなければならない。

(LEV 1:5)彼は主の前で雄牛を殺さなければならない。アハロンの子ら、コーヘン(祭司)はその血を捧げ、その血を会見の天幕の入り口にある祭壇の上に振りかける。

(LEV 1:10) 「『自分の供え物が群れから、羊から、あるいは山羊から、焼燔の供え物とする場合、彼は傷のない雄をささげなければならない。
(LEV 1:11)彼はそれを主の前の祭壇の北側で殺さなければならない。アハロンの子ら、コーヘン(祭司)たちはその血を祭壇の上に振りかける。

(LEV 1:14) 「主への献げ物が鳥の焼燔の献げ物であるならば、彼はその献げ物をキジバト、または若いハトでささげなければならない。
(LEV 1:15) コーヘン(祭司)はそれを祭壇に持って行き、その頭を絞って祭壇の上で焼き、その血は祭壇の側で排出されなければならない。
(LEV 1:16) 彼はその収穫物を汚物とともに取り去り、祭壇の横、東の部分の灰の場所に投げ入れる。
(LEV 1:17)彼はその翼でそれを引き裂くが、引き裂いてはならない。コーヘン(祭司)はそれを祭壇の上で、火の上にある薪の上で焼かなければならない。それは主に対する甘い香りのする、火によって作られた供え物、焼燔の供え物である。

(LEV 3:1) 「その供え物がシャロームヘブライ語で「平安」の意)の供え物であり,雄であれ雌であれ,家畜から供えるならば,主の前に傷のない供え物を捧げなければならない。
(LEV 3:2)彼はその供え物の頭に手を置いて、会見の天幕の戸口でこれを殺し、アハロンの子らコーヘン(祭司)はその血を周囲の祭壇の上に振りかけなければならない。

(LEV 3:7) もし彼が自分の捧げ物のために子羊を捧げるならば、彼はそれを主の前に捧げなければならない。
(LEV 3:8) そして彼はその供え物の頭に手を置いて、会見の天幕の前でそれを殺し、アハロンの子らはその血を周囲の祭壇に振りかける。

(LEV 3:12) 「『もし彼の捧げ物がやぎであれば、彼はそれを主の前に捧げなければならない。
(LEV 3:13) 彼はその頭に手を置いて,会見の天幕の前でそれを殺さなければならない。アハロンの子らはその血を周囲の祭壇に振りかける。

(LEV 4:4) 彼はその雄牛を主の前の会見の門に連れて行き、その雄牛の頭に手を置いて、主の前でその雄牛を殺さなければならない。
(LEV 4:5) 油を注がれたコーヘン(祭司)は雄牛の血の一部を取り、それを会見の天幕に持って行く。
(LEV 4:6) コーヘン(祭司)は自分の指をその血に浸し、その血の一部を主の前、聖所のベールの前で七回振りかける。
(LEV 4:7) コーヘン(祭司)はその血の一部を、会見の天幕にある主の前の甘い香の祭壇の角につけなければならない。そして、雄牛の血をすべて、会見の天幕の入口にある焼燔の祭壇の基部に注ぎ出さなければならない。

(LEV 4:11) 雄牛の皮、そのすべての肉、頭、足、内臓、そしてその糞である。
(LEV 4:12) 雄牛全体を陣営の外に運び出し、灰が注がれる清潔な場所で、火を使って木の上で焼かなければならない。灰が注がれる場所でそれを燃やさなければならない。

(LEV 4:16) 油を注がれたコーヘン(祭司)は雄牛の血を会見の天幕に持ってくる。
(LEV 4:17) そして、コーヘン(祭司)は自分の指をその血に浸し、主の前、ヴェールの前でそれを七回振りかける。
(LEV 4:18) 彼はその血の一部を会見の天幕にある主の前にある祭壇の角に塗り、残りの血は会見の天幕の入り口にある燔祭の祭壇の台座に注ぐものとする。

(LEV 4:24)彼はヤギの頭に手をかけ、主の前で燔祭を殺す場所でそれを殺さなければならない。それは罪の献げ物である。
(LEV 4:25) コーヘン(祭司)は罪の献げ物の血の一部を指で取って、それを燔祭の祭壇の角の上に置く。彼はその血の残りを燔祭の祭壇の基部に注がなければならない。

(LEV 5:7)「『もし子羊を買う余裕がないなら、自分が罪を犯したことに対する不法行為の捧げ物として、二羽のキジバト、または二羽の若いハトを主のもとに持って来なければならない。一つは罪の献げ物,もう一つは焼燔の献げ物のためである。
(LEV 5:8)彼はそれをコーヘン(祭司)のところに持って行き,祭司はまず罪の献げ物のためのものをささげなければならない。そしてその首から頭をもぎ取るが、完全に切断してはならない。
(LEV 5:9)彼は罪の献げ物の血の一部を祭壇の側に振りかけなければならない。残りの血は祭壇の根元で抜かなければならない。それは罪の献げ物である。

(LEV 7:2) 焼燔の供え物を殺した場所で、彼は侵入の供え物を殺し、その血を周囲の祭壇の上に振りかけなければならない。

(LEV 8:18) 彼は燔祭の雄羊を捧げ、アハロンとその子らは雄羊の頭に手を置いた。

(LEV 8:19) 彼はそれを殺し、モーセはその血を周囲の祭壇の上に振りかけた。

(LEV 8:22) 彼はもう一方の雄羊、すなわち奉献の雄羊を差し出した。アハロンとその子らはその雄羊の頭に手を置いた。
(LEV 8:23)彼はそれを殺した。モーセはその血の一部を取り、アハロンの右耳の先と、右手の親指と、右足の大指とにつけた。
(レフ 8:24)彼はアハロンの息子たちを連れてきた。モーセはその血の一部を彼らの右耳の先と、右手の親指と、右足の大指につけた。モーセはその血を祭壇の周りに振りかけた。

(LEV 9:12) 彼は燔祭を殺したので、アハロンの子らはその血を彼に届け、彼はそれを周囲の祭壇に振りかけた。

(LEV 9:18) 彼はまた、民のためのシャロームの供え物である雄牛と雄羊を殺し、アハロンの子らはその血を彼に届け、彼はそれを周囲の祭壇に振りかけた。

(LEV 16:14) 彼は雄牛の血の一部を取り、指でそれを東の慈しみの座の上に振りかけ、慈しみの座の前でその血の一部を指で7回振りかけなければならない。
(LEV 16:15)「それから、民のための罪の献げ物のやぎを殺し、その血をベールの内側に持って来て、雄牛の血で行ったように、その血で行い、それを憐れみの座の上に振りかけ、憐れみの座の前で。

(LEV 16:18) 「彼は主の前にある祭壇に出て行って、それを贖い、雄牛の血の一部と山羊の血の一部を取って、祭壇の角の周りにつけなければならない。
(LEV 16:19)その血の一部を自分の指で七回その上に振りかけ、これを清め、イスラエルの子らの汚れから聖なるものとしなければならない。

(LEV 17:11) 肉体の命は血の中にあるからだ。私はそれを祭壇の上であなた方に与えて、あなた方の魂の贖いとしたのである。血は命のために償いをするものだからである。

(LEV22:29)「あなたが主に感謝のいけにえを捧げるときは、あなたが受け入れられるように、いけにえを捧げなければならない。

(LEV 22:19) あなたが受け入れられるためには、雄牛、羊、または山羊のうち、傷のない雄をささげなければならない。
(LEV 22:20) しかし、傷のあるものは、それを捧げてはならない。
(LEV 22:21) 誓いを達成するために、あるいは自由意志の供え物として、群れの中からシャロームの供え物を主に捧げる者は、それを完全に受け入れなければならず、そこには傷があってはならない。
(LEV 22:22)目の見えないもの、怪我をしたもの、傷ついたもの、いぼのあるもの、化膿しているもの、ただれているもの、これらを主にささげてはならず、主の祭壇に火によるささげ物をしてもならない。
(LEV 22:23) 雄牛でも子羊でも、その体の一部に奇形があったり、欠けていたりするものは、自由意志の献げ物として提供してもよいが、誓いのためには受け入れられない。
(LEV 22:24) 睾丸が打ち砕かれたり、砕かれたり、壊れたり、切られたりしたものは、主にささげてはならない。
(LEV 22:25) 外国人の手からも、これらのものをあなたの神のパンとして捧げてはならない。彼らには傷がある。それらはあなたのために受け入れられない』」。
(LEV 22:26) 主はモーセに語って言われた。
(LEV 22:27) 「雄牛、羊、山羊が生まれたとき、その子は七日間、母のもとにとどまり、八日目以降、主への火による供え物のために受け入れられる。
(LEV22:29)「あなたが主に感謝のいけにえを捧げるときは、あなたが受け入れられるように捧げなければならない

(LEV 23:19) あなたは罪の献げ物のために雄の山羊1頭を、シャロームの献げ物の犠牲のために1歳の雄の小羊2頭を捧げなければならない。

(NUM 7:41)またシャロームの供え物の犠牲として、雄牛二頭、雄羊五頭、雄山羊五頭、一歳の雄小羊五頭をささげなければならない。

(DEU 12:11) それから、あなたの神、主がその名をそこに住まわせるために選ばれる場所に、私があなたに命じるすべてのものをそこに持って行かなければならない。すなわち、あなたの焼き尽くす供え物、犠牲、什分の一、手の重さの供え物、そしてあなたが主に誓うすべての選択した誓いである。


The Torah and Living Blood Sacrifice
https://www.satanslibrary.org/ExposingChristianity/Torah_and_Living_Blood_Sacrifice.html
(原文)

キリスト教を暴露するに戻る

サイトマップ