サイトマップ

サイトマップ

トップページ
Welcome
サタン
霊的サタニズム
アル・ジルワ/サタンの黒の書(ブラックブック)
サタンの説教
サタニズムの起源
キリスト教を暴露する
死、死後の世界と冥府
サタンへの献身
・デーモン:オリジナルのキリスト教以前の神々
・サタニックシンボル
サタニズム初心者のために
キッズ、ティーンズ用のサタン
Hell's Armyに参加する
サタニックな祭儀と祝い
儀式(リチュアル)
瞑想
サタニック・ウィッチクラフト
証言、メンバーからのエッセイと記事
アドバンスド・サタニズム
ミニストリー
カヴァン(集い)
・会員制のE‐グループ
・リンク
・サタンの図書館:フリーPDFとオーディオ説教
外部関連サイト
真の敵は一つ(Blacks for Satanより)
・フォーラム
 ・フォーラム(HP HoodedCobra)
 ・霊的戦争のスケジュール
 ・サタニズム全般(過去記事)
天の戦争
サタニック黙示録

翻訳プロジェクトについて:始める前に読むこと

翻訳プロジェクトについて:始める前に読むこと

フォーラムのルール

1 このようなことをしたいと思っている人の中には、潜在的に潜入者がいる可能性があることに注意してください。直接会うことを避け、匿名性を保ち、慎重に行動すべきです。

2 翻訳に関する論争、だから長い翻訳は素晴らしい。意味において実行可能な危険性を構成していないので、問題ないでしょう。

3 編成のヒントは、各言語の担当者や調整者が教えてくれます。

4. すべての翻訳は、アップロード、サイトの保護、そして仕事が永久に生き続けることを確認するために、JoS上で送信されることが最善です。可能であれば、サイトは2つ以上のインスタンスミラーリングされるべきです。

5. 本気で取り組みたい方へ。サイトの発信やサイトの作成に関わることは、すべてJoSが行いますので、誰もが安心してご利用いただけます(内容を禁止している国も多いため)。

6. また、翻訳は神々にとって非常に重要な仕事であることを忘れてはならず、道を進むために神々の助けを求めなければなりません。多くの偉大で思いやりのあるメンバーが翻訳者としてスタートしました。

7. HAIL SATAN!!!


投稿者 HP. Hoodedcobra666 » Thu Jun 17, 2021 10:13 am

何よりもまず、神々と私たちサタニストの未来のために、この最も重要な仕事に参加しようとしている皆さんに感謝します。この仕事の大きさは素晴らしいものです。

Alchemistは、一般的に言えば、翻訳プロジェクトの管理人に任命されました。つまり、彼はここにいる他の皆を助けるために最善を尽くし、人々を助け、翻訳を整理して私に送るようにフィルタリングします。

ルールは以下の通りです。

1. 新しいコミュニティは、古いコミュニティと連絡を取り合って、すでに翻訳された仕事と重複しないようにしなければなりません。大規模な翻訳作業を成功させているコミュニティには、サイトの90%以上を翻訳しているイタリア人や、トルコ人などがいます。

これらのプロジェクトで任命されたリーダーは現状のままですが、すべてを終わらせるためには、より多くの人が他の仕事をするなど、追加の支援が必要です。人手が増えれば仕事も増えます。多くのプロジェクトはすでに大きく成功しています。

2. 私がどのように協力するかというと、それは可能な限りのことです。残念ながら、私には翻訳に直接携わる時間はありませんが、これまでも例外ではなく、翻訳に携わってきました。

したがって、私の職務は:

1. 組み立てられたものを、適切に「Official JoS Library」に配置し、「Official JoS Site」にリンクすること。

2. すべての翻訳サイトに必要なインフラを提供することで、誰にも負担をかけずに支障なく運営でき、誰もドメイン予約の作業をしなくて済むようにします。

これは、安全性と利便性の両方の理由から、JoSを介してのみ行われるべきものです。また、私たちはこれらが稼働し続け、世界中のどこからでもアクセスできることを確認します。

3. 上記を成功させるだけでなく、地域的に可能な限り広めていくこと[他の人もこれに協力してくれるでしょう]。

4. 非常に深刻な組織上の問題、平和の維持、メンバー間で解決できない問題などがあれば、どんなプロジェクトでも、どんな言語でも、私は助けになり、会話することができます。

さらに、翻訳者やJoSの翻訳に携わった人たちにも報酬があります。これらは霊的な報酬となります。もちろん、これはサタンや神々の好意的な注目を集めるものであり、非常に高い種類の仕事であり、私たちの愛する神々への直接的な奉仕でもあります。

サタンを讃え、神々を讃えよ!!!

日本語翻訳スレッド
https://ancient-forums.com/viewtopic.php?f=31&t=59315


ABOUT THE TRANSLATION PROJECTS: READ BEFORE BEGINNING
https://ancient-forums.com/viewtopic.php?f=31&t=59316
(原文)

フォーラム(HP HoodedCobra)に戻る

サイトマップに戻る

フィジカル・メディテーション(身体的な瞑想)

フィジカル・メディテーション(身体的な瞑想):瞑想が苦手な人のための「感じる」瞑想法


投稿者 HP. Hoodedcobra666 » Tue Jun 15, 2021 11:27 pm

瞑想を感じるには、かなり多くの人にとって時間がかかります。誰もがすぐに感じられるわけではありません。これには様々な要因があります。

その中には、一般的な健康状態、身体の密度、素質などがあります。瞑想をしているうちに、ゆっくりとマインドが開かれ、新しい(肉体にとってはかなり異質な)エネルギーを受け取ることができるようになります。

松果体の「石灰化」と呼ばれる現象も、食事やアルコールなどで体内に蓄積される密度と同じように、役割を果たしています。

体は、ある人にはすぐに反応しますが(これらは感じられます)、ある人には時間がかかることがあります。場合によっては、数ヶ月、数年かかることもあります。

瞑想の効果を実感するための確実な方法として、フィジカル・メディテーションを習慣に取り入れることをお勧めします。フィジカル・メディテーションとは?タイトルの通りです。最初に身体に焦点を当てて行う瞑想です。

それは以下のものです:

ハタヨガ。これで落ち着きと安心感を感じないはずがありません。時間はかかりますが、きっとそれを感じるでしょう。最終的には、そこからの「バズ」を感じることができるようになります。

クンダリーニヨガ。上記に同じ。

呼吸法。どんなに体が硬くても、これによって必ず瞑想の効果が出てきます。ただし、これらはすべて継続して行う必要があります。

ボイド瞑想。もし、あなたが非常に身体的に優れた人であっても、問題はありません。ボイド瞑想は効果があります。初めてやるときは、「何をやっているんだ」と疑問に思うかもしれません。これらの考えは、本質的には、よりリラックスした状態に入るためにマインドが自分自身に質問しているので、心配しなくていいです。ボイド瞑想を進めていくと、あなたの感度が上がっていきます。

太極拳や気功。これらは身体的な修行ではありませんが、「気」を感じるための最も簡単な方法の一つです。これらを上記のものと組み合わせることで、マインドが「気」について理解し始めます。

太陽からエネルギーを引き出す視覚化をすること:完璧ではないにしても、これは魂に光を与えるための非常にシンプルで確実な方法です。詳細は理解できないかもしれませんが、それは効果があります。古代の人々の多くが、毎朝の儀式として「太陽礼拝」のようなことを行っていたのはこのためです。

最後に、自分に自信が持てない人のために、これらの能力はすべての人間に存在しているという事実を知っておいてください。

数学でも何でもそうですが、これらから遠ざかれば遠ざかるほど、少し努力が必要になってきます。努力している人はみな、いずれそれが起きます。

最後になりましたが、人によっては、何を体験すればいいのか、それが霊的な感覚なのかどうか、正確にはわからないこともあります。これは、しばらくすると出てきます。例えば、呼吸法をやっていて、すごく長い時間やっていると高揚感があるのですが、それが霊的な効果なのかわからなかったり、これを単純なものとして捨ててしまったりします。これらは表面的なことです。

何ヶ月も毎日ハタを続けていると、身体的にも物質的にも循環がよくなってきます。これらのことは、魂が「覚醒」すればするほど、修練としての深みが増し、魂と肉体の感じ方も変わってきます。

マインドは、高次の存在が存在することをゆっくりと教えられなければなりません。これには時間がかかります。というのも、脳は物質的な身体を現存する身体としてのみ受け入れるように調整されているからです。

北欧には、人間(あるいは魂)が氷の塊(象徴的な状態としてのラグナロク)に閉じ込められていたという神話がありますが、この後に生き残って(新世界を誕生させて)いるのは、主にトールの雷です。これが生体電気であり、すべての古代宗教のテーマでもあります。

氷は、それが水であっても、静けさを表し、魂の中の水の要素が「固まる」ことを表しています。これは、暖かさとトールの電気、つまり生体電気によって「浄化」されます。やがて氷が溶けて、ここから出てくるのです。もちろん、出てきた後は、本当に、本当にかじかんだようになります。

これは、瞑想をしてもあまり感じられないという感覚についてです。とにかく瞑想を続けてボルテージを上げ、この「感じない」という状態を乗り越えなければなりません。

これを治すには、体の生体電気を徐々に上げていくこと、つまり上記のような方法があります。そうすれば、遅かれ早かれそうなります。だから、言っているのです。

-High Priest Hooded Cobra 666

Physical Meditation: How To "Feel" Meditation, For Those Who Don't
https://www.ancient-forums.com/viewtopic.php?f=24&t=59254
(原文)


フォーラム(HP HoodedCobra)に戻る

サイトマップに戻る


支配:かに座
4thハウスのナチュラル・ルーラー
月は包容力があり、湿っていて、多産(肥沃)で、変化していて、冷たい。
高揚の星座:おうし座
損害の星座:やぎ座
転落の星座:さそり座
色:銀、白
曜日:月曜日
金属:銀
宝石:パール、ムーンストーン
デーモン:Shiedbarshemoth Sharthathan
シンボル:生命の鏡
体の部位:乳房、子宮、胸郭、膵臓、肺、胃、消化器官
魂のエリア:第6チャクラ、イダ・ナディ、第3の目

疾患・健康:
体液の過不足、躁鬱病、月経トラブル、大腸炎、腸の病気。

職業:
調理師、料理職全般、ホテル・ホテル関係者、レストランで働く人、一般職全般、小児看護師、助産

月が支配するもの:。
公共、飲食物、水や液体、家事、女性、家族、幼少期、母親、家庭、感情、気持ち、本能、記憶、無意識、習慣、出産


© Copyright 2002, Joy of Satan Ministries;
Library of Congress Number: 12-16457

The Moon
https://www.joyofsatan.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/PlanetMoon.html
(原文)


アザゼルの占星術目次に戻る

サイトマップに戻る

太陽

太陽


支配:しし座
5thハウスのナチュラル・ルーラー
高揚の星座:おひつじ座
損害の星座:みずがめ座
転落の星座:てんびん座
色:オレンジ、イエロー、ゴールド
曜日:日曜日
金属:金
宝石:ルビー
デーモン:Sorath
シンボル:生命の源
体の部位:心臓、背骨、動脈、目
魂のエリア:太陽神経叢のチャクラ [666]

疾患・健康:
活力低下、疲労、心臓のあらゆる病気、動脈の病気、高血圧、低血圧、視力障害、黄疸、髄膜炎、背中と背骨のあらゆる問題。

職業:
俳優、演劇関係のすべての職業、権威のある立場の人[社長、監督、貴族、王、皇帝]、金を扱う人、裁判官、行政官、巨額のお金を預かる人、金貸し。

太陽は、自我、人格、自尊心、活力、指導力、健康、名声、名誉などを表します。

太陽は熱く、乾燥し、不毛です。

太陽が支配するもの:
父親、身近な男性、子供、健康、生命力、活力、貴金属、価値あるもの、金、権力者、富裕層、政府、意志、向上心、神、自己表現、自信。

*冥王星もまた、権力を持っている人を支配しています。


© Copyright 2002, 2012, Joy of Satan Ministries;
Library of Congress Number: 12-16457

The Sun
https://www.joyofsatan.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/PlanetSun.html
(原文)


アザゼルの占星術目次に戻る

サイトマップに戻る

高度な知識:魔女の安息日&太陰月の浄化の周期[更新]

高度な知識:魔女の安息日&太陰月の浄化の周期[更新]


投稿者 HP. Hoodedcobra666 » Thu Jun 03, 2021 9:46 pm

ここにいる皆さんは「魔女の安息日」についてよくご存知で、これは中世に魔女たちが呪文を唱えたり、その他の秘密の儀式を行うために用いられた日です。「魔女の安息日」は、何世紀にもわたって、魔女たちにとって非常に古典的な日です。

上記のような情報がネット上にあるにもかかわらず、いわゆる「安息日」を実際の霊的な応用に活用する方法を理解することができない混乱がありますが、この記事ではそれを明らかにしようとしています。

この日のエネルギーは土星[Satur-day](土星の日)に関連しており、このように扱うと、霊的な浄化を扱う日となります。

ここに注意。単なる "掃除 "ではなく、"浄化"。これは、毎日の家の掃除が、春の大掃除で行われる家の消毒と浄化にあたるものです。このことについて上級者は理解できるでしょうし、瞑想を深めていけば、誰もがその違いを理解するでしょう。

霊的な面では、女性の方が男性よりも意識が高いでしょう。というのも、このサイクルは、別のSSが教えてくれたように、女性は月経のバランスをとることですでに守られており、これは非常に正確です。実際、これは外部から反映されている時間の扱い方なのです。これらはすべて、月の位相とその効果的な利用方法に直接関係しており、すでに与えられている月の満ち欠けや満月などの知識と一緒です。

多くの人が誤って恐れている「土星」の他の謎を解明し、説明してきましたが、土星の日は、自分の中のネガティブな土星のエネルギーやネガティブなドロス(くずやカス)を本質的に消去することに対処するために最適な日です。

敵は、いわゆる「安息日」を奪い、「すべてのユダヤ人は安息日を守らなければならない」という声明を出しています。他のものと同様に、これは異教徒の文化から盗まれたものです。いわゆる「安息日」は、バビロニアアッシリアなど、ユダヤ教よりも何千年も前の異教徒の文化に存在していました。

あるSSの兄弟が、北欧ではこの日を「Bathing Day」と呼んでいると教えてくれました。その理由は、この記事で詳しく説明しますが、深く霊的なものです。

「Sabbatu」という言葉はバビロンから来ており、月と月の円盤に直接関連していますが、シュメール語で「中休み」を意味するSa-Batと関連しています。これはネットで簡単に検索できますので、詳しく読みたい方はどうぞ。しかし、ここでの意味は正確には「休息」という意味ではなく、次のような意味です。浄化のための瞑想をする日。

安息日の遵守は、サナータナ・ダルマやシヴァ神への崇拝にまで遡りますが、そのための日は、場合によっては修正の儀式、つまり霊的な浄化のために使われます。ユダヤ人は、「安息日の遵守」としてはもちろんのこと、文字通り「シヴァ」という名でこれを盗みました。

一般的に「浄化」の周期は、魂のクリーニングと関係しています。これは、毎週の「土曜日」や「安息日」に行う必要はありません。一年のうちのどの土曜日にでも始めることができます[できれば新月に近い土曜日がいいです]。これは新しいサイクルを始めるためです。

安息日」や土曜日は、来週仕事を始める前に、一日かけて集中的に魂を浄化するためのものです。[そのためには、毎年、満月の安息日が最適です。]

霊的な浄化は、パワーと魂の輝きに直結しています。東洋では、これは宝石を磨くことに例えられます。宝石はチャクラを象徴しています。

浄化というと、 オーラの浄化、チャクラの浄化、魂の汚れの除去などが主な内容です。これは、魂が正しく上昇するための唯一の方法であり、この方法によって、後に魂にシッディ(超能力、神通力)や高度な力を生み出すことができるのです。

活用したいレベルに応じて、より多くの時間とエネルギーを費やすことができます。そのためには、SuryaeやSowiloなどの太陽系マントラを使うと成功します。

これを応用したアイデアは次のようなものです。

1. 一般的な浄化を目的とした場合 [年間の任意の土曜日に1日]
2. 小規模な浄化を目的とした場合[7日間]
3. 小・中程度の浄化目的の場合[中程度のネガティブな惑星のトランジットなどの場合、14日間]
4. 中程度の惑星のトランジットの場合[21日、一般的にはこれで十分でしょう]
5. 中、高レベルの惑星のトランジットや、大きなネガティブな要素が蓄積されている場合 [28日または太陰月(新月から次の新月までの間、約29日12時間44分)]。

1日のワークの場合:金曜日の夜に開始し、土曜日の午後までに終了します。満月の日が最適です。

7日、14日、28日場合(月の周期に合わせて):
実際の土曜日の正午、あるいは午後、あるいは早朝に開始し、金曜日の夜、あるいは土曜日の午後に再び終了します。この周期を始めるのに最適な日は、新月です。

これを1日の範囲で活用する例:満月の土曜日は、その日の瞑想のほとんどを魂のクリーニングに当てます。そして次の日には、ヒーリングのワークを始めます。そうすることで、このワークの効果を高めることができます。

上記は、例えばネガティブなトランジットに対抗するための40日間のワークに代わるものではありません。上記は、浄化とクリーニングに焦点を当てるためだけのものです。(その目的のために、スケジュールに時間を追加して)一定の時間、浄化に集中するためのものです。そして、クリーニングとその効果を加速させるためのものです。

土星のトランジットが非常に悪いときに、この方法を使って自分を助ける例:
ネガティブなトランジットの最中に、自分が支配されているように感じている場合、次の土曜日に出発して、次の28日間、毎日集中して魂の洗浄を行います。そうすれば、普通にクリーニングをするよりも、トランジットの影響を軽減することができます。

7日間の周期で、上記をクリーニングに使用した例:
頑固なチャクラを7日間連続してクリーニングするために、ある土曜日から始めてまた土曜日に終了します。

大きく見通して、エネルギー的に自分をきれいにすることに大きな焦点を当てた一定の日数だけ、例えば年に1、2回で、ほとんどの場合は十分でしょう。28日の周期は、いくつかのハードコアな状況のためのものです。また、一太陰月は、主に神職が次の年のワークのために行っていました。

魔女の安息日を開始する正確な時間は、金曜日の日没時から土曜日の日没時までで、これが1つの完全な「安息日」となります。要するに、金曜日の夜(日没後)に始めて、土曜日の午後(日没後)に終わるということです。これは太陽暦ではなく、太陰暦での日付です。

この周期の中に隠された意味については、シュメールのエンキの物語でも紹介されています。「Shappatu」は水(魂)の浄化に関連しており、サイクルが完了した後、魂のエネルギーがより明確になり、霊的な進歩のための肥沃な状態になります。

これが40日周期とどう関係するかというと、上記の数字はクレンジングには有効ですが、統合が必要なワークには使えません。この2つの周期はお互いに排他的であり、同じではありません。

1,7,14,28日の周期は、以下に関連するワークにのみ有効です。魂の浄化、マインドのコントロールを得ること、小~中程度の精神的なブロックの解消、魂の修正を行う。それ以外の目的ではありません。実際、いわゆる「月」や「安息日」のサークルは、これらのことに非常に強力です。

その次の非常に重要な日は、7月24日の金曜日から土曜日の朝のみずがめ座の満月ですが、これはヨーロッパだけの話だと思います。ここから特異な一日が始まる可能性があります。

土曜日の次の日の新月は、今年(2021年)の7月10日で、ここから7日、14日、28日の浄化の周期が始まります。

これらはすべて、新年の次のSSカレンダーに掲載される予定です。

心配しなくても、誰もが簡単にアクセスできるように、そして誰もが楽に使えるように、これらのことを盛り込んでいきます。

最後に、40日の周期が中心であり、強力であり、これよりもはるかに重要であり、全体的であり、すべての目的であるということです。しかし、40日の周期に完全に集中できない場合、上記は非常に便利です。

HAIL SATAN!!!


Advanced Knowledge: Witches Sabbath & The Lunar Month Purification Circle [Updated]
https://www.ancient-forums.com/viewtopic.php?f=24&t=58191
(原文)


フォーラム(HP Hooded Cobra)に戻る

サイトマップに戻る

アストラルな感覚を開く

アストラルな感覚を開く


投稿者 Lydia » Sat Sep 22, 2018 1:40 pm

明日(日曜日)(2018年9月23日)はうお座上弦の月、そして秋分の日です。アストラルな感覚のための日々のワークを始めるには良い日です。

そのコツは、今から永久に毎日取り組むことです。もし1日休んでも、心配せずに次の日に2回やってみてください。エネルギーはまだあります。ただ、数日、数週間だけやってみて、あきらめるのはやめましょう。神々は、私たちの感覚をオープンにすることを望んでいます。直観力を高めることは、あなたの人生全体をあらゆる面で助けることになります。

まず第一に、ファイナルRTRは私たちにかかっている縛りや呪いを取り除きます。毎日やっていれば、文字通り頭がすっきりします。私たちは何世紀にもわたって呪われ、縛られてきました。このファイナルRTRは、アストラル感覚を完全に開くために必要です。

次はルーンです。Thaurが第6チャクラ、Dagazが第3チャクラです。自分が心地よいと思う回数を行い、準備ができたらゆっくりとステップアップしていきます。魂は機械ではありません。私たちはしばしば、何ヶ月も同じレップ数を維持する必要がありますが、突然、前進、ジャンプしてもっと多くのことをする必要があります。自分がどう感じるかに注意してください。

* 瞑想のセクションの更新に気づいていない方は、第6チャクラはYAUMになっています。

イナンナとイシスも同様に使うべきマントラで、どちらも同じ女神(アスタルテ、別名アスタルト)です。

松果体はアストラルの視覚と聴覚に必須であり、神々からのメッセージを私たちが理解できる言葉に変換します。GAUMは素晴らしいです。仰向けに寝て、その部分を感じてみてください。頭の真ん中、クラウンの下、少し降りた後ろの右あたりを感じてください。「G」の音は松果体を刺激します。

毎日、すべてのチャクラに働きかけることが大切です。下の3つのチャクラは魔法をかけるのに不可欠で、上の3つのチャクラをパワーアップさせてくれます。どのチャクラもおろそかにしてはいけません。

同様に、色。銀色とアファメーションを使うと、バイブレーションがなくても顕著な効果がありました(実験的に)。銀色は灰色に似ているので危険を冒したくない人はインディゴを使ってください。銀色はピカピカ、キラキラ、光っています。灰色はくすんだ色です。インディゴは、もちろん第6チャクラに働きかけるときに最適です。働きかけているチャクラの色の息を吸って、息を吐くときにバイブレーションをするのがいいでしょう。

f:id:josjp:20210610141515p:plainインディゴブルー

f:id:josjp:20210610141719p:plain藍色(比較として)

f:id:josjp:20210610141841p:plainネイビーブルー(比較として)

色について

振動と色を組み合わせて、最後にアファメーションを唱えるのが一番いいと思います。チャクラに働きかけ、銀色やインディゴを吸い込み、好きな振動を好きなだけ繰り返してから、「私にとってポジティブで健康的な方法で、私のアストラル感覚は完全に開き、活動し、発達しています」というようなことを述べます(これは基本的な一般的なアファメーションなので、自分の好きなように変えてください)。

第6、クラウン、第3の目、喉(サイキックな聴覚を司ります)、そして頭の中のマイナー・チャクラに必ず働きかけてください。マイナーなチャクラには光を当てるだけでも効果がありますが、他のSSはイナンナを振動させて頭の中のすべてのチャクラで感じることを勧めていました。朝はチャクラを鍛え、夜はイナンナの名前を振動させ、その後、銀色やインディゴのエネルギーを使い、アファメーションを行うなど、一日の中で分割して行うことができます。

アストラルの感覚を鍛えた後は、トランス状態に入ります。軽いトランス状態になったら、最低でも数分間はその状態を維持し、可能であればさらに深めてください。トランスの最後に1~2回、アファメーションを唱えることができます。また、ヨガの後のように1日を通して何度も唱えることもできます。

関連リンク
クレアオーディエンスのためのサイキックセンターを開く
クレアボイアンスのためのサイキックセンターを開く

----------------------------------------
関連記事
Meditation to empower the astral senses
アストラルの感覚を強化する瞑想
by VoiceofEnki
https://ancient-forums.com/viewtopic.php?f=3&t=800&hilit=Inanna

Q:リディアさんは、木星のスクエアを使ってアストラルの感覚を開くことについてはどう思いますか?

A:木星はクラウンと松果体、そして霊性を支配しているので、それも助けになります。

Q:つまり、第6チャクラにはYaum、第3の目にはDagaz、松果体には朝にGaum、夜にはInanaという感じでしょうか。あるいは、この組み合わせではDagazよりもThothの方が良いのでしょうか?

A:慌てて書いたので、いくつか見落としがありました。ThothとThaumは第3の目にも効きます。私はメインのチャクラの瞑想にはAUMを、チャクラへの追加の働きかけにはルーンを使っています。(自分に合ったものを選んでください。)

Q:私は、チャクラをイメージして瞑想するのが好きです。チャクラを刺激するにはさまざまな方法があると言われていますし、注意を向けたところにエネルギーが流れるとも言われていますよね。

だから私は、振動や手のムドラはしません。でも、エネルギーを吸収したり、明るくしたり、関連する色で渦を巻いたりはします。

振動や手のムドラを行うのがベストだということはわかっていますが、視覚化するだけでチャクラを開くことができると教えてください。また、それに対応するアファメーションも。

A(HailMotherLilith):いいえ、できません。オーラ・クリーニングや保護のオーラの構築を視覚化するだけではできないのと同じです。マントラアファメーションを使う必要があります。そうしないと、何かを構築する際にベースとなる確固たる姿勢がありません。

A(Lydia):正直なところ、私はクリーニングには視覚化しか使いませんが、15年以上もオーラやチャクラをクリーニングしてきたので、大量の蓄積物を除去してきました。以前は振動を使ったクリーニングもよく行っていましたが、このところは視覚化だけを行っていて、とてもきれいになりました。私の視覚化は非常に優れていて、実際にやってみると太陽のように明るく、肉体的な目はその明るさに目を細めそうになります。視覚化だけではなく、エネルギーの方向性も重要ですね。

チャクラなどに働きかけるために振動を行わなければ、最低限の効果しか得られず、それ以上の進歩はありません。そして、実際に開くのではなく、封印を開くのです。振動は必須です。喉に問題はありませんか?

振動をするときは、ベッドやソファでくつろいだ状態にして、後ろに枕を置いているので、必ずしも椅子に座る必要はありません。振動は、先ほど言ったクリーニングには使わず、チャクラに働きかけるために使っています。

人に聞かれたくないという気持ちはわかりますが(なぜ音の問題ではなく、喉の問題を考えたのかはわかりませんw)、振動はかなり静かに行うことができるけれども、開いている窓のすぐそばではないことを確認してください。

Q:リディア、クリーニングについてですが、チャクラにMUNKAを使って、ネガティブなカルマのエネルギーをクリーニングすることは可能で、効果的ですか?今日、私の第6チャクラで試してみましたが、効果がありそうです。私はそれが結果をもたらすことを確認するために尋ねます(私の時間を無駄にしたくありませんw)そして、それはワークとしてカウントされますか?(私は最近、Ansuzと一緒にすべてのチャクラを使ってこれを行いましたが、良い結果が得られました。) そして、Magesonのコメントで、MUNKAがカルマを破壊するというのを読んで、MUNKAもやってみようかと思っています。)

A:ワークとしてカウントされるかどうかですが、エネルギーが希釈されずに他のワークができるかどうかという意味であれば、問題ないでしょう。しかし、40日間やるべきという意味であれば、これもイエスです。9日や18日でも効果はあるはずです。私はマキシンが書いた、RTRのクリーニングは9日後に永久的な結果が得られるという記事を読んでそう思いました。

Q:マントラとムドラは、八つの道の8つのステップのうちの2つです。どれも厳密には必要ではありませんが、たくさんやればやるほど上達が早くなります。ですから、マントラは必須だがムドラは不要であるとか、視覚化だけでは効果がないといった都市伝説はやめましょう。すべては、パズルの異なるピースなのですから。

A:同意です、私もできるだけ組み合わせています。それぞれのチャクラに働きかけるときには、そのチャクラに合った呼吸法、ムドラ、チャクラの色を使った呼吸法、そしてマントラを行います。加えて、視覚化も行いますが、色の呼吸、色がチャクラに入っていく様子、チャクラが強くてパワフルであることをイメージするのは当然のことなので、言及しませんでした。


Opening Astral Senses
https://www.ancient-forums.com/viewtopic.php?f=3&t=12643
(原文)

フォーラム・サタニズム全般に戻る

サイトマップに戻る