上級思考形態/奉仕者

上級思考形態/奉仕者


・エレメンタルは、目的に関連して形を与える必要があります。これをボールから形作ることができます。

奉仕者に名前をつけます。この名前は、声に出したり、心の中で言ったりするだけで、すぐに召喚されるので、ユニークで珍しいものにします。もちろん、他の人がありふれた名前で呼んで、それが来ることをあなたは望まないでしょう!

・あなたは、奉仕者にどのようなミッションを実行させたいかをプログラムする必要があります。これは権威と強い意志、そして願望を持って行わなければなりません。このためには、ソーラーチャクラとハートチャクラが強くなければなりません。

・上級奉仕者とのワークでは、奉仕者がミッションを完了するまでの期間を明確にしなければなりません。それは継続的なものなのか、それとも一定の期間に限定されたものなのか。

手順は以下の通りです:

1. 中程度のトランス状態に入り、太陽のような、さんさんと輝くホワイトゴールドの光に包まれた自分自身をイメージします。白がすべての目的に合いますが、色を使っても構いません。

2. この光を使って光のボールを作ります。直径が約10~15インチ(約25~37センチ)になるまで、光をどんどんボールに詰め込んでいきます。太陽のような輝きを放つボールにします。ボールが明るければ明るいほど、よりパワフルになります。

3. 次に、あなたが望むことを何でも奉仕者にプログラムしてください。ハートチャクラと太陽チャクラで強く願い、それを強く感じながらアファメーションをしてください。アファメーションは短いフレーズで、要点をストレートに言い、現在形で何度か繰り返します。

4. 自分の思考形態に名前をつけ、この名前を何度か言って、思考形態に名前をプログラミングします。

5. 息を吸って、力強く吹き出し、ボールを送り出します。

(6はなし)

7. 奉仕者が働いていることは忘れてください。その仕事をさせます。

奉仕者は時間も空間も知りません。外部のエネルギーを使うことは、黒魔術や、思考形態から完全に切り離さなければならないワークでは、重要です。これは、単純な思考形態で自分自身を通してエネルギーを実行するのとは対照的です。

奉仕者に「餌を与えること」は、パワーを維持するためだけでなく、ミッションをプログラムし続けておくためにも重要です。そうすれば、忠実なしもべであり続けることができ、破壊する必要がなくなります。何世紀にもわたって、魔女たちは奉仕者を維持してきました。これは、奉仕者を与えられた名前で呼び、より多くの光のエネルギーを吹き込み、そのミッションを再確認したり、別のミッションをプログラムしたりして、再び送り出すか、休ませることで達成されます[以下参照]。

**人形、ドールハウスのような特別な「家」、骨つぼ、さらには大きな額縁に入った壁の写真や絵画など、奉仕者が休眠しているとき、どんな物理的な物体でも占有することができます。この物体は奉仕者だけが使用するもので、決して他のものに使用してはいけません。

奉仕者は、ある程度の知性と意識を持った小さな魂です。奉仕者は特定のミッションを遂行することができ、当然ながら忠実で従順な奉仕者になることができます。さらに、奉仕者は将来の人生で再登場し、さらなる奉仕を提供することができます。多くの奉仕者は、何度も生まれ変わっても創造主のもとにとどまります。

奉仕者の助けを借りて、他人の心に影響を与えたり、他人の精神的・知的能力を強めたり弱めたり、自分や他人をネガティブな影響から守ったり、他人との間に対立や反感を引き起こしたり、平和な関係に影響を与えたりすることができます。人との関わりの中で好ましい雰囲気を作り出したり、十分に強ければ相手を自分の影響下に置くこともできます。ビジネスマンは顧客の数を増やすことができますし、サービスマンは様々な面でその人の役に立つことができます。(注1)

参照:
注1 Initiation into Hermetics by Franz Bardon
(フランツ・バルドンによる「ヘルメス学への入門」)


Advanced Thoughtforms/Servitors
https://www.joyofsatan.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/Advanced_Thoughtforms.html
(原文)

ウィッチクラフト目次に戻る

サイトマップ