火のエレメンタルな思考形態を作る

火のエレメンタルな思考形態を作る


これは明らかに危険です。あなたは火のエレメントをコントロールし、保持することに長けている必要があります。コントロールを失うと、このエンティティは何でも無作為に燃やしてしまうので、おもちゃにしてはいけません。
これを行う前に、必ず「上級思考形態/奉仕者」のページを読んでください。また、火を扱う前に、基本的な上級思考形態の作成と制御に精通している必要があります。

1. トランス状態に入り、自分が火の中にいることをイメージします。熱さを感じ、ヒューヒューという音や炎が鳴る音を聞き、燃えている様子を感じます。

2. さて、その火を目の前の球体に集めて凝縮する作業を始めます。すべての方向から火のエレメントをあなたの前の球体に引き込みます。これは、息を吐きながら火を球体に入れることで行います。あなたが球体に向ける火のエレメントが多ければ多いほど、球体はより密で、物質的で、熱くなります。これを行っている間、熱を感じるはずです。火を圧縮して凝縮すればするほど、熱は大きくなっていきます。文字通り、火の中にいるような感覚を味わえるはずです。また、火のボールを好きな形にすることもできます。その形は、あなたがやろうとしている仕事に対応するものでなければなりません。

3. 今度は、あなたが望むことを火のボールにプログラムします。強く望み、その望みを深く感じながら、アファメーションを唱えます。アファメーションは、短いフレーズを繰り返し、要点を的確に伝えることが大切です。

4. 他の焼夷的なものと同じように、火の形をしたものは、それが作り出す大きな火とともに燃えます。あなたは、エレメンタルが作り出した火でそれに分解するように命令し、ミッションを終了させなければなりません。

5. 自分の思考形態に名前をつけ、その名前を何度か言います。

6. 息を吸ってから力強く吹き出し、ボールを送り出します。

7. 思考形態やワークのことは忘れてください。それにその仕事をさせます。

火の思考形態の用途は、明らかに何かを燃え上がらせることです。火の魔法を使うときには、エネルギーが向けられたり、実体がその仕事をしているときに、人は暖かいオーラで光ったり、熱を感じたりすることがわかりました。黒魔術を使うときは、火のボールを敵の体に向けることができます。
これらの方法は、1920年代から1930年代のドイツのサタニックロッジ(アドルフ・ヒトラーが所属)で使われていたものであり、精神的な生贄として敵を排除するために使われました。犠牲者が火の扱いに慣れていないと、文字通り血が沸騰します。自然死という形で、最終的には心臓発作を起こすことが多いです。


Copyright 2005, Joy of Satan Ministries;
Library of Congress Number: 12-16457

https://www.joyofsatan.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/Fire_Form.html
(原文)

ウィッチクラフト目次に戻る

サイトマップ