JoS日本語翻訳図書室

Joy of Satan(JoS)に関連する文章の翻訳記事

ダイモン

ダイモン


(訳者注:Demon=デーモン、Daemon=ダイモンとして訳しています。)

宗教を装った敵のプログラムによって、多くのことが歪められ、捻じ曲げられ、変質させられてきました。 キリスト教の到来により、異教徒の神々はモンスターとして冒涜されました。

デーモンという言葉の本来の意味は、古代ギリシャ語から出ていて、後に敵のプログラムによって完全に曲解され、「邪悪」という意味になりました。デーモンは、神または女神、「運命、人の運命」、自分自身のデーモン(魂)、人生における自分の運命、与えられた運命」という意味です。[1] すべての古代の哲学者、特にギリシアの哲学者は、デーモンと関係を持っていて、デーモンは彼らに霊的な知識を与えました。彼らの著作は曲解され、誤訳され、そしてなによりも破壊されました。キリスト教が成立すると、デーモンは邪悪であるという嘘が目立つようになりました。

デーモンとは、古代ギリシャ語で「知識のある者」「神・神々」を意味し、さらに「人間の魂」を表す言葉でもあります。「神性」であるものすべてを指す、最も神聖な言葉だったのです。なぜなら、霊的な発達によって、すべての男女が「デーモン」になることができるからです。私たちは「知る」能力を与えられ、内なる力と神性を外に出して、神聖な存在となることができるのです。

また、「デーモン」という言葉は、運命や人間の魂と密接な関係があります。このため、古代の哲学書では、エフェソスのヘラクレイトスの「各人の運命はその人のデーモン(神性)である」という忌まわしい著述のような用語が使われています。人間の魂は、神々のエッセンスを含んでいるため、「デーモン的」と呼ばれます。瞑想は、この本質を表面化させます。

それを達成する方法は、瞑想です。デーモンは、私たちがこの最終目標を達成できるように、人間を援助し、手助けする役割を果たします。

敵の「天使」という言葉も、古代ギリシャ語が盗用され、曲解されたものです。天使の語源は「アンゲロス」で、単に「使者」を意味しています。メッセンジャーは劣った言葉で、デーモンや神々と同等に使われることは決してないでしょう。「メッセンジャー」とは、情報を伝達する仲介的なスピリットのことであり、それ以外の何ものでもありません。また、ユダヤ人が作り出した嘘のために、多くの人々がデーモンを誤って恐れています。これは、偽情報による個人の無知が原因です。

「デモニオ」という蔑称は、「デーモン的」と呼ぶに等しく、何か印象的なことや才能がある人につけられたものです。印象的な可能性を秘めた人に対する称号として使われました。

Joy of Satanのデーモンのセクションでは、さまざまなランクと権限を持つデーモンが存在します。トップの四人の戴冠の王のような最高位のデーモンは、最も重要であり、最高の力を持っているので、一般的に神と呼ばれていました。その力は想像を絶します。彼らは、人類を助けるために彼らのために働く他のデーモンの軍隊を何百と持っています。

父サタンのような最高峰の存在もいれば、人間とは比較にならないほど高度な技術を持っている人もいます。しかし、彼らはまだ最高の神々のレベルには達していません。その一例がアスモデウスです。アスモデウスは非常に強力です。人間とは比べものにならないほどのパワーで、人間を凌駕しています。しかし、彼らも神々のレベルには達しておらず、この最高のレベルに向かって前進しています。もう一人はウァレフォルで、彼の神格化は古代の英雄ヴァレフォンティスの下でも古代史に記録されています。

古代ギリシャ神話には、英雄となった人間や半神、あるいは単にデーモンとなった人間が数多く登場します。ヘラクレスもその一人で、神話になって、世界的に知られています。アスクレピオスは、神格化された人間としてよく知られており、アポロニウスなどと並んで、マグナム・オーパスの知識によって不死身になった過去の人間の事例です。

エジプト最大のファラオであるラムセス2世の姿は、半神やデーモンでもなく、神として崇拝されたケースです。彼の権力は広範囲に及び、彼が地上に転生するたびに、人類の歴史の流れが一変しました。そのほとんどは、人類の「黄金時代」に近い過去に及んでいます。

これらの人物については、「デーモン」のセクションで詳しく説明します。私たちが知っているこれらの少数の有名な人物は、それぞれのガーディアン・デーモンの下に置かれます。このようなケースは少ないですが、彼らがどれだけ人類を助け、当時の人々を進歩させたかによって、ほぼ神として崇拝されるようになりました。

古代の神秘主義者であり哲学者であったヘシオドスは、デーモンの真実を鮮やかに描き出しています。そして、黄金時代にいた多くの存在が、現在の人類の祖先であるだけでなく、もちろん、後世では神として崇拝されていたことを率直に語っています。神々は初めから私たちのことを気にかけてくれていました。

ヘシオドス[2]によれば、彼はその時代において世界最大の霊的権威の一人でした。黄金時代の存在たちの多くは、私たちが霊的に達成できることを、この時代の人間も達成できるようにするための神であり、ガイドです。これらのデーモンの多くは、現在、人類を助ける役割を担っています。サタンに献身し、魂を覚醒させた人は皆、ガーディアン・デーモンを受け取ることになります。ガーディアン・デーモンは、その人を保護し、進化させるために、その人物の担当となります。

高位の神々のほとんどは、これらのデーモンよりもさらに上位に位置し、ますます多くの力を持っています。彼らは皆、家族のように一緒に働いています。

Joy of Satanのデーモンのセクションにあるすべてのデーモンは、人間に友好的で、人類と一緒に働きたいと考えており、父サタンを通して適切にアプローチすれば、彼らと一緒に働きたい人々に対して友好的かつ積極的に対応します。彼らは人類の「オリジナルの神々」なのです。 そのうちのごく少数の人々は、何万年も前にかつて人間だったため、人類が霊的に進歩するためにどのような助けを必要としているかを理解しています。

それに対して、「デーモンは邪悪である」というユダヤ人の話は、ユダヤ人の伝承やそこから生まれたキリスト教イスラム教のすべてに現れている信念で、何世紀にもわたってデーモンを冒涜し、攻撃する文化を築き、全世界に対してデーモンを中傷してきました。

このでっち上げられた嘘は、これらの邪悪な存在が人類を霊的に進歩させず、祖先や賢者たちから切り離し、奴隷にしようとして行われました。霊的な知識がなければ、人類は奴隷にされ、動物に過ぎない存在になりかねません。極悪非道な権力者たちはこのことを知っていて、この知識をすべて変質させましたが、Joy of Satanは今これを復活させました。

霊的サタニズムの道の最終的なゴールは、「偉大な仕事」を意味する「マグナム・オーパス」を達成することであり、霊的知識の哲学的応用のゴールです。これは、魂を「黄金」に変えることを意味し、魂を神性に創造し直すことです。

____________________

[1] Stamatakos Joannes「Dictionary Of Ancient Greek Language(古代ギリシャ語の辞書)」241ページ
[2] ヘシオドスは、黄金時代の人々が「デーモン」になったと公然と主張しています。ヘシオドス 「Works And Days」Hugh G. Evelyn-White訳:

「(2章、109-120節)まず、オリンポスに住む死なない神々が、天に君臨していたクロノスの時代に生きていた人間の黄金種族を作った。彼らは神々のように心を痛めることなく、労苦や悲しみから遠く離れて暮らしていた。惨めな老いは彼らの上になく、足や腕が衰えることなく、あらゆる悪の手を越えて宴会で陽気に過ごしていた。彼らが死ぬと、まるで眠りに打ち勝ったかのように、すべての良いものを手に入れた。実り豊かな大地は、強制されることなく、彼らに豊かな実りを与えた。彼らは多くの良いものを持ちながら、その土地に安住し、群れをなして豊かに暮らし、祝福された神々に愛された。

(2章、121-139節) しかし、大地がこの世代を覆った後、彼らは大地に住む純粋な霊と呼ばれ、親切に、害から救い、人間の保護者であり、大地をくまなく歩き回り、霧に包まれて審判と残酷な行為を見張り、富を与え、この王権も彼らが受けとったものです。」

より多くの啓発的な引用

ダイモン:「ギリシャ神話において、人間と神々の間の中間的なスピリット。ソクラテスを導いたデーモンのように、人間の顧問や守護者の役割を果たす。」

ブリタニカ百科事典(1973年版)の別の定義:
「超自然的な力」を意味するギリシャ語の総称。ヘシオドスの時代には、黄金時代の死者がダイモンとなり、その後の哲学的思索では、ダイモンは神々よりも低く、人間よりも優れていると考えられていた。そのため、キリスト教徒は異教の神々の行動をダイモンに帰し、堕天使として認識した。

このカトリック百科事典からの抜粋引用は非常に明快です。
ギリシャ人やローマ人が自分たちの神々を崇拝したのと同じように、彼らが善良であると好意的に信じていただろう。しかし、キリスト教の聖書は、異邦人の神々はすべてデーモンであると宣言している。」

上記のブリタニカ百科事典からの引用は、デーモンは神々より下位の存在であると主張しています。これは、霊的にも肉体的にも不死となり、「超能力」と呼ばれるものを持つ人間のハイブリッド(半神)であるという点では、部分的に正しいものです。ゴエティアのデーモンは、すべて異教徒のオリジナルの神々です。アスモデウスのようなデミ・ゴッドもいます。

© Copyright 2018, 2021 Joy of Satan Ministries;

Daemon
https://satanisgod.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/Daemon.html
(原文)

デーモン、冥府の神々に戻る

サイトマップに戻る