クインテッセンスを呼び出す

アカシャ/クインテッセンス/エーテルを呼び出す

私は、クインテッセンス(アカシャ/エーテル)がエネルギーと魂の力を増幅させる媒体として作用することを発見しました。エーテルはまた、人に気づかれないように「透明性」を与えるとも言われています。もしあなたがこれを試してみるなら、思考がエネルギーを発するので、何も考えないボイドと一緒に行うことも非常に重要です。もちろん、これは物理的に見えないという意味ではなく、よく訓練された忍者のように、気づかれないようにするという意味です。

訳者注:クインテッセンス(真髄・精髄)(日本語版ウィキペディア
ラテン語で「第5の元素」を意味する。古代ギリシアでの思想における、四大元素「空気・火・水・土」に続く宇宙に流れるエネルギーの一つ。英語ではエーテルと呼ばれる。
宇宙論において、基本相互作用で知られる4つの力(電磁気力、重力、強い力、弱い力)以外の力の起源として考えられている仮説上のエネルギー。宇宙の加速膨張の説明として提案されている。

1. 無限の空間の中心にいる自分を視覚化して感じてください。これはまるで浮いているような感覚になるでしょう。上も下も横もありません。クインテッセンスは紫外線で、ブラックライトとして知られているものと非常によく似ています。1970年代のブラックライトやポスターの蛍光色をどのように照らしていたかををご存知の方は、非常にパワフルなので、視覚化すべきカラーです。ブラックライトは紫外線です。よく知らない場合は、検索エンジンに「ブラックライト」と入力してください。ブラックライトの「画像」、ブラックライトの電球もご覧ください。このエネルギーは、光の非可視スペクトルの第一段階です。魂は光の可視スペクトルと非可視スペクトルの両方で構成されています。

2. アカシャ/エーテルを吸い込み、エネルギー呼吸と同じように、完全に紫外線エネルギーに囲まれた自分を視覚化します。そして、11回の呼吸の間、あなたの全体をそれで満たします。
このエネルギーを「感じ」、あなたのマインドとアストラルの感覚をそれに集中させてください。

3. このエネルギーを呼び出すことで得られる感覚を10~15分ほど瞑想してみましょう。

「そのエレメントがアカシャ原理に由来することは理論の部分で述べられています。それによって、それらが支配され、正しいバランスに保たれています。 長い時間をかけてエクササイズを行った後に、エレメントで良い結果を出した魔法使いは、アストラルエーテルという最高級の原理をコントロールすることもできるようになります。」

「アカシャが第一の源であり、すべての原因の領域であると、私たちは聞いています。いかなる計画的な原因、願望、思考、想像力など、ダイナミックな確信と一緒にこの領域で作成されたものは、実現が必然的に実行されなければならないレベルや領域に関係なく、エレメントの助けを借りて実現されるように結び付けられています。これは、最大の魔法のミステリーの一つです。
魔法使いにとっての普遍的な鍵であり、その範囲を理解するのは、発展の過程で後になってからです。」
-Franz Bardon "Initiation into Hermetics" © 1956

エーテル(古典的なエレメント)
フリー百科事典『ウィキペディア』より
(クインテッセンス(錬金術)からの書き換え)

エーテルは、古代ギリシャ哲学と科学における第五の古典的エレメントである。このギリシャの概念は、ヒンドゥー教のアカシャから直接派生したものと思われる。ギリシャの教義では、エーテルは天の火であり、神々が住み、神々が呼吸する純粋な本質であったと考えられている。これに関連して、エーテルは太陽のような放射熱で、何もない空間で伝搬することができるようである。ギリシャ語の "aither "はインド・ヨーロッパ語のaith-(「燃やす、輝く」)に由来している。この根源はアイティオピア(エチオピア)の名に登場し、「焼けた土地」のようなものを意味する。」

エーテルはかつて、空間のすべてを満たす物質であると考えられていた。アリストテレスは、自然が真空を嫌ったことから、第五の要素(クインテッセンス)としてこれを取り入れた。」

オリバー・ニコルソンは、よりよく知られている19世紀の発光性エーテルとは対照的に、古典的なエーテルの古い概念は3つの特性を持っていたと指摘している。これらの特徴の中で、古典的なエーテルは非物質的な性質を持ち、「可視光の乗り物以下」であり、全身の発達を促すとともに「金属を発生させる」役割を担っていた。

[1]ロバート・フラッドエーテルは、「光よりも繊細である」という性質を持っていると述べた。 フラッドは3世紀のプロティヌスの見解を引用している。「エーテルは浸透性で非物質的である。」

[2]ジェームズ・クラーク・マクスウェル、ロードケルビンニコラ・テスラなどの他の1800年代の見解は、エーテルはそれが実際に電磁場であることにもっと似ているという性質のものであった。
現代物理学では、暗黒エネルギーは古典的なエーテルに似ていることから、クインテッセンスと呼ばれることがある。


https://www.joyofsatan.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/Invoking_Quintessence.html
(原文)


パワー瞑想・上級者に戻る

サイトマップ