サタニック・メディテーション

サタニック・メディテーション(サタニックな瞑想)


霊的に自分を高め、魂を向上させることが、サタニズムの基礎であり目的です。霊的なエネルギーが流れるためには、人は自由でなければなりません。ハタヨガでは、一連のストレッチで体をほぐし、背骨に柔軟性を持たせることで、サタンの蛇が上昇できるようにします。鍵は、自由であることです。

瞑想プログラムを始めると、霊的なエネルギーが流れ始めます。これは、チャクラや魂の144,000本のナディから、過去のわだかまりや傷ついた経験、心理的な問題などを取り除くためのものです。これらの問題は、多くの過去世に及ぶことがあります。記憶や人生の経験(これには過去の人生も含まれます)はチャクラに保存されており、それぞれの経験や出来事は、それを支配する対応するチャクラに存在します。

先日の説教でもお伝えしましたが、蛇の霊的なエネルギーがベースを出て最初に上昇するチャクラは、性のチャクラ、別名第2チャクラ、仙骨のチャクラです。制限、こだわり、罪悪感、そして性に対する全体的に否定的な態度を作り出すことで、霊的エネルギーがベースチャクラに留まり、循環しないようにして、被害者を束縛します。

瞑想は、怒り、異常な感情、情動、ビジョン、経験、感情的・心理的な問題、こだわりなどを直接意識に取り込み、それらを認識して対処することができます。それは浄化です。自分を抑圧したり非難したりすることなく、自分自身を受け入れ、物事に対する自分の感情、思考、態度を認めなければなりません。精神的に解放され、自由になるのです。何かを抑えようとすればするほど、それが何であれ、精神的に苦しめようとする作用が働き、最終的には噴出してしまうのです。

何度も書いていますが、ヨガを上達させ、クンダリーニエクササイズの大きな恩恵を受けるために、特別な食事や生活様式、ライフスタイルは必要ありません。必要なのは、自分自身であり、自分自身を受け入れることです。性的なオーガズムは、霊的に前進し、蛇を上げるために不可欠です。
「私は本を持たずにまっすぐな道に導く」-サタン・ザ・アル・ジルワ

最近、多くの人がキリスト教から離れて直接サタンのもとに来ています。騙されていたことに気付いたからです。これは、多くの面でかなりのショックを与えています。私は無神論者だったので、15年のブランクがありましたが、サタニズムに至りました。無神論者になってからは、キリスト教で育った私に課せられたいくつかのしがらみを取り除くことができました。しがらみがなくなれば、心が自由になります。自分の頭で考えることができます。他人が見せようとする方法ではなく、自分の目で物事を見ることができます。これは、悟りと霊的解放の一部です。サタンは、人類の解放者です。

キリスト教から離れて直接サタンに来る新しい人たちは、キリスト教の原則をサタンに適用することはできません。多くの人が洗脳され、プログラムされてきた考え方以外で考え、理解できるようにならなければなりません。特に、これまで「正しい」「間違っている」と教えられてきたことについてはそうです。上の引用文のように、サタンは本を持たずに人をまっすぐな道に導きます。これは、魂を癒し、内面から人を鍛えることです。あなたの高次の心は、何が「正しい」ことで、あなたにとって良いことなのかを知っています。キリスト教イスラム教、その関連の汚れたプログラムのために、人類全体が高次の心から切り離されてしまったのです。

サタンの蛇が私たちの中から流れ始めると、私たちの魂は対立するのではなく、私たちの人生をより良くするために調和して働き始めます。サタニズムを本当に理解するためには、人は自由でなければなりません。心が自由で、精神が自由で、これまで教え込まれてきた考え方や信じ方に縛られてはいけません。私たちが肉体的にも霊的にも自由であればあるほど、蛇のようなエネルギーが流れ、私たちを啓発し、さらに力を与えることができます。


HPS Maxineによるサタンの説教に戻る

サイトマップに戻る