JoS日本語翻訳図書室

Joy of Satan(JoS)に関連する文章の翻訳記事

イラクのイェジディのデビル崇拝者たち

イラクのイェジディのデビル崇拝者たち

f:id:josjp:20210310210335g:plain

f:id:josjp:20210310210353g:plain

(画像は塔「ジアラ」)

イラクのイェジディのデビル崇拝者については、多くの矛盾した記事があります。イェジディ人はもともとイラク南部から来て、ラリッシュ山に北上してきました。紀元前612年にニネベが陥落した後、避難場所を求めたアッシリア人の子孫だと考えられています。(注1)

エリドゥは別名「エンキドゥ」とも呼ばれ、イラク南部にあった古代都市です。これは父サタン(エンキ)の都市でした。埋もれた古代都市の上にあるバテン・エル・グールの谷は「悪魔の穴」と「野獣の腹」として知られています。ヨルダン人や他の多くの人々は、そこは呪われていると考えています。デーモンたちがそこで一夜を過ごした多くの人、主にビバーク[キャンプ]中の兵士たちに見られています。そこに長くいた人たちは、そこには強力なエネルギーがあると主張していますが、ユダヤ教/キリスト教/イスラム教のプログラムの信者たちは、それを「悪」と呼んでいます。

そこで一夜を過ごした人々は、その地域全体が「青みがかった灰色の奇妙な光に包まれている」と主張しています。「魔物」も見られています。[上記の情報はデイビッド・ムーアハウス著『サイキック・ウォリアー』からの引用です]。著者は米陸軍の兵士で、その谷間で小隊とキャンプ中に迫撃砲弾で頭を撃たれ、事件前には経験したことのない心霊現象や能力を体験するようになりました。やがて彼は米陸軍心霊戦部に配属されました。

イラクには多くの古代の人工物とサタンの証拠があります。ラレシュ山は古代アッシリアの都市ニネベの近くにあり、300マイルに沿ってジアラがあります。ラレシュ山にある中央の塔を中心とした「サタンの七つの塔」です。7つの塔またはパワーハウス、高く白い円錐形の構造物で、そのピンナクルから明るい光線が点滅しています。(注2)

「...7つの塔 - サタンの塔(ジアラ) - 6つの塔は台形の形をしており、1つはラレシュ山の「中心」であり、鋭く尖った点のような形をしている。」
「アントン・ラヴェイのサタンの儀式」

上記の抜粋もまた寓話です。センターが奇数なので、ハートのチャクラです。 それは力を持っています。しかし、魂の最強のチャクラ、太陽の「666」チャクラの力ではありません。ハートのチャクラの力は最小です。だからこそ、敵は常に主流の本でそれをほめちぎっていて、ニューエイジ(日本でいうスピリチュアル)の教義の中で、容易に入手できるようになっています。

各タワーの上部には、鮮やかな通信用太陽光反射板が取り付けられています。そして、サタニック/イェジディの神父が世界の出来事に影響を与えるために彼の意志を送信することができる場所からパワーハウスとして機能するように意図されていました。

イェジディ人はしばしば、部外者に自分たちの宗教を明かすことを許されない秘密主義者だと言われてきました。彼らは自分たちの本当の信仰を隠しています。現代のイェジディズムは、外部からの干渉のために、昔のやり方から多少変化しています。イェジディ人は厳しく迫害されており、部外者を非常に疑っています。彼らの教義がキリスト教の信念に適合するように変更されたのは明らかです、『クレット・アル・イェジッド』のように。サタンは自分が神であると書き取らせていますが、他の場所では「大天使」と書いています。

サタンは12世紀に直接、イェジディの預言者シェイク・アディに『アル・ジルワ』を口述させました。『アル・ジルワ』はサタニズムの中で最も重要な教義です。すべてのサタニストはその教えに精通していなければなりません。私はサタンに『アル・ジルワ』が彼から来たものかどうか尋ね、彼はそれを確証しました。しかし、イスラム教徒はイェジディの教義の一部を変更したと述べています。

イェジディ人は、主にキリスト教イスラム教の宗教の者たちによる、大量殺人と大量虐殺の犠牲者です。西暦1415年には、イスラム教徒はシェイク・アディの墓を冒涜し、燃やしました。彼の墓を略奪して、骨を取り除き、イェジディ人の前で燃やしました。「イェジディの人々の一部を捕虜にして奴隷にし、他の人々を殺害した。バドル・アル=ディンは、さらに宗派のメンバー200人の処刑を命じた。そしてシェイク・アディの骨を発掘して燃やした。」(注3)

1892年、ファリク「オマール・パサ」は数人のイェジディの長をモスルに招待しました。彼の目的は20年分の裏金を徴収し、イスラム教に改宗させることでした。その会議には数人のキリスト教徒が出席していました。彼は彼らに言い始めました。「もし彼らがデビル崇拝をやめれば、高い地位と地位を与えられ、偉大なアッラーを喜ばせることができるだろう」と。彼らが答えるのを拒否すると、ファリクは彼らを牢屋に放り込み、彼らの村に侵攻し、「彼らのうち約500人を殺害した」。(注4)

イェジディ人のほとんどは文盲で、彼らが持っているわずかな教義は、口伝えで世代から世代へと受け継がれています。迫害を避けるために、 イェジディの人々は、自分たちの信念と教義に関して外部の人間を意図的に欺いてきました。これが、彼らの信仰について多くの矛盾した説明がある理由です。イェジディ人は聖典をほとんど持っていません。『アル・ジルワ』の中で、サタンは次のように述べています。「私は本なしでまっすぐな道に導く」と。「Melek Ta"usは、第一に口伝、第二にこの本『ジルワ』で教えた。」(注5)

イェジディの人々は「シャイターン」という名前を口にすることを禁じられています。彼らはサタンを「Melek Ta "us」と呼んでいます。メレクとは「王」を意味します。彼はその美しさと誇りから「孔雀の天使」として知られています。彼は「誇り高き者」であり、「地球の支配者」でもあります。闇の神ではなく光の神であり、世界の運命に関わっています。(注4)イェジディ人は、孔雀と蛇の両方でサタンを表しています。「孔雀は崇拝する神の美しさを表し、蛇はその美しさと賢さを兼ね備えていることから、その知恵を表している。」 彼らの聖遺物は孔雀の像である銅製のサンジャクです。(注6)

イェジディ人は祭りで笛やタンバリンを演奏して踊ります。それは、「あらゆる過剰な酒色にふけることと欲望につながる崇拝であった」。(注7)

「ジャルワとレシュはイェジディ人の正真正銘の聖典である。イェジディ人は、自分たちの聖典の多くのコピーを失ったことを認めるだけでなく、シャイフ・ヘイダーがレシュの書を記録したことも認めている。後者については、レシュの経典が記憶に基づいて書き留められたことは間違いない。」
イェジディ人は、「サタン」という名前やその属性に言及することを避け、何世紀にもわたって自らを隔離してきました。彼らの本は謎です。また、青はサタンの神聖な色であるため、彼らは青の服を着ることを禁じられています。(注8)

イェジディ人は、サタンには「アンカール」という名前を、ゾロアスター教のアーリマンには「アンガル・マンユ」という名前を使うことがあります。(注9)イェジディ人がシャイフ・ハサン・アル・バスリが書いたと信じているミシャフ[聖典]レシュ[黒]は、サタンの文字が書かれていることから「黒」と呼ばれています。サイズは28×21cmで、革製のカバーが付いています。イェジディ人はまた黒魔術に長けているとも言われています。(注10)

------------------------------

参考文献

1 「イェジディ人、その生活と信仰」Sami Said Ahmed著 1975年

2 「アラビアの冒険:Bedouins, Druses, Whirling Dervishesとイェジディのデビル崇拝者たちの間で」W.B. Seabrook著 1927年

3 「イェジディズム-その背景、観察、テキストの伝統」Philip G. Kreyenbroek著 1995年

4 同上

5 「イェジディ人:生存の研究」J.S. Guest著 1987年

6 「孔雀の天使」 E.S.ドロワー著 1941年

7 同上

8 「イェジディ人、その生活と信仰』Sami Said Ahmed著 1975年

9 同上

10 「デビル崇拝 1919年:イェジディズの聖なる書物と伝統」Isya Joseph著


© Copyright 2005, 2015, Joy of Satan Ministries;
Library of Congress Number: 12-16457


https://www.joyofsatan.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/Yezidis.html
The Yezidi Devil Worshippers of Iraq
(原文)

サタンの教義に戻る

サイトマップに戻る