霊的な寓話

霊的な寓話


特定のパンテオン(万神殿)でどの神がどの神であるかなどを議論することは重要ではありません。重要なのは、ほとんどすべての異教のパンテオンに登場する神々の伝説が、強力な霊的な寓話であることを知ることです。「デビル」という言葉についてですが、これはサンスクリット語である「デヴィ」の一面です。「デビル」は攻撃的な言葉ではありません。キリスト教イスラム教、そしてもちろんユダヤ教は、他のすべての霊的なものと同様に、霊的なものを直接攻撃するために、この言葉を汚しました。彼らの唯一の目的は、霊的なものを取り除き、消し去ることです。

「デヴィは、神の女性的側面であるシャクティと同義である。」
-ウィキペディアの「デヴィ」に関する記事

さて、これは性別でいうところの「女性」ではなく、脳の「女性」の部分です。魂の女性の側面、それは今も昔も蛇に象徴されています。蛇は今も昔もサタンのものです。蛇は、私たちの中にあるクンダリーニのエネルギーで、上昇すると、脳と魂の男性側と女性側の両方を刺激します。つまり、私たちは100%の脳を使い、社会全体で使われている5~10%の脳ではないのです。

「シヴァ」と「シャクティ」は、魂の男性と女性の側面です。何度も書いていますが、エジプトのアクネトンのような両性具有の人は、魂の男性と女性の側面が融合するためのもう一つの寓話です。そのため、脳の右半球と左半球の両方が別々ではなく一緒に機能し、働くことになります。クンダリーニという蛇の上昇を通して、右脳と左脳が別々ではなく一緒に働くようになると、人は100%の脳を使って神の領域に到達します。


HPS Maxineによるサタンの説教に戻る

サイトマップに戻る