冥王星:サイン、ハウス、アスペクト

冥王星:サイン、ハウス、アスペクト


星座の中の冥王星は、冥王星がチャートルーラーまたは共同ルーラーであったり、目立つ場所に配置されていない限り、世代を超えて、世界の出来事に現れます。冥王星は、出来事に関して永続的かつ劇的な変化をもたらします。

星座の中の冥王星

おひつじ座 1823-53
おひつじ座に冥王星を持って生まれた人の多くは、開拓者、探検家、アメリカ西部を植民地化した人々です。ヨーロッパをはじめとする世界各地では、産業革命が起こりました。

おうし座 1853-84
資本主義と産業・金融の発展に伴い、経済は大きく変化しました。産業革命で生まれた富の帝国(独占・カルテル)が成立しました。バンダービルト、ロックフェラー、カーネギーなどの大富豪が登場しました。おうし座は、土地、お金、財政、財産を支配します。

ふたご座 1884-1914
ふたご座に冥王星がある世代は、電話、航空機、蓄音機、映画、自動車、ラジオなど、技術やコミュニケーションにおいて、他に類を見ないほどの進歩を遂げました。旅行や通信も飛躍的に進歩しました。

かに座 1914-1938
株式市場の暴落、ボリシェヴィキ革命、第一次世界大戦、不況、第二次世界大戦への参戦。これにより、家庭や家族が再構築されました。女性は工場で働くようになり、家族はバラバラになりました。かに座は月を支配し、月は女性を支配します。スカートが足首から上に上がり、憲法修正第19条の批准により女性に投票権が与えられました。この世代の女性は、より大きな自由と権利を与えられました。冥王星は死を司り、かに座の冥王星を持つ多くの人は、戦争で家や家族が破壊されました。ほぼすべての家庭や家族の生活がこの時期に大きく変化しました。

しし座 1938-56
しし座冥王星の世代は、団塊の世代であり、ヒッピー世代をもたらした人たちです。しし座は快楽を司ります。性に対する考え方が変わり、性革命が起こり、娯楽用の薬物が流行しました。しし座は子供を司り、かつてのようにシングルマザーが軽蔑されることはなくなりました。また、しし座は愛を司り、愛は自由になりました。しし座は権威とプライドも司ります。この世代の人々は、ヒッピーか過激派でした。

おとめ座 1956-71
この世代は、スポーツクラブ(フィットネスクラブ)や代替医療の推進、「健康的な」食事などをもたらしました。この世代の人々は、完璧な体格を追求しています。また、医療技術もかつてないほど進歩しています。おとめ座は健康と日々の仕事を司ります。コンピューターやインターネットなどの新しい技術により、職場も大きく変化しています。

てんびん座 1971-83
この世代は、法律や司法制度を変えていくでしょう(できれば良い方向に)。加えて、結婚や離婚についても変化があるでしょう。

さそり座 1736-1748; 1983-95
自由の戦士、革命家の世代です。さそり座の冥王星を持つ生まれの人が多く、アメリカ独立戦争フランス革命で戦いました。この世代は、専制政治を打倒する大きな変化を起こしました。共産主義ソビエト連邦の崩壊、ベルリンの壁の崩壊、ドイツの再統一は、すべて冥王星がさそり座にあったときに起こりました。さそり座の冥王星を持って生まれた人たちが世界を変え、みずがめ座の時代を迎えるために再びそうするのです。冥王星がさそり座にあった1490年から1502年にかけて、「新世界」が発見され、すべてが一変しました。冥王星がさそり座に入ったのは、十字軍の始まりと終わりの時期である996-1008年、1243-1255年です。これにより、暗黒時代が終わり、ルネッサンスへの道が開かれました。

いて座 1995-2008
前回、冥王星がいて座にあったとき[1748年〜1762年]は、誰もが教育を受けられるようになり、大きな進歩を遂げました。冥王星がいて座の半ばにあった2002年以降は、[この星座は宗教をも支配します]キリスト教会がついに暴露され[惑星土星がメディアとコミュニケーションの星座であるふたご座の冥王星と絡み合い、対立していました]、人類に対する犯罪を隠すことができなくなったのです。いて座の冥王星を持つ世代が成熟すると[通常、最初の土星リターンの後、28歳から30歳になると]、ついにあの忌まわしい教会に永久的な終止符が打たれるかもしれません。

やぎ座 1762-1778, 2008-2023/24
革命、そして専制政治の打倒。世界中で、抑圧的な政府や権力者が強制的に排除されました。独立宣言書が署名されました。

みずがめ座 1778-1798, 2024-2043
みずがめ座は庶民を支配しています。アメリカは、君主や王朝がもはや支配することのない新しい政治形態を確立しました。庶民が政府に対して発言権を持ちました。みずがめ座冥王星の次のトランジットは、みずがめ座の時代の現実を意味するはずです。私たちは今、うお座の最後の日を迎えています。みずがめ座は、自由と悟りの星座です。

うお座 1798-1823, 2043-
最初の潜水艦が建造されました。うお座は海と水を支配します。大西洋を渡ってアメリカや新世界にやってくる移民の旅が盛んになりました。


ハウスの中の冥王星

第1ハウス
これらの人々は強力な意志を持っています。彼らは強烈で、天性の超能力を持っており、幼少期は苦難に満ちていることが多く、心の傷が残ります。幼少期は生き延びるための努力が必要でした。この配置で生まれた人の家族は、しばしば極度の貧困状態にありました。このタイプの人は一匹狼で、自分の内面を他人に見せない傾向があります。感情が深く、個人的に親しくなるのは難しいかもしれません。

第2ハウス
物質的な豊かさやお金に対する執着がある場合が多いです。このような人は欲張りになります。一つのことに集中することが強迫観念になることがあります。資産を秘密にしたり、家計を大幅に変更したりすることもあります。

第3ハウス
このような人たちは、何度も繰り返してきます。この配置では、子供の頃に話を聞いてもらえなかったと感じることがよくあるからです。特に大人からは無視されることが多くありました。自分の考えや意見を強烈に表現します。知識や研究に執着することが多いです。人生のある時期に神経衰弱が起こり[特に太陽がこの冥王星プログレッションによって連結するとき]、心の再生につながることがあります。この配置の人は、非常に強い意見を持っていることが多く、激しいコミュニケーションをとります。非常に重要な秘密情報を担当することもあります。また、兄弟の中にさそり座と冥王星が強く強調されている人がいたり、権力を持っている人がいたりします。身近な環境で激しい活動があるかもしれません。このような人は往々にして忙しく、自分の手に余るほどの用事を抱えています。かなりの時間を勉強や学習に費やすことが多いです。

第4ハウス
多くの場合、母親や父親は、大人になっても支配的で威圧的で、干渉してきます。例えば、母親は成人した子供たちに毎日電話をかけ、居場所や行動を監視します。このタイプの人は、良くも悪くも母親との間に問題を抱えていることが多いです。まれに、親が早くに亡くなってしまうこともあります。地球との密接な関係があり、ダウジングや地質学の才能があります。鉱山や地下での作業に関わることもあります。両親や他の家族との間で権力闘争が起こることがあります。幼少期のトラウマや身体的虐待があり、このタイプの人は自分の人生をコントロールできないように感じることがあります。このタイプの人は、後になって権力の座に就く場合もあります。

第5ハウス
ギャンブルで大損することもあります。第5ハウスの冥王星は、ギャンブルへの依存症をもたらす可能性があります。このような人は、支配的な親、厳しすぎる親、あるいは虐待的な親を作ることがあります。この配置には創造的な力があります。恋愛は深くて情熱的です。権力はこのタイプの人にとって究極の媚薬です。冥王星が第5ハウスにあると、婚外恋愛が一般的です。

第6ハウス
納棺師、病理学者、鉱山労働者、サルベージ産業で働く人、政府の原子力プロジェクトに携わる人は、冥王星が第6ハウスにある可能性が高いです。仕事には秘密主義がつきものです。スピリチュアル・ヒーラーも、冥王星が第6ハウスにあることで知られています。非常に強い体力とスタミナ、そして強い回復力と再生力があります。この配置は、性感染症を含む、性や生殖システムの問題をもたらすこともあります。

第7ハウス
ここでは、結婚相手が過度に嫉妬したり、支配したり、さらには身体的に虐待したりします。これは、打たれた妻がしばしば持つ位置です。結婚やパートナーシップ、さらには他人との関係によって、人生が大きく変わってしまうこともあります。この配置の人は、付き合う相手に注意する必要があります。パートナーは、この人に対して間違った種類の力を持っている可能性が高いです。これは男女ともに同じです。極端なケースでは、この配置に関わった人が死んでしまうこともあります。他者との関係を支配する第7ハウスに土星冥王星、火星を持つ殺人鬼スーザン・アトキンスは、チャールズ・マンソンに強く惹かれました。言うまでもなく、彼は彼女の最悪の部分を引き出し、その関係は彼女の人生を非常に醜い形で変えてしまいました。

第8ハウス
この配置は、圧倒的な強さと持久力、そして驚くべき生命力を与えます。性欲も旺盛です。この人たちにとって人生は真剣勝負であり、多くの人が「やるか、死ぬか」の態度をとっています。第8ハウスの冥王星では、透視、透聴、テレパシーなどのオカルト的な才能が顕著で、非常によく見られます。これらの人々は、研究や調査のための生まれつきの才能を持っています。隠れた借金を秘密にしていたり、極端な場合、高利貸しや裏社会の人脈を利用したお金のやりとりがあったりします。このような人々は、しばしば秘密の性的フェティッシュを持っています。生死を分けるような状況に巻き込まれる傾向があります。多くの活動は秘密裏に行われ、開発の最終段階になって初めて発現します。この配置の人は、精神的にも肉体的にも健康であるためには、性のはけ口を持たなければなりません。というのも、彼らの欲求は人一倍強く、注意していないと不快な性質の別のものに変わってしまうからです。冥王星海王星が第8ハウスでコンジャンクションしている著名な人物が、マグナム・オーパスを達成しています。

第9ハウス
狂信的な宗教観を持つこともあり、人生の後半では精神的な信念を大きく変えることも多いです。これらの人々は、ミステリー、パズル、マインドゲームが大好きです。義理の両親は、支配的であったり、操作的であったり、権力や影響力を持つ人である可能性があります。2度目の結婚相手は、第7ハウスの冥王星のようになるかもしれません[上記参照]。高等教育や精神的な達成の分野で認められたいという強い野心があることが多いです。このような人は、厳格で狂信的な道徳的教義を持ち、他人に寛容でなく、自分の信念を押し通すことがあります。この配置は、過激な無神論者を示すこともあります。第9ハウスの冥王星の人は、何を信じるか信じないかにかかわらず、狂信的な傾向が強いです。

第10ハウス
父親[第10ハウスが支配しています]は、支配的で統制的な性格であることが多いです。彼は権力や影響力のある立場にいるかもしれません。この配置の人は、権力や権威のある人とうまく付き合う才能があります。このような人のキャリアや目標は強迫観念になることがあり、ワーカホリックになる傾向が強くあります。この配置の人は、権力や地位を得るかどうかに関わらず、権力者から注目される可能性が高いです。キャリアを取り巻く環境には秘密が多いかもしれません。

第11ハウス
この配置の人は、強力な友人を持ち、競争的な友人関係を築くことが多いです。友人は嫉妬深い性格で、独占欲が強く、支配的であることもあります。オカルト的なグループに参加したり、グループや団体の中で指導的立場や権力を持ったりすることもあります。これらの人々が所属するグループは秘密主義で、時には非常に深刻な性質を持っています。冥王星が第11ハウスにある人は、所属するグループに何らかの形で支配され、操られる可能性があり、生死に関わることさえあります、いわば「血を吸って血を吐く」状態です。

第12ハウス
冥王星が第12ハウスにある人は、強烈な孤独を感じることが多いです。超能力やスピリチュアルな才能が多いです。場合によっては、非常に私的で、一人の時間を必要とすることもあります。強力で致命的な敵がいることもあります。この配置の人は、深い瞑想や直観的な理解ができ、黒魔術の達人であることが多いです。もともとテレパシー能力が高いのです。このハウスの冥王星は、敵を破壊し、個人的な損失を防ぐプロテクターになります。


© Copyright 2002, 2012, Joy of Satan Ministries;
Library of Congress Number: 12-16457

Pluto: Signs, Houses and Aspects
https://www.joyofsatan.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/PLUTO.html
(原文)


アザゼルの占星術目次に戻る

サイトマップに戻る