JoS日本語翻訳図書室

Joy of Satan(JoS)に関連する文章の翻訳記事

日本におけるユダヤ人の第五列 Part1

日本におけるユダヤ人の第五列 Part1


19世紀まで、日本は世界のどの国よりもユダヤ教が浸透していなかったのは間違いありません。それゆえ、ユダヤ帝国主義は、日本を征服し支配するために、日本で第五列を組織することに大きな関心を示したのです。

ユダヤ教の指導者であるラビ・ジェイコブ・S・ライジンは次のように書いています。
「ある探検家は、日本の帝国にもユダヤ教の影響と改宗した可能性のある痕跡を見つけている。彼らはゴセン(Goshen)とメナセ(Manasseh)の名を持つ2つの村を挙げている。3世紀頃、日本の帝国に外国人絹商人の一団が現れ、471年には18,670人になったという伝説がある。ライオンと一角獣の像(仏陀の犬)が見守る寺院は、当時「ダビデのテント(天幕)」と呼ばれていたシナゴーグだったと言われている。「ダビデの天幕」と呼ばれていたシナゴーグは、彼らが最初に定住した場所に建てられたものだと言われている。彼らは非常に尊敬されており、「(チャダ(CHADA)あるいは愛する者」と呼ばれていた。チャダの一族の敷地には1500年前の井戸があり、その縁石には「ISRAEL」の文字が刻まれている。」 (1)

聖書の物語によると、ゴーセン(Gosen)、ゴーシェン(Goshen)、またはゴーセン(Gosens)は、古代エジプトの州の名前で、ヨセフがイスラエル人に定住させるために与えたものであり、そのため、ゴーセンまたはゴーセンという名前は、世界のユダヤ教で最も優れた名前の一つです。チリのマルクス主義指導者サルバドール・アレンデ・ゴーセンは、したがって、ユダヤ教において最も名誉ある古い名前の一つです。

モスレム、キリスト教徒、ティアオキウ、その他の秘密のユダヤ人の場合は、彼らが古代から存在し、政治的、社会的、時には軍事的にも大きな影響力を持っていたことを示す説得力のある証拠があります。しかし、同じように古い歴史を持つ日本のユダヤ人の一派である「CHADA」については、これまで述べてきた以上の資料がありません。したがって、本書では、十分な証拠がないものを断言しないように注意しているので、これ以上の言及は控えます。けれども、この微妙な問題については、公平な調査によって解明されることを期待しています。

ユダヤ人の日本への大規模な移民が確認できるのは、19世紀、主に後半の数十年間です。ユダヤ人作家のパブロ・リンクは、『JEWISH ENCYCLOPEDIA HANDBOOK』の中で、 日本で最初の公然としたユダヤ人コミュニティは、1890年から、主にロシアから来たユダヤ人によって設立され、主に東京、神戸、横浜、長崎に定住しました。(2)

同時期には、東側のセファルディック系ユダヤ人の商人も多数入国しています。その後、アメリカをはじめとする他国のユダヤ人も日本に定住するようになりました。月刊誌『雄弁(YUYEN)』は、北米のユダヤ人が日本の安全保障に反する活動をしていると非難しました。さらに、ユダヤ人難民が、他の場所で避難場所を探す間、一時的に滞在するだけの許可を得て、各国から日本にやってくるようになったと、『カスティーリャユダヤ百科事典』に書かれています。
上記に加えて、30年代にドイツからのユダヤ人難民が到着したこと、「第二次世界大戦の最初のパンの間、日本人はヒトラーの犠牲者であるユダヤ人を受け入れ続けた」こと、しかし、1937年の日独伊三国同盟締結後、ユダヤ人に対する大規模なプロパガンダキャンペーンが開始されたことが書かれています。さらに、「日米間の緊張が高まる中、国内の難民の立場はますます不安定になっていった。そして、1941年にはすべての難民が上海への送還を命じられた」とあります。しかし、これに関連して、カスティーリャユダヤ百科事典には次のような興味深い記述があります。「永住(ユダヤ人)については、様々な国の市民であり、いわゆるユダヤ人の生活にはほとんど関与していなかった。これらの人たちは、日本人の目にはほとんど触れなかった」(3)

上の段落の真の意味を把握するためには、ユダヤ人の百科事典や、その他の異邦人読者が容易に手に入れることのできるユダヤ人の本が、(異邦人読者から)隠したいことを隠し、ユダヤ人読者だけが本当に理解できるように物事を表現する、巧妙な方法を知る必要があります。前述の百科事典によると、当時、すでに日本に「居住」していたユダヤ人は、「いわゆるユダヤ人の生活にはほとんど参加していなかった」、それゆえ、「日本人の目からはほとんど完全に逃れていた」とあります。秘密のユダヤ教の専門家であれば、異邦人の読者が入手できるユダヤ人の百科事典やユダヤ人の本で、ユダヤ生活に全く参加しないか、ほとんど参加しないユダヤ人のことが書かれていても、それは「開かれたユダヤ生活」のことだけを指していることをよく理解しています。彼らは、秘密であるという事実によって、もちろん、オープンなユダヤ人の活動には参加せず、「密かなユダヤ人の生活」にのみ参加します。そうでなければ、彼らはユダヤ人ではありません。カスティーリャユダヤ百科事典が「当時すでに日本に住んでいたユダヤ人」と述べているように、彼らはユダヤ人であることを認めています。同じ意味で、この権威あるユダヤ人事典は、当時の日本における「内なるユダヤ人」の存在を黙認しています。「内なるユダヤ人」は、ユダヤ人社会の目に見える生活に参加しないことで、日本当局の反ユダヤ的な措置を回避することができました。それは、日本に古くからある秘密のユダヤ教の残党である「チャダ」のユダヤ人の数が少ないからなのか、その存在が証明できるかどうかは別としてもそれとも、あるいは、19世紀にユダヤ人が日本に入ってきたのが非常に遅かったからか、前世紀末以降のユダヤ世界帝国主義は、日本において、現在のように公然または非公然のユダヤ人による第5列(スパイ、潜入者)を期待できる国々で使用しているものとは多少異なる浸透戦術を展開していることは事実です。

日本では、ユダヤ帝国主義が大規模に「門前の改宗者」の共同体を形成しようとしていますが、これはユダヤ人が行っている(あるいは、これまで行ってきた)ことです。これは、ユダヤ人が、その血を引くユダヤ人、あるいは彼らが自認する真のユダヤ人にわずかに侵されただけの国や異邦人の共同体でのみ行うものです。イスラエル国家にとって真のユダヤ人とは、聖書でイスラエルと呼ばれているアブラハムヤコブの血を引く子孫だけです。しかし、ある状況下では、ユダヤは、ユダヤ人自身が「門前の改宗者」と軽蔑的に呼び、血のつながったユダヤ人が心の中では異邦人の豚としか思っていない新兵の組織を形成します。ユダヤ人は、彼らをイスラエルの宗教に改宗させることに成功した後、真のユダヤ教のそれと「部分的に」類似した彼らの共同体やシナゴーグを形成し、ユニバーサル・フリーメーソン共産党ユダヤ教に秘密裏に支配されている)などを利用するのと同じように、(血のユダヤ人、あるいは真のユダヤ人の支配下で)ユダヤ帝国主義に奉仕するサテライト組織や支配の道具として利用するのです。このようにして、指導者が彼らを本当のユダヤ人だと保証したとしても、貧しい門前の改宗者たちは、真のユダヤ教に入ることも、その秘密を知ることもできず、単なる道具や操り人形のままです。ユダヤ人の血を引いていないので、精神的な意味でだけですが、ユダヤ教の中で大きな秘密と大きな権利を共有することになります。そして、より簡単に操ることができるように、巧妙に改宗者を欺きます。この例は、その土地の異邦人を支配するための、もう一つの嘘、もう一つの欺瞞です。この異邦人は、自分たちが最近の世界を支配している世界のユダヤ人の一部であると純粋に信じています。そして、実際には、彼らは神殿の門の外、すなわち真のユダヤ教の外に置かれているにもかかわらず、彼らのエゴを満足させるのです。そして、彼らは、すでに存在している多くの組織に加えて、もう一つのサテライト組織として、前述のように存在しているのです。

「門前の改宗者」という言葉は、ローマ人によってエルサレムの神殿と都市が破壊される前の時代に生まれました。血のつながったユダヤ人だけが真のユダヤ人と考えていたユダヤ人は、ユダヤ教に改宗した異邦人が神殿に入ることを許さず、神殿の門の前か外にいなければならなかったのです。そのため、ユダヤ教に改宗しようとする異邦人はほとんどいなかったのですが、この差別は非常に反感を買いました。

数世紀後、ユダヤ教は改宗者がより恥ずかしくない方法を考案しました。改宗者を精神的ユダヤ人とし、シナゴーグと周辺組織全体を提供しましたが、ユダヤ教の本当の秘密は一切明かされませんでした。ですから、この精神的ユダヤ人も、門前の改宗者と同じように、真のユダヤ教の外にいることになります。

ユダヤ教の指導者であるラビ・ジェイコブ・S・ライジンは、先に紹介した1953年に出版された本の中で、日本における異教徒のためのシナゴーグの設立について、次のように述べています。「.. 最近のニュースでは、ドイツ系ユダヤ人と結婚した長崎の日本人女性が、ユダヤ教に改宗しただけでなく、いくつものシナゴーグを建設して寄付をし、祖国で新しい宗教を広めることに専念していることが伝えられている。」(4)ドイツ系ユダヤ人と日本人の混血結婚は、ユダヤ人の混血の子孫を生み、子や孫が日本人同士の結婚を続けることで、人種的にはますます日本的になり、その子孫はユダヤ教のカートに門徒を乗せるための熱狂的な努力にも利用されることになります。このことは、この分野の日本の専門家によって確認されています。彼らによると、ユダヤ人移民の男女の結婚に伴い、(19世紀以降のユダヤ人移民(男女とも))と日本人との婚姻により、日本国内のユダヤ系人口は着実に増加しているということです。 普通の日本人の名前を使い、日本の習慣を取り入れ、神道や仏教などの日本の宗教も取り入れ、他の日本人と見分けがつかないほどの人種的、人相的特徴を持つようになっています。これらのことから、日本の将来にとって非常に危険な浸透となっています。さらに、これらのハイブリッドな日本のユダヤ人は、海外に改宗者のコミュニティやシナゴーグを広めており、ユダヤ帝国主義が日本を攻略するために伸ばしている触手をかなり増強しています。これらの門前の改宗者はラビに盲目的に従います。ラビは時に自分も改宗者であると言うかもしれませんが、日本では他の国と同様に、彼らは本当のユダヤ教、つまり他のすべての国の中に第五列として隠されているイスラエル民族のユダヤ教の秘密結社の厳格な管理下にある血のユダヤ人です。

1961年に出版された『カスティーリャユダヤ百科事典』の「現代のユダヤ教」という別冊には、日本に関して、アメリカのユダヤ人ビジネスマンや占領軍の兵士も住んでいると書かれており、「ラティアの中には、ユダヤ教に改宗してユダヤ教の儀式を守っている日本人の妻を持つユダヤ人がいる」と書かれています。(5)つまり、日本人とその政府にとっては、ヤンキー兵士と日本人女性の間の無害な結婚のように見えますが、実際にはユダヤ帝国主義による日本人へのさらなる浸透であり、これらの混血結婚から生じる日本のユダヤ人人口のさらなる増加なのです。

日本における門前の改宗者は、他の国に比べてより大きな危険性を持っています。それは、彼らが単なる改宗者ではなく、実際に血のつながったユダヤ人であると信じ込まされているという欺瞞の犠牲者であり、それによってユダヤ帝国主義のより従順な道具にされているからです。事実上、彼らは日本国民、あるいは少なくとも日本人の大部分がイスラエルの失われた部族の一つに属していると信じるように騙されています。この汚い嘘の重要性を読者に理解してもらうために、当時の失われた部族がユダヤ人にとってどのような意味を持つのか、またユダヤ帝国主義が異民族や特定の異邦人の人種的共同体を欺くためにこの伝説を利用することがあることを説明します。


日本におけるユダヤ人の第五列の目次に戻る

サイトマップに戻る