真のホロコースト

真のホロコースト

インチキの「600万人」のホロコーストは、ユダヤ共産主義の下で行われた人類に対する真の犯罪からさらに目をそらし、それを隠す役割を果たしています。ほとんどの人が「アウシュビッツ」という言葉を聞いたことがあります。しかし、どれだけの人がコリマで異邦人に対して行われた残虐行為を聞いたことがあるでしょうか。それは極限のシベリア北東部でユダヤ人が運営している最も悪名高い収容所です。それともユダヤ共産主義によって犯されたウクライナの人々に対する組織的なジェノサイド(集団虐殺)は?ホロドモール(ウクライナの飢饉/1932-33年のジェノサイド)は、ユダヤ人が支配していたソ連によって犯されました。

ヒトラーは戦争をしないだろうが、今年ではなく、後になって戦争をすることになるだろう...」--エミル・ルートヴィヒ(ユダヤ人)、『レ・アナール』1934年6月号

「我々は数百の核弾頭とロケットを保有していて、全方向の目標に向けて発射することができます、おそらくローマでさえも。ヨーロッパの首都のほとんどが空軍の標的となります。モシェ・ダヤン将軍の言葉を引用します。「イスラエルは狂犬のようなものでなければなりません。呪うにはあまりにも危険です。私はこの時点で全てが絶望的だと考えています。可能であれば、そうならないようにしなければなりません。しかし、わが国の軍隊は世界で30番目の強さではなく、むしろ2番目か3番目の強さです。我々には世界を破壊する能力があります。イスラエルが陥落する前に、それ(世界が破壊されること)が起こることを保証します」
-- オランダの週刊誌のインタビューで、エルサレムヘブライ大学の軍事史イスラエル人教授であるMartin van Creveld氏が語っている。エルゼビア、2002年11月17日、p.52-53。

「実際には軍事作戦でこの原子爆弾を使う必要はないかもしれない。それを使うという脅しはどんな相手も我々に降伏するように 説得するだろうからだ」
–チャイム・ワイツマン(ユダヤ人)

ユダヤ人がドイツに宣戦布告しました。 戦争が始まる前から、世界中のユダヤ人指導者たちは何年も前から、世界のユダヤ人はドイツと戦争をしていると宣言していました。そして、ヒトラーナチス・ドイツを滅ぼすために、その莫大な財政的、道徳的、政治的な力を利用するだろうと。その中でも特に重要なのが、1939年9月5日に宣言したシオニストの指導者チャイム・ワイツマンでした。彼はこの宣言で全世界のユダヤ人に熱狂的に支持されたのです」
–ベン・クラッセン(CoTC)

訳者注:シオニストとは、国家を持たない状態のまま世界中に拡散していたユダヤ人の中でも、彼らの故郷であるパレスチナイスラエル)に帰還し、そこに彼らによる国家を建設するための運動(シオニズム)の活動に参加した人々を指す。また、文化面で古代ユダヤの文化の復興を目指す運動の担い手をも意味し、後年イスラエル建国の際にヘブライ語の復活を果たしている。その名の由来は、旧約聖書の中のゼカリヤ書の一節「わたし(神)はシオンに帰り、エルサレムに、ただ中に住もう」から。「シオン」とは、エルサレム地方の古い呼び名のことで、英語では「ザイオン」と発音する。

「私はヒトラーが世界や他の国を征服することを望んでいなかっただけでなくベルサイユ条約で切り取られたドイツの一部を取り返すことだけが目的だったことを知った。」
「彼はポーランドチェコスロバキアなどに与えられた ドイツの一部を取り戻したいと公然と言った。彼が"攻撃"した唯一の場所は、かつてベルサイユ宮殿で奪われたプロイセンオーストリアなどのドイツの一部だけだった。フロリダとテキサスを失った場合と同じように、あなたは確かにこれらの州を"攻撃"するでしょう、それらが再びアメリカに戻るまで。」
「おそらくもっと衝撃的だったのは、戦後長い間、ユダヤ人がヒトラーが「始めた」と主張していたことが、どれほど傲慢だったかということだ。」
第二次世界大戦 - 私たちがそれに参加する前から、彼らは「ドイツは滅びなければならない」という本を出版していましたが、その本は実際にドイツ人の極限状態を説いていました。(ガス室の可能性が主張されるずっと前から)
「ドイツは滅びなければならない」のPDFコピーはこちら(リンク切れ)

「そしてさらに驚くべきことに、ユダヤ人は1940年にドイツの分割を地図上に描いたのですが、1940年にユダヤ人が地図上に描いた線は、現在ドイツを分割しているのとほとんど同じ線なのです!」
(上記はドイツ再統一の前に書かれたものです)

第二次世界大戦の戦いから帰ってきた時に、私は、世界の最後の戦争を戦う「善人」を助けたというプロパガンダをすべて真に受けていました。これ以上の専制政治と「侵略」がないことを確認するために戦争をしました。ポーランドになった元ドイツのプロイセンとシレジアに進軍したことで、世界がドイツに宣戦布告したことを思い出しました。 暴君の下から人々を脱出させるために命をかけた、そして何千人もの人が死ぬのを見た、と言われました。しかし、私は、私たちの「指導者」が、私が「自由」のために戦うことになっていたこれらの国のすべてをソビエト・ロシアに与えるのを見ました。チェコスロバキアポーランドハンガリールーマニアユーゴスラビアなどを「救った」と思っていました。そして、これらの国の専制政治を止めていないことに気づかずにはいられませんでした。それどころか、第二次世界大戦で戦うことで、私は世界の大半をソビエト連邦共産主義にひっくり返したように思えました。 私が救いに行ったすべての国々の戦後の持ち主は誰で、今は誰が持っていますか?私は初めて気づき始めました。彼らが私や私のような数百万人を巻き込んだ、この「自由」のための戦いには、何か最も奇妙なものがあることに。

どの国も反共産主義者の手中にあった時には、彼らは「暴君と抑圧者」であり、我々は彼らを排除するために何としても戦わなければならない、と言われていました。私たちと同じようにしました、ドイツ、イタリア、日本。しかし、国が共産主義者の手の中にあった時、私たちは共産主義者を助けましたが、「専制政治」については何も聞きませんでした。実際、第二次世界大戦での私のキャリアを振り返ってみると、私はソ連戦争の退役軍人であるという結論に至りました。私は地表の大部分をソビエトに引き渡すために戦いました。それがきっかけで、初めて政治的な意識を持つようになりました。新聞で読んだり、映画で見たりしたことの裏には何が隠されているのかに気づくようになりました。」
ジョージ・リンカーン・ロックウェル

訳者注:ジョージ・リンカーン・ロックウェル アメリカ合衆国の軍人、極右政治活動家アメリカ・ナチ党の創設者。


トピック

原爆の発明者たち:すべてユダヤ人

・世界ユダヤ人会議は、ドイツがユダヤ人に対する行動を起こすずっと前からドイツに宣戦布告していた

・奴隷労働/死の収容所:ユダヤ人の思想とユダヤ人の発明

ドレスデン爆撃:ジェノサイドの行為

広島と長崎:ユダヤ人の実験

・ジェノサイドはユダヤ人の理想であり、常にそうである

・インチキのホロコースト「600万人」の嘘

ユダヤ人儀式殺人の2000年

キリスト教のミサとユダヤ教の儀式殺人との関係

・今日のイスラエルの脅威

共産主義を暴く

アドルフ・ヒトラー:平和の男

ユダヤ人のスターリン

キリスト教共産主義

キリスト教を暴露する Youtube

・リンク(省略)


https://www.satanslibrary.org/666BlackSun/Real_Holocaust.html
(原文)

聖書:ユダヤ人の魔術書に戻る

真の敵は一つに戻る

サイトマップ